【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

強い血管を作るには、食事にもひと工夫が必要です。内皮細胞を元気にする食事法をご紹介します。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


減塩で内皮細胞が元気になる!

 強い血管を作るには、食事にもひと工夫が必要です。内皮細胞を元気にする食事法をご紹介します。

①塩分を減らす

 血圧が高い状態が続くと、血管に負担がかかり、内皮細胞も傷ついて働きが低下します。
 内皮細胞を元気にするには、血圧を上げる原因となる塩を控えることが大切です。
 塩を取り過ぎると、塩の主成分であるナトリウムが血液中に増加します。すると、体はナトリウム濃度を下げるために水分量を増やします。心臓は増えた血液を押し出そうと拍動を強めるので、血圧が上昇してしまうのです。

 また、ナトリウムは体組織に入り込む性質があり、増え過ぎると直接細胞を傷つけ、動脈硬化が進行します。
 食塩摂取量の目標値(成人)は、高血圧の人で1日6g未満、高血圧でない人では男性9g、女性7.5g未満です。

攻めの減塩


 減塩を実践する方法には、食塩の摂取量を減らす「攻め」と、体内から塩分を追い出す「守り」があります。

 以下の食品を控えるだけで、余分な塩分を大幅にカットできます。



塩、しょうゆ、ドレッシング、ソースなどの調味料。
干もの、カマボコなどの練り製品。
珍味、漬け物、梅干し、みそ汁などの塩分の強いもの。
ラーメンやうどんなどのめん類は食べる回数を減らし、スープや汁は、半分以上残しましょう。



 うす味料理で、塩分をカットすることも効果的です。

 塩分(ナトリウム)を半分ほどに減らしたしょうゆ、みそ、塩などの減塩調味料を活用し、うす味にします。

 だしを利かせたり、酢、レモン、カレー粉を使ったりすると、うす味でもおいしく食べることができます。

②魚や大豆製品を食べる
 たんぱく質は、内皮細胞の新陳代謝を促します。
 お勧めのたんぱく源は、魚と大豆製品です。

 イワシ、サンマ、サバ、マグロなど青魚には、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)など、動脈硬化を予防する脂肪酸が含まれています。

 納豆や豆腐、豆乳、厚揚げなどの大豆製品は、良質のたんぱく質に富み、コレステロールや中性脂肪を減らす成分や、抗酸化成分も多いので動脈硬化の予防にもつながります。


③野菜をたっぷり食べる
 野菜には、塩分の排出を促すカリウム、動脈硬化を予防するビタミンCやE、ポリフェノールなどの抗酸化成分が豊富に含まれています。

 抗酸化成分に富むトマトやカボチャ、モロヘイヤなどを積極的に取りましょう。

守りの減塩


 ミネラルの一種であるカリウムは、細胞内にたまったナトリウムを、腎臓から尿の中に追い出す働きがあります。

 ・カリウムの多い食品は、野菜、豆、キノコ、イモ類、海藻、果物、魚など。
 干しブドウなどのドライフルーツにも豊富に含まれています。

 ・カルシウムやマグネシウムなどのミネラル、水溶性の食物繊維にも、ナトリウムの排出を促す作用があります。

 ・カルシウムが多い食品は、乳製品、コマツナ、ダイコンの葉、小魚、豆腐など。

 ・マグネシウムが多い食品は、玄米、大豆、納豆、ゴマなど。

 ・食物繊維に富む食品は、ゴボウ、納豆、オートミール、カボチャ、キウイ、海藻、リンゴなどです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


食事療法 内皮細胞

関連する投稿


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

ガン治療で大切なのは、ガンを見るだけでなく、患者さんの状態も診ることです。重要なのは、たんぱく質をしっかりとり、栄養状態を改善すること。そこで、筋肉をつくる良質なたんぱく源として、特に私がお勧めしているのが、卵です。【解説】星野惠津夫(空海記念統合医療クリニック院長・がん研有明病院漢方サポート科元部長)


【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

私のクリニックでは、糖質制限食を指導しつつ、こうした良質な脂質を摂取することをお願いしています。糖尿病の食事療法は、継続してもらわないと効果が現れません。良質な脂質をとるなど、満足感を得られる工夫をして、楽しい食事を続けていただきたいと思います。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


【動脈硬化は治る】症状を改善し"血管プラーク"を溶かす食事療法「RAP食」とは

【動脈硬化は治る】症状を改善し"血管プラーク"を溶かす食事療法「RAP食」とは

私は、高血圧は動脈硬化の物理的な結果と考えており、真の原因「血管プラーク」の減少に取り組んでいます。血管プラークは主に、口から入った酸化した油脂類なので、改善の柱となるのは、脂質を制限する食事療法です。そこで「RAP食」を考案しました。動脈硬化の改善に、実績を上げています。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


咳、のどの痛みに効果 イガイガも鎮まる「黒コショウ湯」の作り方

咳、のどの痛みに効果 イガイガも鎮まる「黒コショウ湯」の作り方

口に入る物が私たちの体にもたらす影響は、甚大です。鍼灸師として働き始めてからも、患者さんの症状と食べ物の関係には常に関心を持ち、研究を続けてきました。そんな私が、呼吸器系の症状に悩む患者さんに勧め、いい効果を上げているのが、今回ご紹介する「黒コショウ湯」です。【解説者】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )