血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


島田和幸
1973年、東京大学医学部卒業。同大学第三内科、米国タフツ大学、ニューイングランド・メディカルセンター、高知医科大学などを経て、2006年、自治医科大学附属病院院長。2012年より現職。血管病の予防と治療を専門とする循環器内科にて、長年、臨床と教育に携わる。著書に『一生切れない、詰まらない「強い血管」をつくる本』(永岡書店)がある。

1日10万回も拡張・収縮する

 日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。
 心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。

 動脈硬化は、その名のとおり、動脈で生じます。1日に10万回もの鼓動をくり返す心臓に合わせ、動脈も拡張と収縮をくり返し、全身に血液を送っています。当然、動脈にかかる負担は多大です。年齢を重ねるうちに弾力を失い、硬く、もろくなってしまうのです。

 その動脈硬化に拍車をかけるのが、活性酸素(老化の元凶物質)による体内の酸化です。
 血液中には、脂質の一種であるコレステロールを、全身の細胞に運搬する「LDLコレステロール」が流れています。
 LDLコレステロールは、活性酸素の攻撃を受けると、時間の経過とともに、「酸化LDL」という物質に変化します。それらがプラーク(粥状の集塊)となって血管壁にたまり、血管の内腔を狭め、その結果、動脈硬化はさらに進むのです。
 プラークが血圧の上昇などによって破れると、これをふさぐために血栓(血の塊)ができ、それが血管の内腔に詰まり、血流が止まって、心筋梗塞や脳梗塞を発症させるのです。

 わかりやすくするために大づかみで説明しましたが、このような機序で、心筋梗塞や脳卒中は引き起こされるのです。
 こうしたことが広く知られるようになり、血管病の予防に取り組む人も増えました。
 そうしたなかで大流行になったのが、「血液をサラサラにする」という健康法です。

高血圧、高血糖、高脂血症でもあきらめない

 テレビや雑誌で頻繁に取り上げられたこともあって、「血液をサラサラにすれば血管病は防げる」と思っている人は少なくありません。しかし、それだけでは血管病を根本的に予防することはできません。

 血液を水道水、血管を水道管にたとえてみましょう。
 水質基準を満たしている水道水であっても、水道管が腐食していれば、そこを流れる水道水は汚染されてしまいます。血液と血管の関係も同じことがいえます。血液のケア以上に、血管のケアが必要なのです。

 もっとも、血管の健康度よりも、「血液サラサラ」のほうが先に注目されたのには理由があります。これまで、一般的な健康診断でわかるのは、血糖値やコレステロール値など、「血液の健康度」だったからです。
 それが、ここ数年で大きく変わりました。今、医学界では、血液よりも「血管全体の健康度」に注目が集まっています(さまざまな検査方法も出現しています)。まさにこれからは、血液だけでなく、血管全体をトータルで見ることが、血管病を防ぐ重要なカギなのです。

 すでに、高血圧、高血糖、高脂血症、動脈硬化を医療機関から指摘されている人も、あきらめることはありません。
 今からでも血管を若返らせ、血管病を防ぐことは可能です。

→【関連記事】疲れ果てた血管、こうすれば必ず再生できる!

血管病の発作サイン

以下のようなサインが出たら、家族や知人、救急車を呼ぶなどして、早急に病院で処置を受けることが必要です。

【心筋梗塞】
●運動中や睡眠中、胸をえぐられるような痛みが30分以上続く(数分で治まるときは狭心症が疑われる)。
●胸の中央部だけでなく、みずおち、肩や腕、首やあごにも痛みが及ぶ場合がある。

【脳卒中(脳出血・脳梗塞)】
●片側の顔や手足が動かない。
●片側の目が見えない。
●しゃべれなくなる。
●言葉が理解できない。
●激しい頭痛や吐き気が起こる。

→【関連記事】血管を強くする食べ物はコレだ!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


内皮細胞 脳卒中 心筋梗塞

関連する投稿


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【がん予防】発がん物質を無毒化するキャベツのファイトケミカルの効果 脳梗塞・心筋梗塞も防ぐ

【がん予防】発がん物質を無毒化するキャベツのファイトケミカルの効果 脳梗塞・心筋梗塞も防ぐ

病気と食生活には深い関わりがあり、がんの原因は35%が食事にあると言われています。キャベツのイソチオシアネートにはがん、脳梗塞、心筋梗塞という日本人の三大死因を防ぐ作用があるのです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医部元准教授)


【血管が若返る】血糖値を下げて動脈硬化を予防する「酢ショウガ」 の効果

【血管が若返る】血糖値を下げて動脈硬化を予防する「酢ショウガ」 の効果

通常、年齢を重ねるにつれ、血管の劣化は進み、その影響で血流も悪くなって、不調や病気を招きやすくなります。血管の劣化を助長する因子は、中性脂肪、悪玉コレステロール、高血糖などです。私がお勧めしたいのが、ショウガを酢に漬けこんで作る「酢ショウガ」です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【高血圧を改善】血圧を下げる手のツボ“合谷”の押し方は「痛いくらい」がよい

【高血圧を改善】血圧を下げる手のツボ“合谷”の押し方は「痛いくらい」がよい

高血圧は、俗に「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」と呼ばれます。自覚症状がないうえ、痛くもかゆくもないのに、体の中では恐ろしいことが着々と進行していくからです。積極的に血圧をコントロールするため、ぜひお勧めしたいのが「合谷の強指圧」です。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授)


【脳梗塞・心筋梗塞を予防】フィブリン(血栓)を溶かす「ナットウキナーゼ」の効果

【脳梗塞・心筋梗塞を予防】フィブリン(血栓)を溶かす「ナットウキナーゼ」の効果

脳梗塞や心筋梗塞などを予防するためには、日頃から血栓のない、サラサラな血液を維持することがたいせつです。しかし、できてしまった血栓を溶かす働きのある食品は、今のところ納豆しか確認されていません。【解説】二宮淳一(日本心臓血管外科学会認定名誉専門医・NPO法人プロフェッショナル・ドクターズ・ネット理事長)


最新の投稿


【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

肝臓は、よく「体内の一大コンビナート」にたとえられます。栄養素の分解、合成、代謝、貯蔵、有害物の解毒、重要な消化液である胆汁の生成など、細かく分けると数百もの働きを担っており、まるで各種の工場や倉庫が集まったような機能を果たしているからです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)