瞬時に体温を上げるスーパーレシピ「カレースープ」で背骨も筋肉も強化できる

瞬時に体温を上げるスーパーレシピ「カレースープ」で背骨も筋肉も強化できる

加齢によって背骨がもろくなると、脊髄の神経を包囲している脊柱管が狭まってきて、脊柱管狭窄症を引き起こしやすくなります。脊柱管狭窄症になると、神経が圧迫されて、しだいにうっ血状態を起こし、脊髄につながっている血流の悪化を招くことから、痛みやしびれが現れてくるのです。【解説】丁 宗鐡(日本薬科大学学長・医学博士)


瞬時に体温が上がり長時間温まる!

 加齢によって背骨がもろくなると、脊髄の神経を包囲している脊柱管が狭まってきて、脊柱管狭窄症を引き起こしやすくなります。脊柱管狭窄症になると、神経が圧迫されて、しだいにうっ血状態を起こし、脊髄につながっている血流の悪化を招くことから、痛みやしびれが現れてくるのです。

 また、脊柱管狭窄症は、筋肉が衰えた人も陥りやすい症状です。なぜなら、筋肉が少なくなれば、当然ながら血流が不足してくるからです。

 さらに、脊柱管狭窄症には肥満も禁物です。体が重くなると腰への負担が大きくなり、腰部脊柱管狭窄症を起こしやすくなります。
 したがって、脊柱管狭窄症を予防・改善するためには、長期的な観点からいえば、血流を改善し、骨や筋肉を強化することが必要です。また、短期的に注意するべきなのは、肥満を防止するということです。

 まず、血流の改善ですが、全身をしっかりと温めて、体の深部温度を高めるということが大切です。深部温度が高まれば、血液の循環がよくなりますし、代謝がアップして肥満防止にもつながります。
 そこで、ぜひともお勧めしたいのが「カレースープ」です。

 カレーには、血行をよくし、新陳代謝を高める作用のあるスパイスが豊富に含まれています。そのため、カレーを食べると瞬時に体温が上がり、長時間にわたって体を温めてくれるのです。

 特に、このカレースープは、朝食時にとるといいでしょう。朝は、1日の始まりですから、代謝を上げるなら朝が最も効果的です。スパイスで体が温まれば、朝から心身が活動的になり、やる気もわいてくるでしょう。

 そして、朝から代謝が活発になれば、体内の細胞の働きが高まり、胃腸や肌の調子を整えて、免疫力を向上させる効果も期待できます。

 カレースープの作り方は、実にシンプルです。魚や肉、野菜など、好みの具材をゴマ油などで炒めて、水を加えてコンソメスープや塩・コショウで味を調えるだけです。基本的には、みそ汁を作る要領でかまいません。みそを入れる代わりに、カレー粉を入れれば簡単に作ることができます。

松前漬やイカの塩辛はカルシウムが豊富

 さて、カレースープのほかにも、お勧めの食材があります。 脊柱管狭窄症を防ぎ治すため、体を温めるうえで役立つのは、紅茶などのお茶を飲むこと。シナモン、ガラムマサラ、ショウガなどの香辛料を入れるのもよい方法です。

 また、骨や筋肉の強化に役立つ食品としては、ビタミン類がバランスよく含まれているものがベストです。そういう意味でお勧めなのが、発酵食品です。
 発酵食品にはいろいろありますが、代表的なものが漬物です。漬物といえば、野菜が材料のものを思い浮かべるでしょうが、脊柱管狭窄症の改善のためには、「動物性の漬物」を食べるといいでしょう。これは、骨と筋肉を丈夫にするカルシウムが豊富だからです。

 日本には、動物性の漬物がいろいろあります。松前漬けやイカの塩辛も伝統的な漬物です。また、肉をみそ漬けにしたり、魚を粕漬けにしたりするのもポピュラーな食べ方です。こうした動物性の漬物を積極的にとりましょう。
 ただし、これらの食品の難点は塩分が多いことです。そこで、塩抜きをして食べたり、薄味の野菜の漬物と混ぜたりするなどの工夫をしてください。

 さて、骨を丈夫にするには、ビタミンDも不可欠です。
 ビタミンDを多く含む食品としては、シラス、サケ、イワシ、ウナギ、ニシンなどの魚類や、キクラゲ、シイタケなどのキノコ類が挙げられます。
 以上に紹介した食品を、日常の食生活に取り入れて、予防や改善に役立ててください。

丁 宗鐡
1947年、東京都生まれ。横浜市立大学医学部卒。医学博士。現在、漢方相談百済診療所院長。北里研究所東洋医学総合研究所基礎研究部部長を経て、日本薬科大学学長。日本東洋医学会専門医・指導医、東亜医学協会理事、日本未病システム学会理事。『「カレーを食べる」と病気はよくなる』(マキノ出版)ほか、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

アルカリ性食品のゴボウは食物繊維が豊富で、体に不要なものの排泄を促してくれます。デトックス効果を体感しやすいため、野菜や玄米を中心とした食事を指導している私の教室「ミレット・スタイル」でも最初に教える料理としてゴボウを使っています。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

お尻の周辺にトリガーポイントがある場合は、腰痛、ギックリ腰、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛などと診断されるような痛みやしびれが起こることが多いでしょう。肩甲骨の周辺の筋肉にトリガーポイントがある場合は、首の痛み、肩こり、頭痛、手のしびれが現れます。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )