MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【かぜ予防】ベスト対策は

【かぜ予防】ベスト対策は "口テープ" 簡単なやり方を公開 口臭改善 喉の痛みに効果

朝起きたとき、口の中が乾燥していたり、のどがヒリヒリしたりする人は、間違いなく口呼吸になっています。就寝時は、ただでさえ唾液の分泌量が少なくなるので、体への害を考えたら、一刻も早く口テープを行い、鼻呼吸にするべきです。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)

睡眠時は口呼吸になっている人が多い

睡眠時の口呼吸を防ぐには口テープがお勧め

目覚めたときにテープがついていればОK!

 ふだんは鼻で呼吸している、あるいは意識して口を閉じているという人も、夜の睡眠時は口呼吸になっていることが多いものです。特に、うつぶせや横向きで寝る人、疲れがたまっている人などは、口が開きやすい傾向にあります。

 朝起きたとき、口の中が乾燥していたり、のどがヒリヒリしたりする人は、間違いなく口呼吸になっています。就寝時は、ただでさえ唾液の分泌量が少なくなるので、体への害を考えたら、一刻も早く口テープを行い、鼻呼吸にするべきです。

●口テープのやり方
 テープは、薬局などで売られている医療用のテープ(サージカルテープや絆創膏)を使用します。幅は特に指定していませんが、12mm前後が適当でしょう。

 やり方は、テープを5cmほどに切り、唇の中央に縦にはって、そのまま寝るだけです。
 強くはる必要はありません。軽くはるだけでも、就寝中の口呼吸を防ぐことができます。また、軽くはっておけば、どうしても鼻で呼吸ができずに苦しくなったとき、簡単に口を開けられるので安心です。

 朝、起きたらテープをはがしましょう。
 目覚めたとき、テープがきちんとついていれば、寝ている間、口は開かなかったということです。逆に、テープがはがれてしまっていたら、口呼吸になっていたということです。毎日続けて、鼻呼吸を習慣づけていきましょう。

 なお、肌がかぶれやすい人や、唇が荒れやすい人は、次のようにしましょう。5cmに切ったテープ以外に、4cmに切ったテープを用意し、接着面どうしを重ねばりし、テープの上下5mmを残します。すると、テープをはっても唇に接着面がふれません。
 また、テープをはがすときに痛いと感じる人は、口にはる前に、清潔なタオルや布団などに、はってははがすを数回くり返しましょう。すると、粘着力が弱くなって、はがしやすくなります。

口テープのやり方

健康維持のために毎晩続けるほうがよい

 鼻がつまっているときは、口にテープをはると、呼吸しづらいかもしれません。そのようなときは、目の下にある「四白」というツボを刺激してから、口テープをはってください。

 四白は、まっすぐ正面を見たときの瞳の真下、眼球が収まっている骨のくぼみの下縁から指幅1本分下です。左右の人差し指の腹で10秒ほど押すのを2〜3回くり返します。
 すると、鼻がスーッと通ってくるのがわかると思います。この間に口テープをはって眠りにつけば、呼吸が楽にできるはずです。

 また、鼻の中に炎症がある場合は、「鼻うがい」をするといいでしょう。精製水に食塩を1%加えて作る生理食塩水を2mlほど鼻にたらして、鼻をキレイにする方法です。鼻水と同じ塩分濃度なので、痛くはありません。
 そのほか、鼻の通りをよくするには、馬油の点鼻などもお勧めです。

 口テープをして寝ることに抵抗がある場合は、起きている間に30分ぐらい、口テープをはって過ごし、少し慣らしてから寝るといいでしょう。この方法は、子供の口にテープをはる際にもお勧めです。
 なお、健康を維持するため、口テープは毎晩行いましょう

解説者のプロフィール

今井一彰
みらいクリニック院長。NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長。1995年、山口大学医学部卒業。2006年に福岡市博多駅前にみらいクリニックを開業後、さまざまな方法を駆使しながら、薬を使わずに体を治す独自の治療を行う。「あいうべ」による息育や「足指を伸ばす」ことによる足育の普及にも力を入れている。著書に『免疫を高めて病気を治す 口の体操「あいうべ」』、監修に『足・ひざ・腰の痛みが劇的に消える「足指伸ばし」』(いずれもマキノ出版)など多数。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt