【デザート編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

【デザート編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。ここではお勧めのデザートを紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター・神経研所究所・疾病研究第三部部長)


芳醇な抹茶の香りがたまらない『抹茶のミルクゼリー』

(エネルギー92kcal、塩分0g、各1人分)

[材料](4人分)
・粉ゼラチン…5g
・冷水…大さじ3
・Ⓐ砂糖…40g、抹茶…小さじ2
・牛乳…300mL
・抹茶…少々

作り方

❶冷水にゼラチンを振り入れ、戻す。
❷大きめのボウルにⒶを混ぜ合わせておく。
❸鍋に牛乳を入れ、中火にかけて、①を加え、煮立てないように溶かす。
❹②に③を加え、よくかき混ぜて、溶かす。
❺粗熱を取り、型に移して、冷やし固める。
❻食べる直前に抹茶を振りかける。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ◎トリプトファン ◎メチオニン ◎チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ○B12 ○葉酸
・ミネラル
 ○亜鉛

ヨーグルトの酸味がまろやか『バナナヨーグルトのデザートスープ』

(エネルギー130kcal、塩分0.1g、各1人分)

[材料](2人分)
・バナナ…100g
・ヨーグルト(プレーン)…150g
・レモン汁…大さじ2
・イチゴ…100g
・グレープフルーツ…100g

作り方

❶イチゴはへたを取り、4つ割りにする。グレープフルーツは薄皮をむいて一口大にする。
❷バナナとヨーグルトとレモン汁を合わせ、ミキサーにかける。
❸①、②を合わせ、器に盛りつける。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ◎トリプトファン ◎メチオニン ◎チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ○B12
・ミネラル
 ○亜鉛

ショウガの風味がきいている『黒糖かん』

(エネルギー 44kcal、塩分 0g、各1人分)

[材料](4人分)
・棒カンテン…1/2本
・水…400mL
・黒糖(粉)…50g
・ショウガ汁…小さじ1

作り方

❶カンテンは水の中でもみ洗いしたあと、小さくちぎって分量の水で煮溶かす。
❷カンテンが溶けたら、2分ほど煮立てて黒糖を加え、溶かす。
❸②をこして、ショウガ汁を加え、型に入れて冷やし固める。

うつに効く栄養素

・ビタミンB群
 ◎B1 ◎B2 ◎B6 ○葉酸
・ミネラル
 ○鉄分 ○亜鉛

さわやかな酸味で口の中がスッキリ『ヨーグルトゼリー』

(エネルギー86kcal、塩分0.1g、各1人分)

[材料](4人分)
・ヨーグルト(プレーン)…150g
・粉ゼラチン…5g
・冷水…大さじ3
・牛乳…100mL
・砂糖…30g
・レモン汁…大さじ1
・黄桃(缶)…50g

作り方

❶冷水にゼラチンを振り入れ、戻す。
❷鍋に、牛乳、砂糖、①を入れ、煮立てないように煮溶かす。
❸ヨーグルトに②を加え混ぜ、レモン汁を加える。
❹③を型に入れ、冷やし固める。
❺黄桃はミキサーにかけ、ピューレ状にする。
❻④を器に盛り、⑤をかける。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ◎トリプトファン ◎メチオニン ◎チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ○B12 ○葉酸
・ミネラル
 ○亜鉛

ずんだの香りが最高『ソバがきとずんだ』

(エネルギー105kcal、塩分0g、各1人分)

[材料](4人分)
・枝豆(さやつき)…100g
・砂糖…大さじ2
・ソバ粉…20g
・熱湯…50mL

作り方

❶枝豆はゆでて豆を取り出し、すりつぶす。砂糖を加え、すり混ぜる。
❷ソバ粉に熱湯を注いで混ぜる。
❸②を器に盛りつけ、①を添える。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ○トリプトファン ○メチオニン ○チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ◎葉酸
・ミネラル
 ◎鉄分 ◎亜鉛

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


食事療法 うつ病

関連する投稿


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【男性更年期障害】うつ病との違いは? EDを改善する“筋トレ”と前立腺肥大の治療

【男性更年期障害】うつ病との違いは? EDを改善する“筋トレ”と前立腺肥大の治療

男性にも「更年期障害」があるのをご存じでしょうか。男性の更年期障害は、加齢に伴うテストステロン(男性ホルモンの一つ)の分泌量の低下が主な原因となり、50~60代以降の中高年男性に現れる心と体の不調をいいます。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)


【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

女性の場合、50歳以降に起こる体調不良を、世間一般では更年期と呼びます。しかし私は、定年を迎えた夫が家にいることによるストレスが原因ではないかと考えています。これを、夫源病といいます。読み方は「ふげんびょう」です。上沼恵美子さんの告白で話題になりました。【解説】石蔵文信(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授)


【痰がからむ・声枯れ】カリスマボイストレーナー佐藤涼子さんのお勧めは「生姜紅茶」私はパニック障害を克服

【痰がからむ・声枯れ】カリスマボイストレーナー佐藤涼子さんのお勧めは「生姜紅茶」私はパニック障害を克服

ショウガ紅茶は、飲んだ直後から体を温めます。そのため、筋肉の緊張がほぐれ、声が出やすくなります。声が枯れたり、タンがからみやすくなるのは、声帯のむくみが主な原因です。ショウガ紅茶には、体にたまった水分や老廃物を、素早く排泄する働きがあるので、のどのむくみもすぐに解消します。【解説】佐藤涼子(ボイストレーナー)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)