医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

家族の食卓をあずかる主婦にとって、毎日の食事作りはシンプルに済ませたいもの。2年ほど前から私のお助け料理になったのが、野菜スープ(ファイトケミカルスープ)。スープを飲むようになってから、カゼを引かなくなり、長引かなくなりました。80代の父と母も、高齢にもかかわらず元気です。【解説】藤本厚子(アツコアカデミー代表)


シンプルなスープはわが家の常備食

 家族の食卓をあずかる主婦にとって、毎日の食事作りはシンプルに済ませたいもの。2年ほど前から私のお助け料理になったのが、野菜スープ(ファイトケミカルスープ)です。

 私は「食の架け橋」という会で、生産者の顔が見える野菜や食材を紹介する、ボランティア活動をしています。会で主催した講演会に髙橋弘先生をお招きした際、先生が考案されたスープのお話を伺い、作るようになりました。
 このスープの魅力は、レシピがいたってシンプルなこと。キャベツ、タマネギ、ニンジン、カボチャなど、材料は1年じゅう手に入るものばかりです。しかも、野菜を切って30分ほど煮込むだけで、体に優しい栄養満点なスープが出来上がります。

 もともと、スープはわが家の常備食。20年以上、幼稚園の教員として働いてきた私にとって、帰宅してすぐに食卓に乗せられるスープは、とても便利な料理でした。
 定番は鶏を丸ごと煮るスープです。鶏をほぐせばサラダや煮物にアレンジできますし、スープもいろいろな料理に応用できるので、夕食作りがとにかく楽なのです。
 この鶏のスープ以上に魅力満載なのが、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープです。健康に役立つファイトケミカルと、食物繊維をどっさり取ることができるうえに、応用範囲も広く、冷凍保存ができます。
 私は1週間分、まとめて作って、楽をすることにしています。
 調味料を入れなくても、「お砂糖が入っている?」と言われるほど、野菜の濃厚な甘味が溶け出しています。

ファイトケミカルスープを作る藤本さん。
この日のスープには、基本の野菜のほかに、ブロッコリーの軸が入っていました

薄味志向になり塩の消費量が激減

 野菜そのものの味を楽しむようになって、味覚が変わったように思います。すっかり薄味志向になり、塩の消費量が激減し、小さな食卓塩のボトルで1年はゆうに持ちます。
 スープを飲むのは、朝食のときが多いのですが、遅い夕食をあっさり済ませたいときにも200㎖くらい飲みます。
 疲れたときなどは、お茶代わりにスープをがぶ飲みします。スープで体が温まってくると、すぐに疲れが取れて、活力をチャージすることができます。

 このスープのおかげで、体のコンディションも変わりました。鼻とのどが弱い私は、17年間、毎年クリスマスにカゼを引き、耳鼻科通いをしていました。
 ところが、このスープを飲むようになってから、カゼを引かなくなり、引いたとしても長引きません。以前はよくカゼを引くので、耳鼻科の先生からは、「あなたが来ないと、クリスマスが来た気がしない」と言われるくらいでした。

80代の両親もスープが大のお気に入り

 仕事が忙しく外食が多い夫や子どもたちにも、このスープを食べてもらいたいのですが、「体にいいから食べて」と勧めると、押しつけがましくなってしまいます。

 そこで、私は一計を案じました。「スープがあるから、飲まない?」と、夕食のときに、さりげなく出すようにするのです。家族のスープは塩コショウやコンソメなどで味つけをします。
 カレーにスープを入れたり、牛のすね肉を入れたりすることもあります。野菜をつぶさずに取っておき、みそ汁の具にするのも好評です。いかに飽きさせないで食べさせるかも、大事なポイントでしょう。

 ふだんの食事に、ちょこちょこ取り入れているので、みんな「またあのスープ」と気づかずに食べてしまいます。寒いときや疲れているときは、「お代わりある?」とリクエストされるので、家族もこのスープを気に入っているようです。
 80代の父と母も、このスープは大のお気に入りです。毎朝、欠かさず飲んでいるせいか、高齢にもかかわらず、2人とも「疲れた」と口にしたことはありません。ファイトケミカルたっぷりの野菜スープは、両親の元気の素になっています。

 健康とは、おいしいものを笑顔で食べられることではないでしょうか。体にいいとわかっていても、実行するのに手間がかかると続きません。手軽にできて、応用範囲が広いこのスープなら、ストレスはゼロ。気楽に続けることができます。髙橋先生にこのスープを教えていただいて、ほんとうにありがたいと思っています。

ファイトケミカルスープの作り方

ファイトケミカル・ポタージュの作り方

解説者のプロフィール

藤本厚子(ふじもと・あつこ) 
東京都生まれ。幼稚園教諭を経て、「食の安全と安心」をテーマに仲間とアツコアカデミーを立ち上げる。
産地の食材を使いプロの料理人が調理する食事会や、食の生産現場訪問、専門家を招いての講演会など「食の架け橋」として活動。
食材を選ぶ際には、生産地に赴いて自分たちで確認する”食の現地主義”をモットーとする。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜を最初にたっぷり食べるとおなかが満たされ、最後のほうで1膳のご飯を食べる頃には満腹です。たっぷり野菜を食べるとおなかが空かず間食をしなくなり、お通じは日に3回もあります。おかげで体重は54kgから51kg(身長156cm)に減り、おなかがへこみました。【体験談】山岡黎子(主婦・78歳)


野菜スープを飲んで周りが驚く透明美肌をゲット! 目尻のシミも消失

野菜スープを飲んで周りが驚く透明美肌をゲット! 目尻のシミも消失

スープを飲み始めて1カ月半ぐらいたった頃、昼ご飯を食べるためにマスクを外しました。すると、同僚に「肌ツヤがいい!透明感があってきれい。なにか肌にいいことやっているでしょ」と言われました。花粉症で肌のコンディションが最悪のときにほめられ、びっくりしました。【体験談】森由美子(会社員・41歳)


抗がん剤の世界的権威が推奨!がん予防には「サラダより野菜スープ」が効果

抗がん剤の世界的権威が推奨!がん予防には「サラダより野菜スープ」が効果

がんを始め病気の発生には、活性酸素が密接にかかわっており、活性酸素を消去することが、病気の予防につながると考えられています。野菜は、活性酸素を消去する抗酸化成分であるファイトケミカルを豊富に含んでいるのです。ファイトケミカルを効率よく利用するには、サラダより野菜スープがお勧めです。【解説】前田浩(熊本大学名誉教授)


抗がん剤の世界的権威が考案!「最強の野菜スープ」&「夏の野菜スープ」レシピ

抗がん剤の世界的権威が考案!「最強の野菜スープ」&「夏の野菜スープ」レシピ

熊本大学名誉教授の前田浩先生は、ノーベル化学賞の候補にも名が挙がる、抗がん剤の世界的研究者です。前田先生が、病気予防とアンチエイジングに考案したスープの本『最強の野菜スープ』が今、大きな反響を呼んでいます。【監修】前田浩(熊本大学名誉教授)【レシピ・料理】古澤靖子(料理研究家)


風邪で休む社員がゼロ!社長自ら社員にいれる「生姜紅茶」の効果

風邪で休む社員がゼロ!社長自ら社員にいれる「生姜紅茶」の効果

生のショウガに含まれる辛味成分のジンゲロールには、強い殺菌効果と血流促進による発汗作用があり、免疫力アップも期待できるといわれています。【体験談】髙上実(髙上青果有限会社代表取締役ドクターベジフル)


最新の投稿


腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

足の指回しを始めて1ヵ月ほど経つと、腰痛も気にならなくなっていました。足の指回しは、特に女性のスタッフに大好評です。「これを始めてから冷え症が治った」「外反母趾や巻き爪が改善して、靴をはくのが楽になった」などと、うれしい効果を報告してくれます。【体験談】堀内太(美容師・52歳)


【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

食べて、飲んで、出す。排泄は、生命の営みの基本中の基本です。ところが、加齢とともに、尿もれや頻尿、便秘、便もれなどの排泄トラブルが起こりやすくなっていきます。排泄に関する悩みは、人に相談しづらいため、一人で問題を抱えてしまう人も少なくありません。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)