【医師解説】毛細血管が元気に!疲れ果てた血管、こうすれば必ず再生できる!

【医師解説】毛細血管が元気に!疲れ果てた血管、こうすれば必ず再生できる!

動脈は外膜、中膜、内膜の3層から成り、血管壁をつくり上げています。外膜は血管を守る保護層、中膜は血管の拡張と収縮にかかわる層、内膜は薄い線維成分と内皮細胞から成ります。血管を強くする決め手となるのが、この内皮細胞です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


動脈硬化が進んでいてもプラークができにくい強い血管になれる

 血管のケアを始めるにあたって、まず、血管の構造や働きを理解しておきましょう。
 心臓から押し出された血液は、大動脈を通って全身の毛細血管にまで送られます。大動脈は、直径25〜30mmでビニールホースくらいの太さですが、ここから次々と枝分かれして、手や足の先の毛細血管に着くころには、直径0.006mmになります。

 毛細血管は、細胞に酸素や栄養を与え、細胞から排出される二酸化炭素や老廃物を回収します。毛細血管の先は細静脈になり、最終的に大静脈につながって血液を心臓に戻します。
 成人の血管は全長約10万km。血液は、この長大な距離を循環して酸素と栄養を運び、不要な物質を回収し、私たちの生命を守っているのです。

 血管の内部構造についても触れましょう。動脈は外膜、中膜、内膜の3層から成り、血管壁をつくり上げています。
 外膜は血管を守る保護層、中膜は血管の拡張と収縮にかかわる層、内膜は薄い線維成分と内皮細胞から成ります。

 血管を強くする決め手となるのが、この内皮細胞です。
 内皮細胞は、血管壁の最も内側にあり、血液と直接接触し、血流の速度、血液の粘度、血管壁の状態を監視しています。主な働きに、「バリア機能」と「活性化機能」があります。
 バリア機能は、血液中の悪い成分が血管壁に侵入するのを阻止しようとする働きです。バリア機能が正常に働いていると、プラークを形成する酸化LDLなどの悪者が、血管内壁に侵入しにくくなります。

 初期の動脈硬化であれば、プラークは小さく、血管の弾力性は保たれています。ある程度動脈硬化が進んでいても、バリア機能が回復されれば、血管内の傷が修復されて、プラークができにくい血管になるのです。

 一方の活性化機能は、血管の拡張を促したり、血液をサラサラに保ち、血管壁の細胞を保護したりする働きです。
 内皮細胞は、その時々の血流量に見合うよう、血管を拡張、収縮させるために、中膜の細胞に指令を送ります。
 血流量が増えたとき、血管が拡張せず細いままだと、心臓は強い力で血液を押し出し、血圧が上がってしまいます。そのような事態にならないよう、内皮細胞は血管のしなやかさを調整しているのです。

 体内の細胞は、古くなった細胞が新しい細胞に入れ替わる「ターンオーバー」という新陳代謝をくり返していますが、内皮細胞のターンオーバー周期は、約1000日です。
 今、あなたの血管が疲れ果てていたとしても、血管のケアを行えば、3年弱で元気な内皮細胞に入れ替わります。そして、強い血管に再生することができるのです。

 内皮細胞をよみがえらせるポイントは、次の三つです。
 まず、内皮細胞を傷める要因を減らすこと。内皮細胞を傷つける活性酸素の害を減らすために、抗酸化成分の多い野菜、大豆などの食品を積極的に取りましょう。

 次に、血圧を上げる要因を取り除くこと。血圧が高いと、内皮細胞を傷めつけます。血圧を上げる主な要因は、塩分の取り過ぎと、肥満です。できる限り減塩をすることが大切です。

 そしてもう一つは、血流がよくなる環境をつくること。血流をよくするには、食事はもちろんですが運動も不可欠です。適度な運動を継続することで、内皮細胞がよい刺激を受け、血管内を血液がスムーズに流れることができるのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


内皮細胞 動脈硬化

関連する投稿


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

干しブドウには、豊富な鉄分の他、さまざまな栄養素が含まれています。お年寄りの中には、干しブドウを「硬くて食べにくい」とおっしゃるかたがいます。「干しブドウ酢」は酢に漬けることで軟らかくなり、食べやすくなるばかりか、美容や健康をサポートしてくれる酢も一緒に取ることができます。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【リコピンの効果を高める】肌・血管の老化を強力に防いでくれる「トマトスープ」がアンチエイジングに最適

【リコピンの効果を高める】肌・血管の老化を強力に防いでくれる「トマトスープ」がアンチエイジングに最適

私の実家はトマト農家で、幼少の頃から新鮮なトマトをたくさん食べて育ちました。さらに大学院へ進学後、トマトの成分と遺伝子の研究をするようになった私は、トマトの健康効果についての論文に触れ、世界中の知見を得る機会に恵まれました。そこで、トマトの力に改めて驚かされました。【解説】石井賢二(トマト研究家)


【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

糖質を敵にするか、味方にするかは、食べ方次第です。糖質は悪者ではありません。問題なのは、糖質を取った後、血糖値が急激に上昇する食後高血糖です。糖質は、食べ方のコツさえ知っていれば、血糖値を急激に上げることなく、糖質をおいしく取ることができるのです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)