医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「酢ピーナッツ バナナ酢 酢牛乳」

【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「酢ピーナッツ バナナ酢 酢牛乳」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする酢ピーナッツ、バナナ酢、酢牛乳の作り方と効果について紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


骨粗鬆症にも効果的『酢牛乳』

 お酢の主成分である酢酸には、血圧上昇にかかわるホルモン調節機構を、穏やかに抑制する作用があります。このホルモン系が活性化すると、血圧が上がるのですが、それをセーブしてくれるのです。
 お酢を毎日とるために、お勧めなのが「酢牛乳」。リンゴ酢を使うとフルーティーになり、ハチミツを入れると、甘酸っぱいヨーグルトドリンクのようになります。お酢はカルシウムの吸収を促進する働きもあるので、牛乳といっしょにとることは、骨粗鬆症の予防にも効果的です。私も毎日、愛飲しています。
【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)

用意するもの
●リンゴ酢…大さじ1
●ハチミツ…大さじ1
●牛乳…120㎖

酢牛乳の作り方

❶グラスにリンゴ酢を入れる。

❷ハチミツを加える。

❸牛乳を注ぎ入れる。

❹スプーンでよく混ぜて、出来上がり。

酢牛乳についての解説はコチラ

茶色い薄皮に薬効が凝縮『酢ピーナツ』

 日本では、ピーナツはおやつやおつまみとして食べられるのが一般的ですが、中国では漢方薬として古い歴史があります。全身の血行を正常に保つ作用があるため、高血圧の改善に有効です。血行不良に伴う腰痛やひざ痛、生理痛、更年期障害、また、肺や気管支の症状にも効力を発揮します。

 お酢にも、血液をサラサラにする効果があるため、お酢とピーナツの組み合わせは、相乗効果が期待できます。特に茶色い薄皮が、薬効が高い部分なので、むかないようにしてください。
 毎日の晩酌でつまむピーナツを、酢ピーナツにすれば、高血圧の改善に役立つでしょう。
【解説】岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)

用意するもの
●殻つき落花生をむいたもの…250g
(または、味のついていない薄皮つきの素炒りピーナツ)
●米酢…650㎖
●ハチミツ(お好みで)…適宜
●ガラス製の広口瓶

酢ピーナッツの作り方

❶茶色の薄皮を取らないように、落花生の殻をむく。薄皮つきの素炒りピーナツが手に入れば、それでも可。

❷広口瓶にピーナツを入れ、酢を注ぐ。ピーナツが完全に覆われるように、たっぷり入れる。

❸好みでハチミツを加えてもよい。ピーナツが浮いてくる場合は、小皿などで落としぶたをする。冷暗所に保管し、ピーナツが酢を吸って膨れたら、適宜、酢を注ぎ足す。

❹まる1日たてば食べられるが、5日〜1週間おくと、味が落ち着く。1日に10〜20粒を目安に、1ヵ月以内で食べ切る。

「酢ピーナッツ」の解説はコチラ

元気を支えるパワードリンク!『バナナ酢』

 かれこれ30年以上、サワードリンクを自作して愛飲していますが、中でもいちばんのヒット作はこちら。簡単でおいしくて、どなたにも喜ばれます。私の元気を支えてくれる「パワードリンク」なのです。

 バナナに含まれるカリウムには利尿作用があり、体内の水分や血液のバランスを整えてくれます。降圧作用があるお酢を、バナナと組み合わせたことで、高血圧の改善に大変有効なレシピが生まれました。ほかにも、高脂血症の改善、血糖値の安定、疲労回復、美肌効果が報告されています。
 あっという間に作れて翌日には飲めるので、早速始めてみてください。
【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)

用意するもの
●バナナ…1本
●黒酢またはリンゴ酢…200㎖
●黒砂糖または氷砂糖…100g
●ガラス製の広口瓶

バナナ酢の作り方

❶バナナは皮をむき、幅2㎝の輪切りにする。砂糖とともに、広口瓶に入れる。

❷酢を注ぎ、ふたをせずに電子レンジに入れ、500Wなら40秒、600Wなら30秒加熱。

❸電子レンジから取り出し、ふたをして、常温で保存。翌日から飲むことができる。1日に大さじ2〜3杯程度が目安。水などで4〜5倍に希釈して飲む。

※電子レンジを使わない場合は、2週間漬け込んでから飲み始める。
※1年間はおいしく飲めるが、室温が30度を超える夏場は、冷蔵庫に入れる。
※中のバナナは2週間で取り出す。

酢バナナの解説はコチラ

薬効豊富なスーパー野菜とマッチング!『酢タマネギ』

 タマネギは古今東西、薬効のある食材として珍重されてきました。現代では、血管を若返らせ、血流を改善する効果をはじめ、老化・メタボ・生活習慣病の予防改善、ガンやアレルギーの抑制など、さまざまな機能のあることが、研究により明らかになっています。まさに「スーパー野菜」といえるのです。

 そんなタマネギを、やはり降圧作用が確認されているお酢に漬け込んだものが酢タマネギです。常備菜として、サラダ感覚で毎日の食卓に上げることで、無理なく継続できるでしょう。
【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)

用意するもの
●タマネギ…2個
●酢…500㎖
●ガラス製の広口瓶

酢タマネギの作り方

❶タマネギは薄皮をむいて水洗いし、水気を切っておく。

❷ ❶を、幅5㎜程度の薄切りにする。

❸広口瓶に❷を入れる。

❹まんべんなくタマネギが漬かるよう、酢を注ぐ。ふたをして冷暗所で、1週間〜10日ほど漬け込んだら食べられる。1日に50gが目安。
※お好みでしょうゆや削り節をかけてもよい。

酢タマネギの解説はこちら

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

更年期女性の高血圧に対する治療でいちばん重要なのは、生活指導です。更年期の患者さんの多くは、ホルモンバランスが不安定になっていることに加え、子供の自立、親の介護、夫の定年退職など、環境が激変する中で、自律神経の失調状態が起こっているケースが少なくありません。【解説】天野惠子(静風荘病院女性外来特別顧問・循環器内科医師)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


【ポリ袋と鍋一つで真空調理】高血圧対策の減塩レシピを大公開

【ポリ袋と鍋一つで真空調理】高血圧対策の減塩レシピを大公開

「ポリ袋レシピ」は、材料をポリ袋に入れて湯せんするだけの、家庭版「真空調理法」。味が染み込みやすく、調味料がほんの少しで済むため、減塩しても料理のおいしさを損なうことがありません。健康的なメニューを、鍋1つで複数作れて、後片づけもラクラク!【解説/料理指導/製作】川平秀一(フードデザイン研究所所長)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)