医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【弾性ストッキングの効果】下肢静脈瘤を改善する靴下 男性用も はき方にコツあり

【弾性ストッキングの効果】下肢静脈瘤を改善する靴下 男性用も はき方にコツあり

私のクリニックでは、下肢静脈瘤の治療後や手術後の患者さんに、自宅で弾性ストッキングを着用してもらうようにしています。また、下肢静脈瘤の症状があっても手術をしたくない人や、仕事で毎日立ちっぱなしの人にも勧めています。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


立ちっぱなしの仕事に弾性ストッキング

 足のむくみや、下肢静脈瘤の進行防止に大いに役立つと私がお勧めするのが、「弾性ストッキング」です。

 弾性ストッキングは、足を締めつける弾力作用のあるストッキングやソックスの総称です。 医療機関で処方される医療用と、ドラッグストアで売られている市販品があります。

 私のクリニックでは、下肢静脈瘤の治療後や手術後の患者さんに、自宅で着用してもらうようにしています。
 また、下肢静脈瘤の症状があっても手術をしたくない人や、仕事で毎日立ちっぱなしの人にも勧めています。

 弾性ストッキングは、足首にいちばん強い圧力がかかり、上に向かうほど段階的に圧力が弱くなる段階着圧構造になっていて、静脈還流を促進します。そのため、ふくらはぎに圧がかかって、筋ポンプ作用が強化されます。
 さらに、静脈が弾性ストッキングで圧迫されると、広がって壊れた弁が縮まって、血液が逆流しにくくなります。

 その結果、足のむくみや疲れが解消されて、下肢静脈瘤の予防や進行防止に役立ちます。下肢静脈瘤によって起こる足の皮膚炎にも、弾性ストッキングは有効です。

初心者はハイソックスタイプ

 弾性ストッキングは、正しく選んで正しく着用することが効果につながり、着用後のトラブルも防止されます。
 弾性ストッキングの足を締め付ける圧力は、一般のストッキングに比べるとかなり強く、弱圧(20㎜Hg以下)から、強圧(40~50㎜Hg)の4段階の圧力があります。

 一般に、医療用の弾性ストッキングは、市販品よりも圧力が強くなっています。そのため、医療用を使用する場合は、下肢静脈瘤の治療実績のある病院で、医師の指導の下、症状や年齢に合った圧力や形状のものを使用してください。

 市販品は、メーカーによって圧力やサイズの表記もさまざまで、種類も多く、どれにしていいか迷うところです。最初は弱めの圧力のもので試して、効果がない場合は、より強い圧力のものに替えてみましょう。

 弾性ストッキングのタイプには、ひざ下までのハイソックス、太ももまでのストッキング、おなかまでのパンティストッキングの3タイプがあります。基本的にどのタイプを選んでいただいても構いませんが、ハイソックスタイプが最もはきやすく、かぶれにくいため、初めて使用する場合はお勧めです。静脈還流に対する効果は、どのタイプでもほとんど変わりません。

弾性ストッキングは日中にはく?夜にはく?


 ハイソックスタイプには、つま先があるものとないものとがありますが、好みで選んで構いません。下肢静脈瘤のこぶがひざ上にある人は、ストッキングか、パンティストッキングタイプをお勧めします。
 一般的なストッキングやソックスに比べると、弾性ストッキングは圧力が強いため、とてもはきにくいです。しかし、正しいはき方ではけば、誰でも比較的簡単にはくことができます。正しい弾性ストッキングのはき方を、ハイソックスタイプでご説明します。

 弾性ストッキングは、基本的に日中に着用します。就寝中に着用する場合は、日中に使用するものより圧が弱めのものを選んでください。
 弾性ストッキングは、長期間使用していると伸びて効果が弱くなるので、毎日使用する場合は、半年を目安に新しいものに買い換えてください。

 弾性ストッキングを着用しても症状がよくならなかったり、逆に不快に感じたりする場合は、いったん着用を中止してください。病院で着用を指示されている場合は、担当の医師に相談してください。

弾性ストッキングのはき方

「弾性ストッキング」についての解説

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。【体験談】新川千恵子(主婦・75歳)


女医も効果実感!足指をほぐして全身の血行を改善!PMS・むくみ・冷えも一掃

女医も効果実感!足指をほぐして全身の血行を改善!PMS・むくみ・冷えも一掃

女性はもともと筋肉量が少ないうえ、静脈の血液を押し流す力が男性よりも弱いです。また、子どもを産むために、水分や栄養をため込みやすい体のしくみになっています。ですから、何もしないでいると、むくみや冷えが起きるのは当然です【解説】高橋怜奈(産婦人科医・プロボクサー)


「セルフ経絡ヘッドケア」で顔のむくみがすっきり!鼻も少し高くなった

「セルフ経絡ヘッドケア」で顔のむくみがすっきり!鼻も少し高くなった

「セルフ経絡ヘッドケア」を自宅で行っていたところ、目に見えて顔が変わってきたので驚いています。周囲の人たちからも「顔が小さくなったね」とか「目がパッチリした」と言われたので、私の思い込みではなく、ほんとうに変わってきたのだと思います。【体験談】新島幸枝(パート勤務・53歳)


【即効・顔痩せ】鼻が高くなる効果「セルフ経絡ヘッドケア」のやり方

【即効・顔痩せ】鼻が高くなる効果「セルフ経絡ヘッドケア」のやり方

「セルフ経絡ヘッドケア」は、マッサージではなく、頭皮を引っ張って伸ばす、いわば頭皮ストレッチです。皮膚と筋肉は、短い時間ですが、刺激や動きを記憶します。毎日、ていねいに引き上げると、記憶の時間が長くなり、リフトアップした状態を維持できるようになります。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)