【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

夜間頻尿の患者さんへのセルフケアとして、日中に着用する「弾性ストッキング」を勧めています。女性だけでなく、男性にもおすすめです。2週間もすると、多くの患者さんが、足のむくみが改善され、足が軽くなり、夜間の尿量も減少。体調がよくなり、手放せなくなるようです。【解説】曽根淳史(宮津康生会宮津武田病院院長)


高齢者の夜間頻尿や尿もれに効果的

 夜間頻尿は、現在の日本の高齢化社会を反映している症状の一つです。日ごろ治療に当たっている外来にも連日、ご高齢の患者さんが訪れています。
 日常生活に支障をきたし、心臓病や高血圧のために日中に下肢にむくみが生じ、それが原因で夜間頻尿になっている患者さんも少なくありません。
 私は、こうした夜間頻尿の患者さんのセルフケアとして、日中に着用する「弾性ストッキング」を勧めています。

 当初は、就寝の3~4時間前に、寝た状態で足を高く上げる姿勢(下肢挙上姿勢)を勧めていました。しかし、高齢で運動機能の低下した人には、その姿勢を長く続けることは難しいということがわかりました。

 そこで3年ほど前から、体力のない高齢者でもできる方法として、日中にひざ下までの弾性ストッキングの着用を勧めるようになりました。
 使用するのは、血管外科などで下肢静脈瘤の治療に使われる、ひざ下までの弾性ストッキングです。

 弾性ストッキングは、はきにくいというデメリットがありますが、それを少しでもカバーするために、起床後から着用してもらうようにしています。朝が最もむくみが少ない時間帯で、それだけはきやすいからです。そのまま日中を過ごし、夜の入浴時に脱ぐというサイクルで続けてもらっています。

 患者さんの中には、弾性ストッキングを着用することに難色を示す人もおられます。
 しかし、足がらくになるのが実感できるのか、着用を始めると一変。2~3週間もすると、多くの患者さんが足の軽さを実感し、さらには夜間の尿量が減少するため、夜間排尿の回数が減って、体調がよくなり、手放せなくなるようです。これは、弾性ストッキングを着用すると、足のむくみが解消されることと密接に関係しています。

夜間頻尿とともに睡眠時無呼吸も改善

 ではなぜ、日中に足がむくむと夜間頻尿になるのでしょう。
 夜間頻尿の主な原因は三つあります。水の飲み過ぎとむくみによるもの、膀胱の機能障害によるもの、睡眠障害によるものです。
 なかでも高齢者に最も多くみられる原因が、日中の足のむくみによる夜間多尿です。

 高齢になると足がむくむのは、下肢の筋力が衰えるためです。ふくらはぎの筋肉によるポンプ作用(血液を心臓に戻す働き)が衰え、ふくらはぎの筋肉が弱ることで、間質(細胞の結合組織)にすき間を作ってしまうのです。その間質のすき間に、体液の水分がもれやすくなるので、高齢者の足がむくみやすくなるわけです。
 足のむくみは、立位や座位の姿勢を取る昼間に生じ、就寝時に体が横になることで、下肢にたまった体液が一気に血中に戻るため、夜間の尿量が増加して夜間頻尿が起こるのです。

 ここで役立つのが、弾性ストッキングです。日中に弾性ストッキングを着けていると、日中はふくらはぎが常に締めつけられた状態となり、それが、足のむくみの予防につながります。

 実際に弾性ストッキングを着用して、夜間頻尿や足のむくみをコントロールしている患者さんの例をお話ししましょう。

 80代の男性の患者さんは、心不全と夜間頻尿がありました。
 弾性ストッキング着用後から夜間の尿量が減り、数ヵ月後にはトイレに起きなくなり、夜間頻尿が解消しています。

 70代の男性の患者さんは、着用してから足のむくみが解消。最終的には夜間頻尿と睡眠時無呼吸症候群が改善しています。
 ほかにも、弾性ストッキングを着用して歩行能力がアップした70代の女性や、夜間頻尿が改善してから心臓肥大が改善した男性の患者さんもいます。

 これらの症例は、学会で発表しています(第28回老年泌尿器科学会・第22回排尿機能学会・第81回日本泌尿器科学会東部総会)。
 現在、夜間頻尿の治療法として、弾性ストッキングを指導している病院は多くなく、当院をはじめ、神戸(神戸医療センター)と沖縄(北上中央病院)など数ヵ所です。

 今回の記事を読み、夜間頻尿に弾性ストッキングを活用したいと思われた人は、先述の病院をはじめ、夜間頻尿の治療に対応する泌尿器科を受診するとよいでしょう。近くに対応の病院がない方は、かかりつけ医に相談のうえ、医療用の弾性ストッキングをお買い求めください。

宮津康生会宮津武田病院院長
曽根淳史
1982年、川崎医科大学卒業。88年、同大学大学院修了。同大学泌尿器科講師、興生総合病院泌尿器科部長、宮津武田病院泌尿器科部長等を経て、2010年より現職。日本泌尿器学会専門医・指導医。日本排尿機能学会代議員。専門領域は、高齢者の排尿障害、夜間頻尿、尿路管理、男性性機能障害など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

日本人の生活が欧米化し、日常的に足の指を頻繁に使わなくなったことは、体に大きな影響をもたらします。足の指は、下肢の血液循環の折り返し地点だからです。代表的な症状の一つが、頻尿や尿もれなどの泌尿器の症状です。ご紹介する「足の指立て」で多くの方が夜間頻尿から解放されています。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿とは、夜の睡眠中に1回以上、排尿のために起きる症状です。夜間頻尿の原因は「足のむくみ」にあるケースが多いのです。夜間頻尿に悩んでいる人に、お勧めの方法があります。それは、夕食後のくつろいだ時間帯に、ふくらはぎをマッサージすることです。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


 【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

冷えや低体温の高齢者の患者さんに、私はお尻を温めることをお勧めしています。「夜間頻尿が解消」「腰痛が改善」「便秘が改善」などといった声が聞かれます。お尻を温める対策だけで、なぜこんなに幅広い効果が得られるのでしょうか。やり方を紹介しましょう。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

私は、女性専門の出張整体をしていますが、年齢を問わず多いのが、尿のトラブルです。その原因の一つに、骨盤のゆがみがあります。【解説】山本あやの(出張整体「ゆくり」代表・整体師)


【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

前立腺肥大症は、男性の高齢者はほぼ全員がかかる、といわれるほど有病率が高い病気です。尿の出が悪い、トイレの回数が増えたなどの不快症状がくり返されたら、専門医に相談しましょう。問診、検査、薬物療法、手術療法と、回復までの流れをご説明しましょう。【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長)


最新の投稿


【はと麦研究最前線】インフルエンザウイルスが減少すると判明!ガン予防にも期待!

【はと麦研究最前線】インフルエンザウイルスが減少すると判明!ガン予防にも期待!

ハトムギを栽培したとされる馬援将軍は、ハトムギを食べていたおかげで、70歳を超える老齢でも、遠征から問題なく帰還できたと伝えられています。また、不妊症に効果があったという伝承もあります。【解説】鈴木信孝(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科・臨床研究開発補完代替医療学講座特任教授)


【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

ショウガ緑茶は、緑茶とすりおろしたショウガを混ぜるだけで作れます。ショウガと緑茶の風味と香りが味わえて、健康効果の高い作り方を紹介します。【解説】平柳要(医学博士、食品医学研究所所長)


【血糖値・血圧を下げる】生姜と緑茶を合わせた最強ドリンクを医学博士が解説

【血糖値・血圧を下げる】生姜と緑茶を合わせた最強ドリンクを医学博士が解説

私は20年以上、国内外のいろいろな大学で、あるいは企業と共同で、ショウガの研究を続けてきました。いわば「ショウガ博士」だと自負しています。そんな私が長年、探し求めていたものがあります。それは「ショウガのパートナー」です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【血管の若返り効果】1日6杯の「生姜緑茶」で白内障が予防できる 食後に飲めば歯周病・口臭対策に!

【血管の若返り効果】1日6杯の「生姜緑茶」で白内障が予防できる 食後に飲めば歯周病・口臭対策に!

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【脳研究で判明】脳卒中のリハビリに効果!脳を活性化させる「手の刺激法」

【脳研究で判明】脳卒中のリハビリに効果!脳を活性化させる「手の刺激法」

脳卒中のリハビリの際、ただ手を動かしているだけでは、手は使えるようにはならないことがわかっています。コップは持てても、水を飲むことができないのです。コップの水を飲むためには、強制把握と精密把握をそれぞれ鍛える必要があります。【解説】久保田競(京都大学名誉教授)


ランキング


>>総合人気ランキング