医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【主菜編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

【主菜編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)


解説者のプロフィール

功刀浩
国立精神・神経医療研究センター 神経研究所疾病研究第三部部長。うつ病、躁うつ病、統合失調症に関する先端的脳科学検査と栄養学的検査に基づいて診断・治療を行う、日本の精神医学研究をリードする研究者の一人。日本では注目されてこなかった精神疾患の栄養学的側面に注目した臨床研究を精力的に進めている。※栄養学的検査を受けてみたい人(うつ病のかた、健康なかた)は、お問い合わせください。

 多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。私たちの研究でも、うつ病患者と健康な人の血液サンプルを集めた結果、うつ病の人に不足しがちな栄養素がわかってきました。また、エネルギーの過剰摂取によることの多い肥満、メタボリック症候群、糖尿病などと、うつ病とは、相互にリスクを高める関係にあります。エネルギーのとりすぎにも注意が必要です。

 栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。摂取したい栄養素のうち、それぞれの料理に含まれているものを○、特に豊富に含まれているものを◎で示しています。

うつ病にかかわる主な栄養素と食品

『豆腐とレタスの薄クズ煮』(エネルギー211kcal、塩分0.6g、各1人分)

[材料](2人分)
・豆腐(木綿)…200g
・レタス…1/4個(120g)
・鶏もも肉(皮なし)…100g
・ゴマ油…大さじ1/2
・ニンニク(みじん切り)…少々
・グリンピース(豆だけ)…75g
・Ⓐ湯…200mL、チキンブイヨン(固形)…1/4個
・塩…少々
・コショウ…少々
・カタクリ粉…小さじ2

作り方

❶鶏肉は1.5cm角に切る。レタスは小さめにちぎる。
❷フライパンにゴマ油を中火で熱し、ニンニク、鶏肉を炒め、色が変わったら、レタス、グリンピースを加えて、しんなりするまで炒める。
❸豆腐を崩し入れ、Ⓐを加える。混ぜながら2〜3分煮立て、塩、コショウで味を調える。カタクリ粉を倍量の水で溶いて加え、とろみをつける。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ◎トリプトファン ◎メチオニン ◎チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ◎葉酸
・ミネラル
 ○鉄分 ○亜鉛

『トマトの卵炒め』

(エネルギー228kcal、塩分0.8g、各1人分)

[材料](2人分)
・トマト…250g
・卵…3個
・ネギ…1/2本
・ウナギ(蒲焼き)…1/2枚(75g)
・オリーブ油…大さじ1/2
・コショウ…少々
・カキ油…小さじ1/4

作り方

❶トマトは一口大に切る。ネギは縦4つ割り、1cm幅に切る。ウナギは1cm角に切る。
❷フライパンにオリーブ油を中火で熱し、①を炒める。
❸トマトが崩れ始めたら、卵を溶いて流し入れ、大きく混ぜてふんわりと火をとおし、コショウ、カキ油を加える。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ○トリプトファン ○メチオニン ○チロシン
・ビタミンB群
 ◎B1 ◎B2 ○B6 ○B12 ○葉酸
・ビタミンD
 ◎ビタミンD
・脂肪酸
 ○DHA、EPA
・ミネラル
 ○鉄分 ◎亜鉛

『豚ヒレ肉とコマツナのおろし煮』

(エネルギー123kcal、塩分0.7g、各1人分)

[材料](2人分)
・豚ヒレ肉…150g
・コマツナ…150g
・ダイコン…200g
・Ⓐだし汁…100mL、しょうゆ…大さじ1/2、みりん…小さじ1

作り方

❶豚肉は7〜8mm厚さに切る。コマツナは6〜7cm長さに切る。
❷ダイコンはすりおろし、汁気を切る。
❸鍋にⒶを合わせ、中火で煮立て、豚肉を広げ入れる。ふたをして、7〜8分煮て火をとおす。
❹コマツナを加え、しんなりしたら、ダイコンおろしを広げ入れ、一煮する。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ○トリプトファン ○メチオニン ○チロシン
・ビタミンB群
 ◎B1 ◎B2 ○B6 ○B12 ◎葉酸
・ミネラル
 ○鉄分 ○亜鉛

『イワシのトマト煮』

(エネルギー248kcal、塩分0.4g、各1人分)

[材料](2人分)
・イワシ…2尾(200g)
・トマト…100g
・タマネギ…50g
・枝豆(さやつき)…50g
・オリーブ油…大さじ1/2
・ニンニク(みじん切り)…少々
・Ⓐローリエ…1/2枚、タイム…少々
・Ⓑ白ワイン…大さじ2、湯…50mL
・塩…少々
・コショウ…少々

作り方

❶イワシは、頭、内臓を取り除き、水洗いして水気を切る。
❷トマトは1cm角に切る。タマネギはみじん切りにする。
❸枝豆はゆでて、さやから実を出す。
❹フライパンにオリーブ油を中火で熱し、ニンニク、タマネギを炒める。しんなりしたら、トマト、Ⓐを加えて炒め、①を加える。さらにⒷを加えてふたをし、7〜8分蒸し煮にし、火をとおす。
❺塩、コショウで味を調え、枝豆を加え、煮汁を絡めながら一煮する。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ○トリプトファン ○メチオニン ○チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ○B12 ◎葉酸
・ビタミンD
 ◎ビタミンD
・脂肪酸
 ◎DHA、EPA
・ミネラル
 ◎鉄分 ○亜鉛

『カキのチーズ焼き』

(エネルギー147kcal、塩分1.8g、各1人分)

[材料](2人分)
・カキ(むき身)…200g
・パルメザンチーズ…20g
・菜の花…100g
・Ⓐニンニク(みじん切り)…少々、コショウ…少々、パン粉…大さじ2

作り方

❶カキは塩水で洗って水気を切る。
❷菜の花は色よくゆで、食べやすい長さに切る。
❸チーズは細切りにする。
❹①、②を合わせ、Ⓐを混ぜる。
❺クッキングシートに④を広げのせ、③を散らす。250度のオーブンで7〜8分、チーズが溶けてこんがりするまで焼く。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ○トリプトファン ○メチオニン ○チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ◎B12 ○葉酸
・脂肪酸
 ○DHA、EPA
・ミネラル
 ◎鉄分 ◎亜鉛

揚げていないので低カロリー『サバの香草パン粉焼き』

(エネルギー219kcal、塩分0.8g、各1人分)

[材料](2人分)
・サバ…1枚(120g)
・Ⓐパン粉…10g、クルミ…10g(みじん切り)、ショウガ…1/2片(みじん切り)、ニンニク…1/2片(みじん切り)、パルメザンチーズ…小さじ1(粉)、塩…少々、コショウ…少々、オレガノ…少々、タイム…少々、パセリ…大さじ1(みじん切り)
・オリーブオイル…大さじ1/2
・白ワイン…大さじ1/2
・ミニトマト…適宜

作り方

❶サバは4つに切り、塩、コショウで下味をつける。
❷Ⓐを混ぜ合わせ、①にまぶしつけ、天板にのせて、残ったⒶもかける。オリーブ油、ワインをかけ、220度のオーブンで、10〜12分焼く。
❸器に盛りつけて、ミニトマトを添える。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ◎トリプトファン ◎メチオニン ◎チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ○B12 ○葉酸
・ビタミンD
 ◎ビタミンD
・脂肪酸
 ◎DHA、EPA
・ミネラル
 ○鉄分 ○亜鉛

とろっとしたレバーとシャキシャキしたアスパラの対比が楽しい『レバーとアスパラのクリーム煮かけご飯』

(エネルギー123kcal、塩分0.7g、各1人分)

[材料](2人分)
・豚レバー…200g
・Ⓐ塩…少々、コショウ…少々、おろしニンニク…小さじ1
・アスパラガス…100g
・ご飯…150g×2
・タマネギ…100g
・オリーブ油…大さじ1
・小麦粉…大さじ2
・ローリエ…1/2枚
・タイム…少々
・牛乳…200mL

作り方

❶レバーは冷水に30分さらし、水気をふく。5mm厚さの一口大に切り、Ⓐで下味をつける。
❷タマネギは5mmの細切り、アスパラガスは4cmの長さに切る。
❸フライパンにオリーブ油を中火で熱し、①を焼きつけるように炒める。こんがりと火が通ったら、タマネギを加え、透きとおるまで炒め、小麦粉を振
り入れる。さらに炒め、なじんだところで、ローリエ、タイム、牛乳を加え、
よく混ぜ、煮立てる。
❹とろみがついたら、塩、コショウをし、アスパラガスを加えて、一煮する。
❺器にご飯を盛り、お好みでパセリを散らし、④をかける。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ○トリプトファン ○メチオニン ○チロシン
・ビタミンB群
 ◎B1 ◎B2 ○B6 ○B12 ◎葉酸
・ビタミンD
 ○ビタミンD
・脂肪酸
 ○DHA、EPA
・ミネラル
 ◎鉄分 ○亜鉛

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


食事療法 うつ病

関連する投稿


ベストセラー「うつヌケ」作者が解説! うつから抜け出すための「朝」の習慣とは

ベストセラー「うつヌケ」作者が解説! うつから抜け出すための「朝」の習慣とは

「朝起きた瞬間に思うことは、その日一日の気分を決める」という実体験があったので、朝目覚めた瞬間、自分をほめることは、効くはずだと確信が持てました。皆さんもそうした経験があるかたは、少なくないのではないでしょうか。世の中のすべての現象は、その人の“気分”が見せるものだからです。【解説】田中圭一(漫画家)


【専門医監修】食物繊維で血糖値を下げる「糖尿病撃退レシピ」

【専門医監修】食物繊維で血糖値を下げる「糖尿病撃退レシピ」

日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)


食物繊維を多くとればとるほど糖尿病が改善する!5000人を調査し判明

食物繊維を多くとればとるほど糖尿病が改善する!5000人を調査し判明

かつて、食物繊維は便通をよくする程度の作用しかないとみなされていました。しかしいまや、5大栄養素に次ぐ第6の栄養素として認知されています。食物繊維の摂取量が多い人ほど心疾患、脳血管障害などの発症率が減少することが判明しました。【解説】岩瀬正典(白十字病院副院長 糖尿病センター長・臨床研究センター長)


糖尿病専門医が太鼓判!「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

糖尿病専門医が太鼓判!「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


気分の落ち込みやEDは男性更年期障害も疑え!改善に軽い“筋トレ”がいい

気分の落ち込みやEDは男性更年期障害も疑え!改善に軽い“筋トレ”がいい

男性にも「更年期障害」があるのをご存じでしょうか。男性の更年期障害は、加齢に伴うテストステロン(男性ホルモンの一つ)の分泌量の低下が主な原因となり、50~60代以降の中高年男性に現れる心と体の不調をいいます。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


最新の投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)