MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)

島田和幸
1973年、東京大学医学部卒業。同大学第三内科、米国タフツ大学、ニューイングランド・メディカルセンター、高知医科大学などを経て、2006年、自治医科大学附属病院院長。2012年より現職。血管病の予防と治療を専門とする循環器内科にて、長年、臨床と教育に携わる。著書に『一生切れない、詰まらない「強い血管」をつくる本』(永岡書店)がある。

1日10万回も拡張・収縮する

 日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。
 心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。

 動脈硬化は、その名のとおり、動脈で生じます。1日に10万回もの鼓動をくり返す心臓に合わせ、動脈も拡張と収縮をくり返し、全身に血液を送っています。当然、動脈にかかる負担は多大です。年齢を重ねるうちに弾力を失い、硬く、もろくなってしまうのです。

 その動脈硬化に拍車をかけるのが、活性酸素(老化の元凶物質)による体内の酸化です。
 血液中には、脂質の一種であるコレステロールを、全身の細胞に運搬する「LDLコレステロール」が流れています。
 LDLコレステロールは、活性酸素の攻撃を受けると、時間の経過とともに、「酸化LDL」という物質に変化します。それらがプラーク(粥状の集塊)となって血管壁にたまり、血管の内腔を狭め、その結果、動脈硬化はさらに進むのです。
 プラークが血圧の上昇などによって破れると、これをふさぐために血栓(血の塊)ができ、それが血管の内腔に詰まり、血流が止まって、心筋梗塞や脳梗塞を発症させるのです。

 わかりやすくするために大づかみで説明しましたが、このような機序で、心筋梗塞や脳卒中は引き起こされるのです。
 こうしたことが広く知られるようになり、血管病の予防に取り組む人も増えました。
 そうしたなかで大流行になったのが、「血液をサラサラにする」という健康法です。

高血圧、高血糖、高脂血症でもあきらめない

 テレビや雑誌で頻繁に取り上げられたこともあって、「血液をサラサラにすれば血管病は防げる」と思っている人は少なくありません。しかし、それだけでは血管病を根本的に予防することはできません。

 血液を水道水、血管を水道管にたとえてみましょう。
 水質基準を満たしている水道水であっても、水道管が腐食していれば、そこを流れる水道水は汚染されてしまいます。血液と血管の関係も同じことがいえます。血液のケア以上に、血管のケアが必要なのです。

 もっとも、血管の健康度よりも、「血液サラサラ」のほうが先に注目されたのには理由があります。これまで、一般的な健康診断でわかるのは、血糖値やコレステロール値など、「血液の健康度」だったからです。
 それが、ここ数年で大きく変わりました。今、医学界では、血液よりも「血管全体の健康度」に注目が集まっています(さまざまな検査方法も出現しています)。まさにこれからは、血液だけでなく、血管全体をトータルで見ることが、血管病を防ぐ重要なカギなのです。

 すでに、高血圧、高血糖、高脂血症、動脈硬化を医療機関から指摘されている人も、あきらめることはありません。
 今からでも血管を若返らせ、血管病を防ぐことは可能です。

血管病の発作サイン

以下のようなサインが出たら、家族や知人、救急車を呼ぶなどして、早急に病院で処置を受けることが必要です。

【心筋梗塞】
●運動中や睡眠中、胸をえぐられるような痛みが30分以上続く(数分で治まるときは狭心症が疑われる)。
●胸の中央部だけでなく、みずおち、肩や腕、首やあごにも痛みが及ぶ場合がある。

【脳卒中(脳出血・脳梗塞)】
●片側の顔や手足が動かない。
●片側の目が見えない。
●しゃべれなくなる。
●言葉が理解できない。
●激しい頭痛や吐き気が起こる。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
更新: 2019-04-18 18:00:00
心不全は、体に炎症を起こすサイトカイン(炎症性生理活性物質)の放出が続いている状態といえます。その炎症が運動によって抑制されることが、最近の研究で明確になっています。「かかと落とし」は、その柱の一つとなっている運動です。【解説】牧田茂(埼玉医科大学医学部教授・同大学国際医療センター心臓リハビリテーション科診療部長)
更新: 2018-11-26 06:00:00
ニンニクは、精力がつくといった強壮作用で知られています。一方で独特なにおいが苦手という人も少なくありません。しかし、ニンニクのにおい成分には、さまざまな健康効果があるのです。私たちは、におい成分の一つであるMATSに「血栓の形成を抑制する働き」があることを突き止めました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)
更新: 2018-09-15 23:11:48
「じっと座ったまま」など、同じ姿勢で動かないでいることを「不活動状態」といいます。この不活動状態を、簡単な運動で適度に中断することが健康維持のカギであることが、明らかになってきています。最適なものの一つが「スワイショウ」という腕ふり運動だと考えています。【解説】塩谷英之(神戸大学大学院保健学研究科教授)
更新: 2018-10-22 12:28:45
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt