医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【なぜ?】免疫は「ととのえる」ことが重要で 上がり過ぎてはいけない

【なぜ?】免疫は「ととのえる」ことが重要で 上がり過ぎてはいけない

免疫とは、「自分と自分でないものを見分け、自分ではないもの(病原体や毒素など)を排除して、自らの健康を守るシステム」のことです。これを一方的に高めると、逆にバランスを崩してしまいます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教授)


マクガバンレポートでのハーバード大学の功績

 1977年に米国で発表された「マクガバンレポート」は、アメリカのみならず、全世界に大きな衝撃を与えました。誤った食事や栄養の取り方によって病気が起こることがわかり、病気にならないための食生活の指針が、このレポートで初めて示されたのです。

 発表後、アメリカでは食事を通じて病気を予防する研究や取り組みが盛んになりました。病気を治療ではなく、予防を重視した対策へと方向転換が図られるようになったのです。
 当時、このレポートの作成にハーバード大学も深く関わっており、ハーバード大学公衆衛生大学院栄養学教室のマーク・ヘグステッド教授は、その中心メンバーでした。

 1980年代に、ハーバード大学に留学し、がんと免疫の研究に取り組む私にとって、このマクガバンレポートや、その後の「デザイナーフーズ計画」はとても刺激的で、日頃食べている食品と免疫との間にどのような関係があるのか、強い関心を持つようになりました。
 そして25年にわたってハーバード大学などで研究し、「免疫栄養学」という新しい分野を打ち立てました。ファイトケミカルの研究も、その一環として行ってきたものです。

免疫は下がりすぎても上がりすぎてもダメ

 ところで、免疫とはなんでしょうか。免疫という言葉が今しきりに使われていますが、その意味を正確に答えられる人は、あまり多くないように思われます。

 例えば、「免疫を上げよう」「免疫を高めよう」とよく言います。しかし免疫の意味を考えると、この表現だけでは不じゅうぶんです。免疫は上げたり高めたりするだけではなく、整えることが重要だからです。

 免疫とは、「自分と自分でないものを見分け、自分ではないもの(病原体や毒素など)を排除して、自らの健康を守るシステム」のことです。これを一方的に高めると、逆にバランスを崩してしまいます。
 免疫のシステムは、体中にはりめぐらされています。
 例えば、その一つが、外からの侵入者を見回る「パトロール隊」。このパトロール隊の役割をするのがNK細胞(ナチュラルキラー細胞)やマクロファージ(貪食細胞)、好中球、好酸球と呼ばれている免疫細胞です。
 さらに手強い敵には、もっと強力な武器を持つ「機動隊」とも言うべき細胞軍団が対処します。この機動隊は、細胞傷害性Tリンパ球と呼ばれています。

 免疫はこのように、二段構えの連携プレーで、敵に攻撃を仕掛けるしくみになっています。
 しかし、なんらかの理由でそのシステムがバランスを崩すようになると、自分ではないものに過剰に反応したり、本来は攻撃してはいけない自分に対して攻撃したりするようになります。前者の代表が花粉症であり、後者の代表が関節リウマチのような自己免疫疾患です。
 免疫を上げるだけでは、バランスは崩れる一方です。上げるだけではなく、バランスを整えるほうがもっと重要なのです。

野菜スープはバランスが非常にいい

 そういう観点から食品と免疫の関係を調べると、人間の免疫システムに関わる食品の多くが、上図のような3つの「力」に集約されることがわかりました。
 免疫細胞をつくったり、免疫機能全体を守り正常に機能するよう維持するのが、①の「免疫システムを守る」です。「免疫を高める」というのは、②にあるような「免疫の攻撃力を強める」です。しかし、攻撃力が強くなりすぎると炎症が起こります。
 炎症は胃炎や肝炎、アトピー性皮膚炎などの炎症性疾患を引き起こすだけでなく、がんの誘因になると言われています。ですから、攻撃一辺倒ではダメなのです。

 攻撃力が度を過ぎないように抑えるのが、③の「アレルギーや炎症を抑える」です。これによって過剰になった免疫を下げたり、がんの誘因になる炎症を抑えたりして、免疫のバランスを整えます。

 では、食事で免疫を整えるにはどうしたらいいのでしょうか。それは、3つの力を持つ食材をバランスよく食べることです。そういう視点で見ると、4つの野菜で作る野菜スープ(ファイトケミカルスープ)は、非常にバランスがよいのです。

 ニンジンに含まれるβ-カロテンは、抗酸化作用があり、免疫細胞を活性酸素から守ります。また、β-カロテンは、病原菌やがん細胞と闘うNK細胞、マクロファージ、T細胞を活性化します。さらに、体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜などの免疫バリアを健康に保つ働きもあります。
 タマネギには、皮の黄色い部分にケルセチンと呼ばれるファイトケミカルが含まれます。ケルセチンには、炎症を起こす原因であるプロスタグランディンの産生を抑制して炎症を抑える働きや、IgEなどの抗体の産生を抑制してアレルギー反応を抑える働きなどがあります。
 キャベツに含まれるグルコシノレートは、イソチオシアネートに変化し、抗酸化作用で免疫細胞を活性酸素から守ります。
 カボチャのβ-カロテンも、病原菌やがん細胞と闘うNK細胞、マクロファージ、T細胞を活性化する働きがあります。また、カボチャにはビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用を持つビタミンが豊富に含まれ、β-カロテンとの相乗作用で免疫細胞を活性酸素から守ります。

 一方、基本のスープに付加価値をつけることもできます。先ほどの3つの力の中で、特定の力を強く発揮する食品があります。
例えば、①の「免疫システムを守る」ならノリやターメリック、②の「攻撃力を強める」はシイタケやコンブ、③の「アレルギーや炎症を抑える」はピーマン、トマトなどです。

 基本のスープに、これらの食品を加えると、特定の症状や病気を予防したり改善したりできます。
がんの予防なら、攻撃力の強いシイタケ、インフルエンザなら抗ウイルス作用のあるショウガ、アトピー性皮膚炎なら抗アレルギー作用のあるピーマン、という具合です。
 免疫栄養学の研究は、まだ緒についたばかりです。これから研究が進めば、ファイトケミカルの可能性はさらに広がるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


ビタミンDの驚きの健康効果!高血圧改善に免疫力の調整や筋肉増強など 

ビタミンDの驚きの健康効果!高血圧改善に免疫力の調整や筋肉増強など 

ビタミンDというと骨の健康にいい、日光浴すると体内で合成できるビタミンというイメージぐらいで、あまり注目されて来なかった。ところが健康維持にとってうれしい報告や研究が多くなっている。免疫力の調整や強化、筋肉増強、多くの疾病リスクを下げる可能性が示唆されているという驚きの内容だ。【構成】ケンカツ!編集部


野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜を最初にたっぷり食べるとおなかが満たされ、最後のほうで1膳のご飯を食べる頃には満腹です。たっぷり野菜を食べるとおなかが空かず間食をしなくなり、お通じは日に3回もあります。おかげで体重は54kgから51kg(身長156cm)に減り、おなかがへこみました。【体験談】山岡黎子(主婦・78歳)


【がん免疫療法とは】保険適用が承認「オプジーボ」 どんながんに適用される?

【がん免疫療法とは】保険適用が承認「オプジーボ」 どんながんに適用される?

現在、国内で承認されている免疫療法はまだ一部のがん対象に限られていますが、近い将来、さらに多くのがんへの適応が予定されています。ことに、従来の治療だけでは治らなかった進行がんを食い止め、生存率を上げる効果が期待されています。【解説】角田卓也(昭和大学医学部腫瘍内科主任教授)、【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)


「バレリーナの姿勢」で免疫力アップ! 正しい深い呼吸法で気分も明るくなれる

「バレリーナの姿勢」で免疫力アップ! 正しい深い呼吸法で気分も明るくなれる

肺をしっかり使わないと、呼吸をするときに使う筋肉、肺胞などが衰えて、萎縮していきます。「長生き」は「長息」につながり、ゆったりした深い呼吸をしている人は長生きです。反対に、「生き急ぐ(息急ぐ)」という言葉があるように、息が短い(浅い)人は、長生きできないといわれます。【解説】松本有記(松本有記クリニック院長)


最新の投稿


なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

関口先生とは、日ごろから治療に関する情報交換をしているのですが、「手首押しには、脳に働きかけて、こわばった筋肉を軟らかくほぐす効果があるのではないか。非常によい治療法だと思う」と話しました。以来、手首押しを、私の患者さんの治療にも応用しています。【体験談】橋本芳保(橋本接骨院院長・68歳)


スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

体の平衡感覚をつかさどっているのは、耳の内耳にある三半規管と脳の小脳です。首の不具合によって、バランスをとるこれらの器官への血流が悪化して、めまいが起こりやすくなります。姿勢をよくして前に突き出た頭を元に戻し、首への負担を減らせばいいのですが、これがなかなか難しいのです。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)


理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

枕が合わず寝ても首が緊張していると、肩や首のコリ、手や顔のしびれなどの症状が起こりやすくなります。また「熟睡できない」「夜中や早朝に目が覚める」など、さまざまな症状に悩まされるようになります。玄関マットとタオルを使うと医学的に見て最も理想的な睡眠姿勢が取れる枕を作ることができます。【解説】山田朱織(16号整形外科院長)