【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

家族の食卓をあずかる主婦にとって、毎日の食事作りはシンプルに済ませたいもの。2年ほど前から私のお助け料理になったのが、野菜スープ(ファイトケミカルスープ)。スープを飲むようになってから、カゼを引かなくなり、長引かなくなりました。80代の父と母も、高齢にもかかわらず元気です。【解説】藤本厚子(アツコアカデミー代表)


シンプルなスープはわが家の常備食

 家族の食卓をあずかる主婦にとって、毎日の食事作りはシンプルに済ませたいもの。2年ほど前から私のお助け料理になったのが、野菜スープ(ファイトケミカルスープ)です。

 私は「食の架け橋」という会で、生産者の顔が見える野菜や食材を紹介する、ボランティア活動をしています。会で主催した講演会に髙橋弘先生をお招きした際、先生が考案されたスープのお話を伺い、作るようになりました。
 このスープの魅力は、レシピがいたってシンプルなこと。キャベツ、タマネギ、ニンジン、カボチャなど、材料は1年じゅう手に入るものばかりです。しかも、野菜を切って30分ほど煮込むだけで、体に優しい栄養満点なスープが出来上がります。

 もともと、スープはわが家の常備食。20年以上、幼稚園の教員として働いてきた私にとって、帰宅してすぐに食卓に乗せられるスープは、とても便利な料理でした。
 定番は鶏を丸ごと煮るスープです。鶏をほぐせばサラダや煮物にアレンジできますし、スープもいろいろな料理に応用できるので、夕食作りがとにかく楽なのです。
 この鶏のスープ以上に魅力満載なのが、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープです。健康に役立つファイトケミカルと、食物繊維をどっさり取ることができるうえに、応用範囲も広く、冷凍保存ができます。
 私は1週間分、まとめて作って、楽をすることにしています。
 調味料を入れなくても、「お砂糖が入っている?」と言われるほど、野菜の濃厚な甘味が溶け出しています。

薄味志向になり塩の消費量が激減

 野菜そのものの味を楽しむようになって、味覚が変わったように思います。すっかり薄味志向になり、塩の消費量が激減し、小さな食卓塩のボトルで1年はゆうに持ちます。
 スープを飲むのは、朝食のときが多いのですが、遅い夕食をあっさり済ませたいときにも200㎖くらい飲みます。
 疲れたときなどは、お茶代わりにスープをがぶ飲みします。スープで体が温まってくると、すぐに疲れが取れて、活力をチャージすることができます。

 このスープのおかげで、体のコンディションも変わりました。鼻とのどが弱い私は、17年間、毎年クリスマスにカゼを引き、耳鼻科通いをしていました。
 ところが、このスープを飲むようになってから、カゼを引かなくなり、引いたとしても長引きません。以前はよくカゼを引くので、耳鼻科の先生からは、「あなたが来ないと、クリスマスが来た気がしない」と言われるくらいでした。

→野菜スープの基本の作り方はコチラ

80代の両親もスープが大のお気に入り

 仕事が忙しく外食が多い夫や子どもたちにも、このスープを食べてもらいたいのですが、「体にいいから食べて」と勧めると、押しつけがましくなってしまいます。

 そこで、私は一計を案じました。「スープがあるから、飲まない?」と、夕食のときに、さりげなく出すようにするのです。家族のスープは塩コショウやコンソメなどで味つけをします。
 カレーにスープを入れたり、牛のすね肉を入れたりすることもあります。野菜をつぶさずに取っておき、みそ汁の具にするのも好評です。いかに飽きさせないで食べさせるかも、大事なポイントでしょう。

 ふだんの食事に、ちょこちょこ取り入れているので、みんな「またあのスープ」と気づかずに食べてしまいます。寒いときや疲れているときは、「お代わりある?」とリクエストされるので、家族もこのスープを気に入っているようです。
 80代の父と母も、このスープは大のお気に入りです。毎朝、欠かさず飲んでいるせいか、高齢にもかかわらず、2人とも「疲れた」と口にしたことはありません。ファイトケミカルたっぷりの野菜スープは、両親の元気の素になっています。

 健康とは、おいしいものを笑顔で食べられることではないでしょうか。体にいいとわかっていても、実行するのに手間がかかると続きません。手軽にできて、応用範囲が広いこのスープなら、ストレスはゼロ。気楽に続けることができます。髙橋先生にこのスープを教えていただいて、ほんとうにありがたいと思っています。

ファイトケミカルスープを作る藤本さん。
この日のスープには、基本の野菜のほかに、ブロッコリーの軸が入っていました

ふじもと あつこ 
東京都生まれ。幼稚園教諭を経て、「食の安全と安心」をテーマに仲間とアツコアカデミーを立ち上げる。産地の食材を使いプロの料理人が調理する食事会や、食の生産現場訪問、専門家を招いての講演会など「食の架け橋」として活動。食材を選ぶ際には、生産地に赴いて自分たちで確認する〝食の現地主義〟をモットーとする。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

企業の保健師として勤務している私が、5年間続けているインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を勉強する中で最初に実行したのが『白湯』です。その効果はすぐに実感できました。飲み続けていると、定期的に便が出るようになりました。現在は便秘知らずで、毎朝、必ず出ています。【体験談】山﨑由美子さん(48歳・保健師・東京都)


増加中【新型の脂肪肝】放っておくと肝硬変やガンに!普通の脂肪肝との違いは?

増加中【新型の脂肪肝】放っておくと肝硬変やガンに!普通の脂肪肝との違いは?

脂肪肝について、どんなイメージを持っていますか?「肝臓に脂肪がつきすぎているだけで、命に関わることはない」と軽く思っていないでしょうか。ところが最近の研究で、肝硬変や肝臓がんに進行する怖いタイプの脂肪肝が存在することがわかってきました。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


野菜スープに多い「ファイトケミカル」と5大栄養素の違いはここ

野菜スープに多い「ファイトケミカル」と5大栄養素の違いはここ

ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分です。紫外線により発生する活性酸素や、害虫などによる危害から、植物が身を守るために自ら作り出す成分です。植物しか作ることができないので、我々動物は、植物を食べることによってしかファイトケミカルを取ることができません。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学)


【野菜スープ】作り置きもOK!「野菜スープ氷」にすれば有効成分も増える

【野菜スープ】作り置きもOK!「野菜スープ氷」にすれば有効成分も増える

野菜スープを飲むのは、食前や食間など空腹時がお勧めです。特に朝食前に飲むと、ファイトケミカルが体内に吸収されやすくなります。また、太っている人や糖尿病の人は、食事の最初に飲むと、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができます。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


野菜の若返り成分ファイトケミカルはスープにするとジュースより数百倍も効果が高い

野菜の若返り成分ファイトケミカルはスープにするとジュースより数百倍も効果が高い

ァイトケミカルは、従来から知られている糖質(炭水化物)、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの5大栄養素とはまったく違います。ファイトケミカルは、それらにはないすぐれた機能を持っています。【解説】髙橋 弘()麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授


最新の投稿


血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

私の施術所には、耳鳴りやめまい、難聴に悩む患者さんも、多く訪れます。そうした症状に治療効果を上げているのが、わきの下への刺激を加えた施術です。これまでの施術経験から、軽い耳鳴りなら2ヵ月ほどで、重症でも1年くらいで改善の傾向が現れます。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと血圧が上がりやすくなるからです。ふだんは血圧が正常でも「冬だけ高血圧」の人もいます。血圧の高い人は、冬の運動など急激な変化にも注意が必要です。具体的な対策をご紹介しましょう。【監修】高沢謙二(東京医科大学八王子医療センター病院長・同大学循環器内科教授)


【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

昔から、「冷えは女性の大敵」などといわれます。実は、中高年の女性に多い頻尿や尿もれなどの尿トラブルは、寒い時期に悪化しがちです。私のクリニックでは、尿トラブルの治療は骨盤底筋トレーニングと腹式呼吸が基本です。【解説】関口由紀(女性医療クリニック LUNAグループ理事長・医学博士)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

体温が低くなると腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあります。そこで、「仙骨温め」のやり方をご紹介します。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング