【新常識】名医が考案!血管を若返らせるウォーキング法はこれ

【新常識】名医が考案!血管を若返らせるウォーキング法はこれ

運動によって血流がよくなると、血流そのものが刺激になって、血管の内皮細胞が活性化します。私がお勧めする運動法を3つご紹介しましょう。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


大またで歩くのがポイント

 運動によって血流がよくなると、血流そのものが刺激になって、血管の内皮細胞が活性化します。
 以下で、私がお勧めする運動法を3つご紹介しましょう。

「強い血管」をつくる運動習慣

➊ウオーキング
 ウオーキングを行うことで血流がよくなり、内皮細胞によい刺激が加わり、血管が活性化される。

➋ストレッチ
 筋肉を伸ばすストレッチで血管の柔軟性も高まり、体の外側と内側の両方からの老化予防効果が期待できる。

➌筋力トレーニング
 加齢により衰えがちな筋肉を鍛えることで、運動機能と血流が高まり、血管病の予防効果が期待できる。

島田流ウオーキング

 ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動は、筋肉に酸素をたっぷり取り込むため、心臓や肺の働きが活発になり、血液循環もよくなります。
 ウオーキングは体への負担が軽く、脂肪燃焼効果、動脈硬化予防に働く善玉コレステロールを増やす効果が得られ、血管ケアにうってつけです。

 健康で長生きするための運動の目安は、「1日1万歩」といわれますが、運動習慣がない人がいきなり1万歩を目指すのは難しいと思います。
 歩数計を用意して、普段の歩数を増やすことから始めましょう。理想は毎日歩くことですが、難しいようなら週3〜4日以上を目標にしてください。

 私は、出勤前のウオーキングを日課としており、7000歩を目安に続けています。かくいう私も、40歳になるまでは多忙を理由に生活が不規則になり、おなか周りが目立った時期がありました。それも、私流のウオーキングを20年以上続けたおかげでメタボにならず、血圧や血液検査の数値も正常を保っています。

【姿勢の取り方】
・背すじをまっすぐ伸ばし、体が上下に揺れないように歩く。
・肩の力を抜き、腕を直角くらいに曲げ、自然に振る。
・着地はかかとから行う。かかとから親指側に体重を移動して、親指側で地面を蹴る。
・あごを軽く引き、まっすぐ前を見て歩く。
・おなかから正面に進んでいくイメージで歩く。
・ひざを曲げ過ぎず、伸ばすイメージで歩く。
・「自分の身長−100㎝」くらいの歩幅(大また)を目安に。

下半身の2分ストレッチ

 筋肉を伸ばしたり、縮ませたりするときに、一緒に血管も動きます。血管の柔軟性が回復し、血流もよくなって内皮細胞によい刺激を与えます。

【太ももの前面を伸ばす】
①壁に対して横向きに立ち、右手を壁に当てて、体を支える。
②左手で左足首を持ち上げて、お尻に近づける。その状態を15秒維持したら、ゆっくりと左足を下ろす。
③反対側も同様に行う。
※持ち上げた側のひざが、もう一方のひざより、やや後方にくるようにすれば、より効果的。

【腰と太ももの後ろを伸ばす】
①壁の正面に向かって立ち、左手を壁に当てて体を支える。
②右手で右足を抱えて、太ももを胸に近づける。その状態を15秒維持したら、ゆっくりと足を下ろす。
③反対側も同様に行う。
※顔を正面に向けて、背すじも伸ばす。

【ふくらはぎを伸ばす】
①右足が前、左足が後ろになるように、両足を前後に開く。手は、右足のひざに置く。
②体重を右足にかけながら、右ひざを曲げ、左足のふくらはぎを伸ばし、その状態を15秒維持する。
③反対側も同様に行う。
※顔を正面に向けて、背すじも伸ばす。
※後ろ足は、足裏を床につけて、かかとが上がらないようにする。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【体験談】椎間板ヘルニアの痛みとしびれが「足指歩き」で改善!血圧も下がった

【体験談】椎間板ヘルニアの痛みとしびれが「足指歩き」で改善!血圧も下がった

篠原先生からは、まずは立つときの姿勢の指導を受けました。足の指に力を入れ、重心を前に置くと、少し体が前傾します。普段からこの姿勢を意識するといいそうです。驚いたのが、この姿勢をとると、腰の痛みが一瞬で和らぐことです。思わず「たったこれだけで痛くない!」と叫んでしまったほどでした。【体験談】高橋泉美(仮名・店員・48歳)


【名医のTHE太鼓判!】モヤモヤ血管が肩こりの真原因 治し方は 首に手を当て 痛い場所を押すだけ

【名医のTHE太鼓判!】モヤモヤ血管が肩こりの真原因 治し方は 首に手を当て 痛い場所を押すだけ

「長引く肩こり」に悩んでいませんか。整形外科に行くと「レントゲンで見ても異常ありません」と言われ湿布を出されるだけ、という声も聞きます。実は、その長引く痛みの原因のほとんどが、もやもや血管(=不要な血管)にあるのです。病院での治療法と、自分で治す方法を紹介します。【解説】奥野祐次(オクノクリニック院長)


【低血圧も高血圧も改善】“かかと”からではなく “足の指”に力を入れて歩くウォーキング療法

【低血圧も高血圧も改善】“かかと”からではなく “足の指”に力を入れて歩くウォーキング療法

私たちの背骨はもともと、ゆるやかなS字状の曲線を描いています。この本来の曲線を保って立ち、歩くとき、上半身はほんのわずかに前傾し、重心は足のつま先側にかかります。このことからもわかるように、足の指を使って立つ・歩くのが、正しい人間本来の姿なのです。【解説】篠原裕喜(篠原整骨院「ウオーキング療法」主宰)


【ダイエット・美脚効果】”足の付け根“のイメージを変える これだけで歩き方が変わる

【ダイエット・美脚効果】”足の付け根“のイメージを変える これだけで歩き方が変わる

「人間の脚は、いったいどこから始まっていると思いますか?」と質問すると、多くのかたは「股」と答えます。私が「正解は、みぞおちの下あたりです」と言うと、皆さん驚きます。脚の付け根を股にイメージするか、みぞおちの下にイメージするかで、歩き方がまるっきり変わってきます。【解説】小池義孝(一義流気功 町屋気療院院長)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)