【血管を若返らせる方法】血圧や血糖値を下げる専門医考案「動脈マッサージ」

【血管を若返らせる方法】血圧や血糖値を下げる専門医考案「動脈マッサージ」

血管の品質管理こそ、健康長寿の鍵――。これは、私が長年、老化の原因について研究を重ねてたどりついた結論です。血管は、全身に張り巡らされた運河のようなものです。長さは、10万kmにも及びます。【解説】井上正康(健康科学研究所所長・大阪市立大学医学部名誉教授)


いつでも、どこでも簡単にできる!

 血管の品質管理こそ、健康長寿の鍵――。これは、私が長年、老化の原因について研究を重ねてたどりついた結論です。

 血管は、全身に張り巡らされた運河のようなものです。長さは、10万㎞にも及びます。
 心臓から押し出された血液は、動脈を経て、体の隅々にまで栄養や酸素を運びます。一方、体内で不要となった二酸化炭素や老廃物は、静脈を通して心臓へ回収されます。
 このようなよどみない血液(水)の流れは、全身の約60兆個の細胞を若々しく保ってくれますが、それも、健康な血管(運河)があってこそです。

 しかし、私たちの血管は年齢とともにしなやかさを失い、そこを流れる血液はスムーズに流れにくくなる運命にあります。
 これが、糖尿病や高血圧、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)などをはじめとする、多くの病気の原因となっているのです。
 血管の老化を防ぐには、筋肉をよく動かすことが有効です。筋肉を動かせば、その周辺にある血管が適度にしごかれ、丈夫になるからです。

 しかし、中高年者が継続的に筋力トレーニングを行うのは、時間的にも体力的にも難しいでしょう。
 そこで私は、血管の老化が加速し始める中高年者が、「いつでも」「どこでも」「簡単に」できる健康法を勧めています。それが、「動脈マッサージ」です。

 これは、体内の動脈を、体の「外」から直接マッサージする方法です。手のひらや指先を使って、皮膚や筋肉を押したりしごいたりして刺激します。

 動脈マッサージをすると、主要な太い動脈から枝分かれしている中~小動脈、そして末端の細動脈までが刺激されます。
 そして、それらの動脈にまとわりついている血管拡張神経(血流を調整する自律神経の一種)が反応し、血流がぐんとよくなるのです。さらに、血管壁の新陳代謝を促して、動脈硬化の予防効果も高まります。

 この、動脈を直接マッサージする健康法を最初に考案したのは、私の恩師で細胞病理学の世界的権威でもあった故・妹尾左知丸先生(岡山大学名誉教授)です。
「血管を鍛えれば、生活習慣病は予防できる」との考えのもと、動脈マッサージを毎日実行。92歳で亡くなられる直前まで、「健康長寿で生涯現役」を実現されておられました。

 一方、私は岡山大学の大学院卒業後から、「活性酸素と病気の関係」を研究テーマにしてきました。
 その中で、しなやかさを失った血管に刺激を与え、ほぐすことで、活性酸素(血管を傷つけ老化やガン化を促す物質)の増加が抑えられることを発見。血管をほぐすことこそが老化予防の近道となる、という結論に至ったのです。
 別々の分野で研究を続けてきた師弟が、こうして、同様の結論に達したことを感慨深く思っています。

腰痛やひざ痛、不妊症にも効果!

 2011年には、NHKの健康番組『ためしてガッテン』に出演し、動脈マッサージの効果を検証しました。
 血圧が高めな参加者20人に協力してもらい、約3週間、毎日15分の動脈マッサージをするようしたところ、動脈マッサージをしたグループは、していないグループに比べて、平均8・6㎜Hgも下がっていることがわかったのです。

 実際に、私が知る患者さんの中には、血圧が下がって降圧剤(血圧を下げる薬)が不要になったり、糖尿病が改善したり、腰痛やひざ痛が治ったりしている人が数多くいらっしゃいます。
 また近年では、そけい部や下肢(足)への動脈マッサージが不妊症に効果がある、ということがわかってきました。

 下肢の血流は、骨盤内の外腸骨動静脈という重要な血管とつながっていますが、その外腸骨動静脈は、赤ちゃんを産むための大切な臓器である、卵巣に接しています。
 動脈マッサージを行うことで骨盤内の血流量が増え、適切な体温に保たれた卵巣は、その機能を正常化させていくのです。

 いつでも、どこでも、誰にでも簡単にできる動脈マッサージ。いつまでも若々しく、健康でいられるための老化予防法です。ぜひとも、毎日の習慣にしてください。

井上正康
1945年生まれ。1974年、岡山大学大学院(病理学)終了。米国アルバード アインシュタイン医科大学客員準教授(内科学)、熊本大学医学部助教授(生化学)、米国タフト大学医学部客員教授(分子生理学)、大阪市立大学医学部教授を経て、2011年より現職。健康科学研究所所長。著書に『活性酸素と医食同源』(共立出版)、『血管ほぐし健康法』(角川SSC)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)


下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )