MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【脂肪肝の治し方】NASH(ナッシュ)を食事療法で治す 肝臓ガンや肝硬変を予防

【脂肪肝の治し方】NASH(ナッシュ)を食事療法で治す 肝臓ガンや肝硬変を予防

脂肪肝について、どんなイメージを持っていますか?「肝臓に脂肪がつきすぎているだけで、命に関わることはない」と軽く思っていないでしょうか。ところが最近の研究で、肝硬変や肝臓がんに進行する新型の脂肪肝(NASH)が増加していることが分かってきました。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)

酒を飲まないのになる新タイプの脂肪肝が増加

 脂肪肝について、皆さんはどんなイメージを持っているでしょうか。
「肝臓に脂肪がつきすぎているだけで、命に関わることはない」と軽く思っていないでしょうか。

 ところが最近の研究で、脂肪肝の中に、肝硬変や肝臓がんに進行する怖いタイプの脂肪肝が存在することがわかりました。その多くは、アルコールが原因ではない脂肪肝です。

 脂肪肝は、肝臓の細胞の10%以上の細胞に、脂肪滴(脂肪のかたまり)がついた状態です。従来はおもにアルコールが原因だと考えられていました。しかし近年、非アルコール性脂肪肝(※1)という病気が増加していることがわかり、しかも、その患者数は1000万人にのぼると推定されています。
 非アルコール性脂肪肝と診断されても、ほとんどは大事には至らずに一生を終える単純性脂肪肝です。しかし、1〜2割は、炎症や線維化(細胞が増殖すること)をともなう、非アルコール性脂肪肝炎(NASH・ナッシュ)と呼ばれる肝炎です。
 ナッシュが怖いのは、5割が進行性で、そのうちの2〜3割は、約10年で肝硬変や肝臓がんに進行していくという点です。

 これまで、肝臓がんや肝硬変に進行するのは、B型肝炎やC型肝炎のようなウイルス性肝炎だと思われていました。
 しかし、非ウイルス性肝炎でも肝臓がんになり、その死亡者数は年々増加しています。
今では、B型ウイルス性肝炎の肝臓がん死亡者数を上回るほどです。

 酒を飲まなくてもなる脂肪肝の原因は、生活習慣病です。肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症といった要因が1つでもあると、脂肪肝になりやすくなります。2つ、3つと重なれば、さらに危険です。

※1 非アルコール性脂肪肝
   非アルコール性とは、1日に日本酒換算で1合以下のアルコール摂取量の人の場合を指す。

脂肪肝を悪化させる3大要因

 こうした要因に、インスリン抵抗性(糖化)、酸化ストレス(酸化)、鉄の過剰摂取(鉄化)などが加わると、怖い脂肪肝になる可能性はさらに高くなります。
 インスリン抵抗性とは、血糖値の急激な上昇などからインスリンというホルモンの作用が悪くなり、血液中にインスリンが増えてしまう状態です。血液中にインスリンが多いと、中性脂肪が肝臓にたまりやすくなり、脂肪肝が悪化します。

 糖尿病だけでなく、高血圧、肥満、脂質異常症なども、インスリン抵抗性の関与が指摘されています。
 酸化ストレスは、活性酸素によって引き起こされます。活性酸素は遺伝子や細胞を傷つける毒性の強い酸素。これが増えると、肝細胞も障害を受けます。

 また、鉄は、昔から肝炎を悪化させる因子として知られていました。肝臓に過剰に鉄が蓄積されると、フェントン反応という現象が起き、強力な活性酸素が発生します。これが肝臓を傷つけて、肝炎を悪化させるのです。

 心配のない脂肪肝と怖い脂肪肝の境界線は紙一重です。
 今は心配なくても、脂肪肝の人が甘いものや肉を食べすぎたり、早食いや大食いをしていると、誰でも怖い脂肪肝になる可能性があります。

 反対に、すでに怖い脂肪肝になっていても、糖化、酸化、鉄化に気をつければ、心配のない脂肪肝に移行していきます。
 ナッシュと呼ばれる脂肪肝炎は、まだ診断法や治療法がじゅうぶんに確立されていません。ウイルス性肝炎なら、血液を調べればすぐに診断がつきますが、ナッシュにはそういう確定的な因子が何もないのです。脂肪肝のまま放置されやすく、気がついたときには肝硬変、肝臓がんになっていることも珍しくありません。

 しかも、糖尿病と合併すると、さらに恐ろしい事態が待っています。
 日本糖尿病学会の調査によると、糖尿病患者の死亡原因の1位は肝臓がんで、肝硬変症と合わせると17.5%にもなります。血糖値が高い人は、きわめて危険と言わざるを得ません。

野菜スープを常食して新型脂肪肝を予防!

治療の決め手のない脂肪肝の救世主

 薬物療法だけでは難しいナッシュの治療は、要因となっている糖尿病や高血圧、肥満などを治療しながら、糖化、酸化、鉄化を防ぐ生活習慣をすることに尽きます。

 その一環として私が勧めているのが、ファイトケミカルがたっぷり入った、手作りの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)です。スープには、野菜が持っている強力な抗酸化物質であるファイトケミカルが凝縮されています。これが肝臓を酸化ストレスから守ってくれるのです。

 また、食物繊維が豊富に溶け込んでいます。これが腸で糖質の吸収を抑え、血糖値の急激な上昇を防いでくれます。さらに食物繊維には、血圧やコレステロールを下げる作用もあるので、脂肪肝の要因であるメタボの改善に役立ちます。

 食事の改善としては、このスープを取るのに加えて、GI値(グリセミック指数/食後の血糖値の上昇速度を示す数値)の低い食品を取る、鉄分の多い食品は避けるなどの注意も必要です。
 当院にも、アルコールは飲まなくても脂肪肝と疑われる患者さんがたくさん来院されます。その患者さんたちが、このスープを中心とした食事療法で次々に改善していくのを見ると、スープのパワーは強力で、まさに救いの手に思えます。

解説者のプロフィール

髙橋 弘
 麻布医院院長、医学博士。ハーバード大学医学部内科元准教授。食事と病気の関係に着目してファイトケミカルの研究に情熱を注ぎ成果をあげている。

高橋弘著『ハーバード大学式「野菜スープ」で免疫力アップ! がんに負けない!』 (ファイトケミカルの「4つの力」でがんに徹底抗戦)

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)
更新: 2019-05-10 18:00:00
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で、従来から知られている5大栄養素にはない、抗酸化作用や抗がん作用、免疫の増強・調整作用があります。ファイトケミカルは野菜スープにすることによって、有効成分をムダなく摂取することがでます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)
更新: 2019-05-15 10:04:46
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt