MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師解説】「ひざの裏」を押すと脊柱管狭窄症に効果がある

【医師解説】「ひざの裏」を押すと脊柱管狭窄症に効果がある

全身の痛みの中で、最も発生頻度が高いのは、やはり腰痛ではないでしょうか。中高年者に限っていえば、腰痛を全く経験したことがない人は、まずいないと思います。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)

解説者のプロフィール

班目健夫
1954年、山形県生まれ。岩手医科大学大学院にて、医学博士号取得。日本自律神経免疫治療研究会理事。現在、青山・まだらめクリニック自律神経免疫治療研究所院長。著書に、『「湯たんぽを使う」と美人になる』(マキノ出版)などがある。

ひざの裏をほぐすと腰が急速に緩む

 全身の痛みの中で、最も発生頻度が高いのは、やはり腰痛ではないでしょうか。中高年者に限っていえば、腰痛を全く経験したことがない人は、まずいないと思います。

 その腰痛の発生原因として、近年、注目されているのが脊柱管狭窄症です。背骨の中には神経が走っています。脊柱管狭窄症の患者さんは、その神経の通路となる管が狭くなっています。腰が痛くなったり、足がしびれたりするのも、脊柱管の狭窄により神経が圧迫されるためといわれています。

 しかし、たとえ脊柱管が狭くなっても、周囲の筋肉をほぐせば、腰痛や足のしびれなどの症状は楽になります。たびたび休まないと歩けなかった人も、コリがほぐれれば、また歩けるようになるのです。
 ただし、腰痛の人の中でも、とりわけ脊柱管狭窄症の患者さんの腰は、筋肉のコリが顕著です。そのガチガチの筋肉を直接ほぐしていくのは、容易な作業ではありません。針治療に温熱刺激や通電刺激を加えても、全く歯がたたないケースが少なくないのです。

 しかし、ひざの裏を治療すれば、その頑固なコリも自然にほぐれます。ひざの裏のコリがほぐれると同時に、腰の筋肉も緩みだし、痛みが楽になるのです。
 症例を紹介しましょう。

症例報告

 Kさん(60代・女性)の腰痛は、主訴とするうつ病が完治しかけたころに始まりました。その後、症状は急速に悪化し、整形外科で脊柱管狭窄症との診断を受けたのです。
 その際、「手術で治癒する確率は50%」といわれたらしく、「何をやってもいいから、とにかく歩けるようにしてほしい」と、私は懇願されました。
 そこで、まずは腰の治療を試みましたが、コリは思うようにほぐれていきません。しかし、触診によって太ももの裏側にもひどいコリが認められたため、ひざの裏の治療を加えると、腰の筋肉も急速に緩み、痛みやしびれも改善。おかげで、手術も回避することができました。
 同じく、整形外科で脊柱管狭窄症と診断されていたОさん(52歳・男性)にも、ひざの裏治療が著効を発揮しました。

 Оさんは、胃ガンの再発転移予防で通院されていました。あるとき、「腰がおかしい」と訴えられ、触診した結果、腰とともに左のひざの裏に著明なコリを確認。その左ひざを狙って治療をしたところ、その場で腰痛も楽になりました。
 こうして、ひざの裏の治療の効果を認めたОさんは、以後、自分でも毎日、ひざの裏の治療を行い、現在は痛みのない良好な体調を維持しています。

 ちなみに、ひざの裏を使った腰痛治療は、東洋医学では経絡治療に属します。経絡とは、全身に張り巡らされた、気(生命エネルギー)の流れるルートです。腰とひざの裏は同じ膀胱経の支配を受けているため、ひざの裏の治療で腰痛が改善される可能性が高いのです。

足の血流がよくなり想像以上の治療効果

 また、脊柱管狭窄症では、腰だけでなく、お尻や太ももの筋肉もこっているのが普通です。ひざの裏は、その太もも後面の筋肉とふくらはぎの筋肉の付着部に相当します。
 筋肉は、柔軟に伸び縮みしますが、その付着部は収縮性のない腱線維でできた、血流の停滞しやすい部位です。つまり、ひざの裏は、腰と経絡でつながるうえ、太ももの血流を左右する部位と考えられます。そんな発想から刺激してみたところ、想像以上の治療効果が確認されたというわけです。

 加えて、自分でできるのも、ひざの裏の治療の大きなメリットといえるでしょう。
 皆さんは腰痛がつらいとき、「自分で自分の腰がもめたら、どんなにいいだろう」と思ったことはありませんか?
 私は、いつもそう思います。どこがこっているかは、自分がいちばんよくわかるからです。

 しかし、ひざの裏なら自分の手が届きます。範囲も狭いので、ポイントを外すこともまずありません。
 筋肉の付着部は、ひざのお皿の真裏で、ほぼ左右中央にあります。まずはひざの裏のコリコリとした部分や、強い痛みやしこりを感じる場所を探してください。そこが治療のポイントです。左右の足で異常の現れ方が異なる場合もあるので、必ず両足を探って調べましょう。

 治療ポイントを確認したら、下の写真の要領で刺激し、コリをほぐしていきます。いつやってもかまいませんが、お勧めは入浴時です。湯ぶねの中で全身を温めながら行うと、温熱刺激との相乗作用で、より腰の筋肉もほぐれやすくなります。

 どこが悪いかわからない場合や、指での刺激でじゅうぶんな効果が得られない場合は、ひざの裏に使い捨てカイロ(小)を貼って、継続的に温熱刺激を与えていくのもよい方法です。
 日中にズボンの上から貼り、熱くなったら外すようにすれば、低温ヤケドの心配もないでしょう。夜にカイロを用いる場合はズボン下を着用する、あるいはひざにタオルを巻いたうえで、パジャマの上から貼ってください。

ひざの裏押しのやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-04-05 10:09:41
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
八木先生は「ダマされたと思って、しばらく続けてみて」と笑顔でおっしゃいました。すると、1週間も経ったころです。冷えていた太ももとひざの裏が温かくなってきました。血流が戻ってきた感じです。その後もまじめに続けたところ、3ヵ月後にはすっかりしびれが消えました。【体験談】守田浩樹(仮名・介護福祉士・28歳)
更新: 2019-03-07 18:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt