MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

家族の食卓をあずかる主婦にとって、毎日の食事作りはシンプルに済ませたいもの。2年ほど前から私のお助け料理になったのが、野菜スープ(ファイトケミカルスープ)。スープを飲むようになってから、カゼを引かなくなり、長引かなくなりました。80代の父と母も、高齢にもかかわらず元気です。【解説】藤本厚子(アツコアカデミー代表)

シンプルなスープはわが家の常備食

 家族の食卓をあずかる主婦にとって、毎日の食事作りはシンプルに済ませたいもの。2年ほど前から私のお助け料理になったのが、野菜スープ(ファイトケミカルスープ)です。

 私は「食の架け橋」という会で、生産者の顔が見える野菜や食材を紹介する、ボランティア活動をしています。会で主催した講演会に髙橋弘先生をお招きした際、先生が考案されたスープのお話を伺い、作るようになりました。
 このスープの魅力は、レシピがいたってシンプルなこと。キャベツ、タマネギ、ニンジン、カボチャなど、材料は1年じゅう手に入るものばかりです。しかも、野菜を切って30分ほど煮込むだけで、体に優しい栄養満点なスープが出来上がります。

 もともと、スープはわが家の常備食。20年以上、幼稚園の教員として働いてきた私にとって、帰宅してすぐに食卓に乗せられるスープは、とても便利な料理でした。
 定番は鶏を丸ごと煮るスープです。鶏をほぐせばサラダや煮物にアレンジできますし、スープもいろいろな料理に応用できるので、夕食作りがとにかく楽なのです。
 この鶏のスープ以上に魅力満載なのが、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープです。健康に役立つファイトケミカルと、食物繊維をどっさり取ることができるうえに、応用範囲も広く、冷凍保存ができます。
 私は1週間分、まとめて作って、楽をすることにしています。
 調味料を入れなくても、「お砂糖が入っている?」と言われるほど、野菜の濃厚な甘味が溶け出しています。

ファイトケミカルスープを作る藤本さん。
この日のスープには、基本の野菜のほかに、ブロッコリーの軸が入っていました

薄味志向になり塩の消費量が激減

 野菜そのものの味を楽しむようになって、味覚が変わったように思います。すっかり薄味志向になり、塩の消費量が激減し、小さな食卓塩のボトルで1年はゆうに持ちます。
 スープを飲むのは、朝食のときが多いのですが、遅い夕食をあっさり済ませたいときにも200㎖くらい飲みます。
 疲れたときなどは、お茶代わりにスープをがぶ飲みします。スープで体が温まってくると、すぐに疲れが取れて、活力をチャージすることができます。

 このスープのおかげで、体のコンディションも変わりました。鼻とのどが弱い私は、17年間、毎年クリスマスにカゼを引き、耳鼻科通いをしていました。
 ところが、このスープを飲むようになってから、カゼを引かなくなり、引いたとしても長引きません。以前はよくカゼを引くので、耳鼻科の先生からは、「あなたが来ないと、クリスマスが来た気がしない」と言われるくらいでした。

80代の両親もスープが大のお気に入り

 仕事が忙しく外食が多い夫や子どもたちにも、このスープを食べてもらいたいのですが、「体にいいから食べて」と勧めると、押しつけがましくなってしまいます。

 そこで、私は一計を案じました。「スープがあるから、飲まない?」と、夕食のときに、さりげなく出すようにするのです。家族のスープは塩コショウやコンソメなどで味つけをします。
 カレーにスープを入れたり、牛のすね肉を入れたりすることもあります。野菜をつぶさずに取っておき、みそ汁の具にするのも好評です。いかに飽きさせないで食べさせるかも、大事なポイントでしょう。

 ふだんの食事に、ちょこちょこ取り入れているので、みんな「またあのスープ」と気づかずに食べてしまいます。寒いときや疲れているときは、「お代わりある?」とリクエストされるので、家族もこのスープを気に入っているようです。
 80代の父と母も、このスープは大のお気に入りです。毎朝、欠かさず飲んでいるせいか、高齢にもかかわらず、2人とも「疲れた」と口にしたことはありません。ファイトケミカルたっぷりの野菜スープは、両親の元気の素になっています。

 健康とは、おいしいものを笑顔で食べられることではないでしょうか。体にいいとわかっていても、実行するのに手間がかかると続きません。手軽にできて、応用範囲が広いこのスープなら、ストレスはゼロ。気楽に続けることができます。髙橋先生にこのスープを教えていただいて、ほんとうにありがたいと思っています。

ファイトケミカル・ポタージュの作り方

解説者のプロフィール

藤本厚子(ふじもと・あつこ) 
東京都生まれ。幼稚園教諭を経て、「食の安全と安心」をテーマに仲間とアツコアカデミーを立ち上げる。
産地の食材を使いプロの料理人が調理する食事会や、食の生産現場訪問、専門家を招いての講演会など「食の架け橋」として活動。
食材を選ぶ際には、生産地に赴いて自分たちで確認する”食の現地主義”をモットーとする。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)
更新: 2019-05-10 18:00:00
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で、従来から知られている5大栄養素にはない、抗酸化作用や抗がん作用、免疫の増強・調整作用があります。ファイトケミカルは野菜スープにすることによって、有効成分をムダなく摂取することがでます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)
更新: 2019-05-15 10:04:46
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt