【下肢静脈瘤とは?】足の血管がボコッと浮き出る病気 初期症状は?何科に行けばよい?

【下肢静脈瘤とは?】足の血管がボコッと浮き出る病気 初期症状は?何科に行けばよい?

下肢静脈瘤とは、足の静脈が浮き出て、ふくらはぎ、ひざ裏、すねなどにこぶ状のものがボコボコとできる、足の血管の病気です。下肢静脈瘤を専門に治療する私のクリニックでは、セルフケアとしてゴキブリ体操を勧めることがあります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長・東京医科歯科大学血管外科講師)


軽度から中度の患者さんにお勧め

 あおむけに寝て、手足を上げてブラブラと揺する「ゴキブリ体操」は、自分で手軽に下肢(足)の血流をよくできる体操です。下肢静脈瘤を専門に治療する私のクリニックでも、患者さんに勧めることがあります。

 下肢静脈瘤とは、足の静脈が浮き出て、ふくらはぎ、ひざ裏、すねなどにこぶ状のものがボコボコとできる、足の血管の病気です。

 下肢静脈瘤の治療は、①静脈に硬化剤を注射する硬化療法、②静脈をワイヤーを使って引き抜くストリッピング手術などの手術療法、③レーザーで静脈を中から焼いて塞ぐ血管内治療、④生活習慣の改善や体操、弾性ストッキングの使用といった保存的治療、の四つです。

 ゴキブリ体操は、保存的治療に含まれるものです。特に、むくみの症状が出ている、軽度から中度の下肢静脈瘤の患者さんに勧めるようにしています。
 それにしても、このユニークな名前の体操が、なぜ下肢静脈瘤の保存的治療になるのか。その理由を、順を追って説明しましょう。

静脈血がスムーズに心臓へ戻るようになる

 下肢静脈瘤が足の血管の病気だということは前述しました。
 足の血管には、心臓から足に血液を送る動脈と、全身を巡って使い終わった血液を心臓に戻す静脈があります。
 足の静脈は、就寝中以外のほとんどの時間を、重力に逆らって上向きに流れています。
 その流れを逆流させないために、足の付け根のそけい部に
は、逆流を防ぐ弁がついているのです。

 残念なことに、遺伝や体質によって、この弁の強度がもともと弱い人がいて、そこに長時間の立ち仕事が続いたり、運動不足によって足の筋肉量が落ちたり、妊娠や出産を経験したりすることで、もろかった弁が壊れて機能しなくなります。
 すると、それまで弁によって上向きに流れていた静脈の血液が、下向きに逆流。足の随所に血液がうっ滞し、静脈が膨れてしまいます。膨らんで、それがこぶ状になると、特に女性の場合は、足の見た目がとても気になるわけです。

 一つ、誤解しないでいただきたいのは、この静脈瘤がほかの血管障害に波及したり、歩けないといった運動障害にまで進行したりすることはありません。

 ただ、心臓に戻れない血液が足にたまることで、強い不快症状が出ることがあります。
 足が重くなる、だるくなる、熱感が出る、就寝中に足がつるといった症状のほか、足の血流障害から、皮膚炎や湿疹などを起こし、かゆみを感じることもあるのです。
 ゴキブリ体操は、このような症状を改善に導きます。

 あおむけに寝て足を上げることで、足が心臓より高い位置になります。静脈がスムーズに流れるようになり、心臓への血液の戻りがよくなるのです。
 その状態のまま、天井に向かって上げた手足を小刻みに揺らすことで、その刺激が末梢の毛細血管の負担を減らし、心臓への血液の戻りをよりよくするのです。

 午後から、夜の就寝前までの時間は、足が最もむくみやすい時間帯です。この時間帯にゴキブリ体操を行うことで、下肢静脈瘤の症状の解消につながります。
 もちろん、ゴキブリ体操は、下肢静脈瘤の予防にも効果的でしょう。今はまだ症状が出ていなくても、加齢や生活習慣によって、いつ症状が現れるかわかりません。予備軍には、ぜひゴキブリ体操をお勧めします。

 そして、このゴキブリ体操は、下肢静脈瘤以外の「足のむくみ全般」の解消にも効果を発揮します。最近では、足に滞った血流を促し、むくみを改善する市販薬も販売されています。
 何年間も、人知れず、下肢静脈瘤や足のむくみに悩んできた人は多いはず、ぜひ、このゴキブリ体操をその改善に役立ててください。

→ゴキブリ体操のやり方はコチラ

広川雅之
1987年、高知医科大学卒業後、同大学第二外科入局。以降、ジョーンズホプキンス大学医学部、東京医科歯科大学血管外科助手を経て、2005年より現職。静脈の病気を専門とし、内視鏡的筋膜下穿通枝切離術(1999年)、日帰りストリッピング手術(2000年)、血管内レーザー治療(2002年)など、下肢静脈瘤の新しい治療法の研究・開発を行っている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【顎がカクカク】顔のゆがみの原因は体軸のズレ?タオルで矯正すれば顎関節症が改善、むくみも解消する

【顎がカクカク】顔のゆがみの原因は体軸のズレ?タオルで矯正すれば顎関節症が改善、むくみも解消する

「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)


乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)


【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

平日は入浴後の夜寝る前、休日は日中にテレビを見ながら、足の爪をもみました。もみ方は、足の爪の生え際を、手の親指と人さし指で押さえて、ギュッ、ギュッとやや強めに押します。うれしいことに、この足の爪もみを習慣にしてから、1ヵ月もしないうちに、足はほとんどむくまなくなりました。【体験談】斎藤晃子(仮名・会社員・58歳)


【下肢静脈瘤の食事療法】実は便秘が大敵? 予防、改善、再発防止に効果的な栄養素と食品

【下肢静脈瘤の食事療法】実は便秘が大敵? 予防、改善、再発防止に効果的な栄養素と食品

下肢静脈瘤は、ひどくなったら足を切断しなくてはならないなど、誤解もしばしばある病気ですが、下肢静脈瘤は、適切な治療で治る病気です。さらに軽度の下肢静脈瘤であれば、生活習慣の改善とセルフケアで症状を軽くしたり進行を食い止めたりすることは十分に可能です。【解説】阿保義久(北青山Dクリニック院長)


【自律神経を整える方法】“おでこ”を冷やすと血流アップ 肌の老化も予防する

【自律神経を整える方法】“おでこ”を冷やすと血流アップ 肌の老化も予防する

「おでこを冷やす健康法」と聞いて、みなさんはどう思いますか? おそらくほとんどの人は「それは、熱を下げる方法では?」と考えるでしょう。しかし、氷嚢でおでこを冷やすと、みなさんが思ってもいないような健康効果が得られるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)