便秘・下痢・おなら臭の悩みに【玉ねぎのみそ汁】固くなったウンチを出す食べ物

便秘・下痢・おなら臭の悩みに【玉ねぎのみそ汁】固くなったウンチを出す食べ物

タマネギの味噌汁は、善玉菌による発酵食品で、大腸癌や高血圧などの生活習慣病の撃退に最適な食べ物です。腸内フローラを改善するので、便秘や下痢、便臭やオナラの臭いも改善してくれます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


便秘解消に加えガンや高血圧も撃退!

毎日のウンコは健康のバロメーター

 私の生まれは、昭和14年のうさぎ年。研究、執筆、取材、講演などを連日こなす私は、古希をとうに過ぎて、ますます忙しく飛び回っています。
 そんな私の健康で長生きする秘訣は、腸を元気にして、免疫力を上げること。腸は、食べ物を消化吸収するだけでなく、心身の健康維持には欠かせないビタミンやホルモンを作り出します。そして、全身の免疫細胞の70〜80%が存在している腸は、あらゆる病気を撃退する重要な臓器なのです。腸が元気なら、若さを保つどころか、ぐんぐん若返って、若いころよりも全身に活力がみなぎってくるというわけです。

 私たちが生命を維持する根源は、なんといっても、口からとり入れた食べ物を胃腸で消化し、排泄することです。
 そこで重要なのが、腸に存在する、多種多様な腸内細菌です。腸を元気にするというのは、その腸内細菌の状態をよくすることにほかなりません。
 そして腸内細菌には、腸の栄養を作る善玉菌と、毒素を出して悪さをする悪玉菌、特に役に立たない日和見菌とがいます。善玉菌をふやせば、食べ物の栄養をしっかり吸収し、バナナ型のでかいウンコを出すことができます。

 突然にウンコの話をして、驚かれたでしょうか。しかし、毎日のウンコは、健康のバロメーターです。
 腸内細菌の善玉菌の量は、ウンコを見ればわかります。ウンコは、ただの食べかすのかたまりではありません。形がよくて、においの少ないウンコは、腸が元気な証拠です。また、ウンコと善玉菌の量は、ほぼ比例しているので、小さいウンコは危険信号です。大便は、「体からの大きな便り」とまでいわれるほど、その人の生命力を示しているのです。

 もしも、あなたが、便秘がち、下痢しやすい、便やおならのにおいがきついといった悩みを持っているなら、腸に悪玉菌がふえている証拠です。早速、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌をふやすようにしてください。

 では、善玉菌をふやして腸内細菌を元気にするには、具体的には、どうしたらいいでしょうか。難しいことではありません。まずは、日本伝統の発酵食品を食べること。例えば、みそやしょうゆ、酢、塩こうじなどの調味料や、納豆、ぬか漬け、塩辛などです。そして、野菜や豆、果物など、食物繊維をたくさん含んだ食べ物を、毎日欠かさないことです。

 ですから、私は、1日1杯はみそ汁を食べるようにしています。みそは、善玉菌であるこうじ菌の力で大豆などの穀物を発酵させた食品です。しかも、野菜やワカメといったみそ汁の具には、腸内細菌の大好物となる食物繊維やビタミン類が豊富だからです。

タマネギのみそ汁が高血圧、糖尿病を改善し便秘やおならの臭いまで解消する

 そして、腸の若返り食として、ぜひ、日々の食生活に簡単に取り入れていただきたいのが、タマネギ入りのみそ汁です。 
 みそは、先ほど述べたように、善玉菌による発酵食品であり、生きた菌が腸まで届いて、腸内細菌を元気にします。しかも、みそには、活性酸素を撃退する、強力な抗酸化作用があることがわかっています。

 活性酸素とは、体内で細胞を攻撃して傷つけ、ガンや心筋梗塞、糖尿病などの原因となる物質です。活性酸素は、腸内細菌にとっても大敵ですから、みその抗酸化作用を生かさない手はありません。

 そして、タマネギに含まれるイオウ化合物は、活性酸素による遺伝子の損傷を防ぎ、ガン細胞の増殖をおさえます。
 そのうえ、血液をサラサラにし、高血圧を予防する働きがあります。さらに、タマネギにはオリゴ糖や糖アルコールも含まれており、これらは腸内細菌のえさとなります。オリゴ糖を飲み続けると、善玉菌であるビフィズス菌の、腸内細菌に占める割合が増加するという実験結果も、日本栄養・食糧学会で発表されています。

 つまり、タマネギみそ汁は、ガンや高血圧などの生活習慣病の撃退に、最適な食べ物なのです。しかも、腸内細菌の状態が整い、腸が元気になるので、便秘や下痢といった便通の異常、便やおならのにおいを改善してくれます。

 食生活の乱れが気になる人でも、みそ汁であれば、習慣にしやすいのではないでしょうか。いつものみそ汁に、ぜひ、タマネギを加えてみてください。野菜や海藻、豆腐といった具材と組み合わせても、栄養、味、いずれも相性抜群です。
「快食・快眠・快便」とはよくいったもので、大きな1本の大便がスーッと出たとき、私は、エネルギッシュな自分を実感します。
 私が思うに、長寿食とは、すなわち「腸」寿食です。腸が喜ぶ食生活こそが、元気で長生きを実現させてくれます。

 腸内細菌を活性化するタマネギみそ汁で、皆さんも、活力あふれる毎日を過ごしてください。

なぜ「タマネギのみそ汁」はおならの悪臭を改善するのか?

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)