医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


島田和幸
1973年、東京大学医学部卒業。同大学第三内科、米国タフツ大学、ニューイングランド・メディカルセンター、高知医科大学などを経て、2006年、自治医科大学附属病院院長。2012年より現職。血管病の予防と治療を専門とする循環器内科にて、長年、臨床と教育に携わる。著書に『一生切れない、詰まらない「強い血管」をつくる本』(永岡書店)がある。

1日10万回も拡張・収縮する

 日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。
 心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。

 動脈硬化は、その名のとおり、動脈で生じます。1日に10万回もの鼓動をくり返す心臓に合わせ、動脈も拡張と収縮をくり返し、全身に血液を送っています。当然、動脈にかかる負担は多大です。年齢を重ねるうちに弾力を失い、硬く、もろくなってしまうのです。

 その動脈硬化に拍車をかけるのが、活性酸素(老化の元凶物質)による体内の酸化です。
 血液中には、脂質の一種であるコレステロールを、全身の細胞に運搬する「LDLコレステロール」が流れています。
 LDLコレステロールは、活性酸素の攻撃を受けると、時間の経過とともに、「酸化LDL」という物質に変化します。それらがプラーク(粥状の集塊)となって血管壁にたまり、血管の内腔を狭め、その結果、動脈硬化はさらに進むのです。
 プラークが血圧の上昇などによって破れると、これをふさぐために血栓(血の塊)ができ、それが血管の内腔に詰まり、血流が止まって、心筋梗塞や脳梗塞を発症させるのです。

 わかりやすくするために大づかみで説明しましたが、このような機序で、心筋梗塞や脳卒中は引き起こされるのです。
 こうしたことが広く知られるようになり、血管病の予防に取り組む人も増えました。
 そうしたなかで大流行になったのが、「血液をサラサラにする」という健康法です。

高血圧、高血糖、高脂血症でもあきらめない

 テレビや雑誌で頻繁に取り上げられたこともあって、「血液をサラサラにすれば血管病は防げる」と思っている人は少なくありません。しかし、それだけでは血管病を根本的に予防することはできません。

 血液を水道水、血管を水道管にたとえてみましょう。
 水質基準を満たしている水道水であっても、水道管が腐食していれば、そこを流れる水道水は汚染されてしまいます。血液と血管の関係も同じことがいえます。血液のケア以上に、血管のケアが必要なのです。

 もっとも、血管の健康度よりも、「血液サラサラ」のほうが先に注目されたのには理由があります。これまで、一般的な健康診断でわかるのは、血糖値やコレステロール値など、「血液の健康度」だったからです。
 それが、ここ数年で大きく変わりました。今、医学界では、血液よりも「血管全体の健康度」に注目が集まっています(さまざまな検査方法も出現しています)。まさにこれからは、血液だけでなく、血管全体をトータルで見ることが、血管病を防ぐ重要なカギなのです。

 すでに、高血圧、高血糖、高脂血症、動脈硬化を医療機関から指摘されている人も、あきらめることはありません。
 今からでも血管を若返らせ、血管病を防ぐことは可能です。

血管病の発作サイン

以下のようなサインが出たら、家族や知人、救急車を呼ぶなどして、早急に病院で処置を受けることが必要です。

【心筋梗塞】
●運動中や睡眠中、胸をえぐられるような痛みが30分以上続く(数分で治まるときは狭心症が疑われる)。
●胸の中央部だけでなく、みずおち、肩や腕、首やあごにも痛みが及ぶ場合がある。

【脳卒中(脳出血・脳梗塞)】
●片側の顔や手足が動かない。
●片側の目が見えない。
●しゃべれなくなる。
●言葉が理解できない。
●激しい頭痛や吐き気が起こる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


内皮細胞 脳卒中 心筋梗塞

関連する投稿


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)


【早寝早起き習慣をつける食事】朝食に「サバ缶カレー」を食べるメリット

【早寝早起き習慣をつける食事】朝食に「サバ缶カレー」を食べるメリット

私が「朝カレー」に注目したのは、子供たちの引きこもりの相談がきっかけでした。偏食が多く、生活も不規則その上、体が冷えていて低体温が多かったのです。カレーは血流を促して体温を上げ、新陳代謝を活発にします。朝食べたら、朝から元気になり早寝早起きの習慣がつきます。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


血栓予防作用がアスピリンと同じ!ニンニクのにおい成分「MATS」の効果

血栓予防作用がアスピリンと同じ!ニンニクのにおい成分「MATS」の効果

ニンニクは、精力がつくといった強壮作用で知られています。一方で独特なにおいが苦手という人も少なくありません。しかし、ニンニクのにおい成分には、さまざまな健康効果があるのです。私たちは、におい成分の一つであるMATSに「血栓の形成を抑制する働き」があることを突き止めました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)


【心筋梗塞と脳梗塞】予防には軽い運動が効果! おすすめは腕振り(スワイショウ)

【心筋梗塞と脳梗塞】予防には軽い運動が効果! おすすめは腕振り(スワイショウ)

「じっと座ったまま」など、同じ姿勢で動かないでいることを「不活動状態」といいます。この不活動状態を、簡単な運動で適度に中断することが健康維持のカギであることが、明らかになってきています。最適なものの一つが「スワイショウ」という腕ふり運動だと考えています。【解説】塩谷英之(神戸大学大学院保健学研究科教授)


骨粗鬆症やサルコペニアの予防には「ちょっと太ってるくらいがいい」

骨粗鬆症やサルコペニアの予防には「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)