【脂肪肝の治し方】NASH(ナッシュ)を食事療法で治す 肝臓ガンや肝硬変になるリスク

【脂肪肝の治し方】NASH(ナッシュ)を食事療法で治す 肝臓ガンや肝硬変になるリスク

脂肪肝について、どんなイメージを持っていますか?「肝臓に脂肪がつきすぎているだけで、命に関わることはない」と軽く思っていないでしょうか。ところが最近の研究で、肝硬変や肝臓がんに進行する新型の脂肪肝(NASH)が増加していることが分かってきました。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


酒を飲まないのになる新タイプの脂肪肝が増加

 脂肪肝について、皆さんはどんなイメージを持っているでしょうか。
「肝臓に脂肪がつきすぎているだけで、命に関わることはない」と軽く思っていないでしょうか。

 ところが最近の研究で、脂肪肝の中に、肝硬変や肝臓がんに進行する怖いタイプの脂肪肝が存在することがわかりました。その多くは、アルコールが原因ではない脂肪肝です。

 脂肪肝は、肝臓の細胞の10%以上の細胞に、脂肪滴(脂肪のかたまり)がついた状態です。従来はおもにアルコールが原因だと考えられていました。しかし近年、非アルコール性脂肪肝(※1)という病気が増加していることがわかり、しかも、その患者数は1000万人にのぼると推定されています。
 非アルコール性脂肪肝と診断されても、ほとんどは大事には至らずに一生を終える単純性脂肪肝です。しかし、1〜2割は、炎症や線維化(細胞が増殖すること)をともなう、非アルコール性脂肪肝炎(NASH・ナッシュ)と呼ばれる肝炎です。
 ナッシュが怖いのは、5割が進行性で、そのうちの2〜3割は、約10年で肝硬変や肝臓がんに進行していくという点です。

 これまで、肝臓がんや肝硬変に進行するのは、B型肝炎やC型肝炎のようなウイルス性肝炎だと思われていました。
 しかし、非ウイルス性肝炎でも肝臓がんになり、その死亡者数は年々増加しています。
今では、B型ウイルス性肝炎の肝臓がん死亡者数を上回るほどです。

 酒を飲まなくてもなる脂肪肝の原因は、生活習慣病です。肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症といった要因が1つでもあると、脂肪肝になりやすくなります。2つ、3つと重なれば、さらに危険です。

※1 非アルコール性脂肪肝
   非アルコール性とは、1日に日本酒換算で1合以下のアルコール摂取量の人の場合を指す。

脂肪肝を悪化させる3大要因

 こうした要因に、インスリン抵抗性(糖化)、酸化ストレス(酸化)、鉄の過剰摂取(鉄化)などが加わると、怖い脂肪肝になる可能性はさらに高くなります。
 インスリン抵抗性とは、血糖値の急激な上昇などからインスリンというホルモンの作用が悪くなり、血液中にインスリンが増えてしまう状態です。血液中にインスリンが多いと、中性脂肪が肝臓にたまりやすくなり、脂肪肝が悪化します。

 糖尿病だけでなく、高血圧、肥満、脂質異常症なども、インスリン抵抗性の関与が指摘されています。
 酸化ストレスは、活性酸素によって引き起こされます。活性酸素は遺伝子や細胞を傷つける毒性の強い酸素。これが増えると、肝細胞も障害を受けます。

 また、鉄は、昔から肝炎を悪化させる因子として知られていました。肝臓に過剰に鉄が蓄積されると、フェントン反応という現象が起き、強力な活性酸素が発生します。これが肝臓を傷つけて、肝炎を悪化させるのです。

 心配のない脂肪肝と怖い脂肪肝の境界線は紙一重です。
 今は心配なくても、脂肪肝の人が甘いものや肉を食べすぎたり、早食いや大食いをしていると、誰でも怖い脂肪肝になる可能性があります。

 反対に、すでに怖い脂肪肝になっていても、糖化、酸化、鉄化に気をつければ、心配のない脂肪肝に移行していきます。
 ナッシュと呼ばれる脂肪肝炎は、まだ診断法や治療法がじゅうぶんに確立されていません。ウイルス性肝炎なら、血液を調べればすぐに診断がつきますが、ナッシュにはそういう確定的な因子が何もないのです。脂肪肝のまま放置されやすく、気がついたときには肝硬変、肝臓がんになっていることも珍しくありません。

 しかも、糖尿病と合併すると、さらに恐ろしい事態が待っています。
 日本糖尿病学会の調査によると、糖尿病患者の死亡原因の1位は肝臓がんで、肝硬変症と合わせると17.5%にもなります。血糖値が高い人は、きわめて危険と言わざるを得ません。

野菜スープを常食して新型脂肪肝を予防!

治療の決め手のない脂肪肝の救世主

 薬物療法だけでは難しいナッシュの治療は、要因となっている糖尿病や高血圧、肥満などを治療しながら、糖化、酸化、鉄化を防ぐ生活習慣をすることに尽きます。

 その一環として私が勧めているのが、ファイトケミカルがたっぷり入った、手作りの
野菜スープ(ファイトケミカルスープ)です。スープには、野菜が持っている強力な抗酸化物質であるファイトケミカルが凝縮されています。これが肝臓を酸化ストレスから守ってくれるのです。

 また、食物繊維が豊富に溶け込んでいます。これが腸で糖質の吸収を抑え、血糖値の急激な上昇を防いでくれます。さらに食物繊維には、血圧やコレステロールを下げる作用もあるので、脂肪肝の要因であるメタボの改善に役立ちます。

 食事の改善としては、このスープを取るのに加えて、GI値(グリセミック指数/食後の血糖値の上昇速度を示す数値)の低い食品を取る、鉄分の多い食品は避けるなどの注意も必要です。
 当院にも、アルコールは飲まなくても脂肪肝と疑われる患者さんがたくさん来院されます。その患者さんたちが、このスープを中心とした食事療法で次々に改善していくのを見ると、スープのパワーは強力で、まさに救いの手に思えます。

高橋弘著『ハーバード大学式「野菜スープ」で免疫力アップ! がんに負けない!』 (ファイトケミカルの「4つの力」でがんに徹底抗戦)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【肝臓病予防】には食生活の改善が重要!酸化・ 糖化・鉄化を防ぐ「野菜スープ」がよい

【肝臓病予防】には食生活の改善が重要!酸化・ 糖化・鉄化を防ぐ「野菜スープ」がよい

肝臓病の予防や進行阻止、改善には、なんといっても食生活が重要です。そのポイントは、「体の酸化・糖化・鉄化を防ぐ」ということです。そこで、酸化対策として、食事でファイトケミカルを上手にとることが大切です。活性酸素を除去する「抗酸化作用」を持っています。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【不整脈が改善】300のコレステロール値が下がった 秘密は「野菜スープ」

【不整脈が改善】300のコレステロール値が下がった 秘密は「野菜スープ」

今回ご紹介するのは「くず野菜スープ」です。「野菜のくず」を生ごみに出しているかたが多いのではないでしょうか。しかし、これらは「くず」ではなく、実際は体に有用な成分の宝庫です。紫外線やウイルス、細菌などから身を守るファイトケミカルは野菜の外側にこそ多くあるのです。【解説】佐古田三郎(刀根山病院院長・大阪大学名誉教授)


【食事療法】がんがきっかけの「野菜スープ」 続けられるのは美味しいから

【食事療法】がんがきっかけの「野菜スープ」 続けられるのは美味しいから

この野菜スープをとり始めてから3カ月ほどたつころ、いつもお世話になっているメイクさんから「肌の透明度が上がりましたね」と言われました。そのかたがおっしゃるには、皮膚のすぐ下に流れている血液が、サラサラできれいに流れていると肌の透明度が上がるそうです。【解説】岸本葉子(エッセイスト)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)