「腸は脳より賢い」と医師が断言!腸内細菌を増やせば、ガンやうつを予防できる!

「腸は脳より賢い」と医師が断言!腸内細菌を増やせば、ガンやうつを予防できる!

「腸は第2の脳である」といわれています。これは、腸の重要性を示す言葉であるわけですが、私ならば、こういうでしょう。「腸は脳より賢い」少々、大げさと思われるでしょうか。しかし、私は決して誇張しているわけではありません。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


「幸せ物質」はほとんど腸で作られている

「腸は第2の脳である」といわれています。これは、腸の重要性を示す言葉であるわけですが、私ならば、こういうでしょう。
「腸は脳より賢い」
 少々、大げさと思われるでしょうか。しかし、私は決して誇張しているわけではありません。腸に関する研究が進んだことで、腸が脳より賢いことを示す、さまざまな証拠が判明してきたからです。

 皆さんは、腸は消化の目的だけで働いているというようなイメージをお持ちでしょう。しかし、実際には、腸の働きはそれだけに限りません。例えば、人間の感情や気持ちなどを決定する物質は、ほとんど腸で作られています。

 人が幸せと感じるのは、脳から分泌される脳内伝達物質が関係しています。その1つがセロトニンで、喜びや楽しみを伝える物質です。もう1つがドーパミンで、私たちのやる気を起こさせる物質です。
 これらは、食物から摂取されるアミノ酸から合成されます。ただし、腸に存在する腸内細菌がバランスよくふえていないと、アミノ酸を多く含む物質をいくら食べても、合成できません。いわゆる「幸せ物質」であるセロトニンも、ドーパミンも、腸において、腸内細菌の助けによって合成されているのです。
 例えば、セロトニンの90%は腸に存在しています。残りの8%は血液中に存在し、わずか2%が脳で人間の精神活動にかかわっています。そして、この2%のセロトニンも、その前駆体はまず腸で作られ、それが脳に送られることで、初めて脳で幸せ物質として働くのです。

 近年、日本では、うつになる人がふえています。先進国の中で、日本は最も自殺率の高い国でもあります。これには、日本人の腸内細菌の量がへってきたことが関係していると私は考えています。
 例えば、メキシコは世界で最も自殺の少ない国です。貧しい人が比較的多い国であるにもかかわらず、なぜメキシコでは自殺が少ないのでしょうか。
 調べてみると、メキシコ人は、世界で最も多くの食物繊維を摂取していることがわかりました。メキシコ人の1日の食物繊維摂取量は、93・6g。日本人はその4分の1程度。しかも、その摂取量は年々へっています。

 食物繊維は、腸内細菌が好んで食べるえさです。食物繊維をじゅうぶんにとって、腸内細菌をよく育て、腸の働きをよくすることが、うつや自殺の予防のためにも役立つと考えられるのです。
 私の友人である中国人の学者は、ブタに乳酸菌を食べさせる研究をしています。乳酸菌を食べさせると、ブタは肉質がよくなるだけではなく、性格がよくなり、おとなしくなるといいます。

 また、スウェーデンの研究では、腸内細菌を持たないマウス(実験用のネズミ)は、成長すると、攻撃的なマウスになってしまいます。このマウスの成長期に腸内細菌を導入すると、おとなしいマウスに成長します。こうした実験から、腸内細菌が脳の発達にも深くかかわっていることが判明してきました。
 このようなさまざまな研究成果から、私たちの幸せを担っているのが、実は腸だということがわかるのです。

腸をかわいがればいつまでもボケない

 腸の大事な働きは、そのほかにもたくさんあります。腸は病原菌を排除し、消化を助け、ビタミンB群やCなどを合成し、免疫力の70%を担当しています。
 私たちの体は、60兆個の細胞から構成されていますが、毎日莫大な数の細胞が生まれ、かつ死んでいきます。このうち、1万5000個以上のガン細胞が出現します。ガン細胞がガンにならないようにしているのが、Th│1細胞の免疫システムです。この免疫システムを高めるためにも、腸の腸内細菌が重要な役割を果たしています。

 ですから、ガンを予防するにも、腸の状態を整えることが大切です。免疫力が高ければ、アレルギー疾患や自己免疫性疾患にもなりにくくなりますし、生命力も高まります。つまり、腸年齢が若いと、長生きするのです。

 皆さんも、納豆をはじめとする発酵食品や、食物繊維の豊富な野菜類・穀類などを毎日よく食べて腸内細菌を育て、腸をかわいがってください。また、よくかんで食べることや、加工食品や食品添加物の摂取をへらすこと、規則正しい生活でストレス解消を心がけ、楽しく暮らすことなども、腸を喜ばせる大事な要素です。

 こうして腸をかわいがれば、全身の調子がよくなり、いつまでも元気で、「疲れない」「ボケない」「老いない」生活を続けられる。私はそう確信しています。

藤田紘一郎
1939年、中国(旧満州)生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。東京大学医学系大学院博士課程修了。医学博士。金沢医科大学教授、長崎大学教授、東京医科歯科大学大学院教授を経て現職。2000年に、日本文化振興会・社会文化賞、及び国際文化栄誉賞を受賞。『脳はバカ、腸はかしこい』(三五館)をはじめ、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


腸内細菌 腸内環境の改善

関連する投稿


【発見】アレルギーの原因は「傷ついた腸」だった!対策は腸内フローラを変えること

【発見】アレルギーの原因は「傷ついた腸」だった!対策は腸内フローラを変えること

長年アレルギーと腸内細菌の関係に注目し、研究を続けてきました。アトピー性皮膚炎でステロイド薬を使い続けると、だんだんと効かなくなり、さらに強い薬を使わざるを得なくなるのです。アレルギーを引き起こす根本原因の大元は、腸にあると、私は考えています。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授) 


【高齢者の便秘】即効解消のポイントは排便時の「腸腰筋」 一番簡単な鍛え方はコレ

【高齢者の便秘】即効解消のポイントは排便時の「腸腰筋」 一番簡単な鍛え方はコレ

日本人の平均寿命は男女とも80歳を超えました。一方「健康寿命」は2013年時点で女性が74・21歳、男性が71・19歳―。10年近く、不健康な状態で過ごすことになるのです。元気な高齢者の便に含まれる腸内細菌を解析した結果、全身の健康をつかさどる菌を特定したのです。【解説】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)


【腸内フローラ】腸内細菌が元気になれば現代病の9割が解決!がんの予防にも効果

【腸内フローラ】腸内細菌が元気になれば現代病の9割が解決!がんの予防にも効果

腸内細菌は、私たち人の体が正常に働くようにサポートしてくれています。脳やほかの臓器、免疫細胞まで支配している、全身の司令塔でもあるのです。【解説者】本間真二郎(七合診療所所長)


【便秘対策の名医】スルッと出る!オリーブオイルを使った和食「地中海式和食」

【便秘対策の名医】スルッと出る!オリーブオイルを使った和食「地中海式和食」

腸の調子がよくない人は、実年齢よりも老けて見えることが多いようです。これは、消化器内科医として、これまで4万件以上の大腸内視鏡検査を行ってきた私の実感です。お勧めしたいのが、「地中海式和食」です。「地中海型食生活」と「和食」、それぞれの欠点を補い、長所を合わせた食べ方です。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長) 


【腸の専門家】自身の腸年齢を20歳若返らせ、14kgやせに成功した極意

【腸の専門家】自身の腸年齢を20歳若返らせ、14kgやせに成功した極意

太りやすい体質は腸からきている─。腸内細菌を研究している私にはあたりまえのことですが、ほとんどの人はこうした認識を持っていません。そのため、便秘にむとんじゃくで、何日も排便がないまま放置しています。【解説】辨野義己(理化学研究所インキュベーション推進センター特別招聘研究員)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング