【超簡単】"あいうべ体操"のやり方 便秘やドライマウスに効果あり

【超簡単】"あいうべ体操"のやり方 便秘やドライマウスに効果あり

口の体操「あいうべ」は、どうして「あいうえ」ではないのでしょう。「あ」「い」「う」という口の動きは、口の周囲の筋肉を鍛える動きです。そして、「べー」と舌を出すことで、舌の筋肉が鍛えられます。舌の筋肉を鍛えることは、舌を正しい位置に引き上げるために重要です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


→呼吸と病気が関係している!「あいうべ」が生まれたきっかけ

入浴時に行うのがオススメ

「べ」は舌を正しい位置に引き上げるために重要

 口の体操「あいうべ」は、どうして「あいうえ」ではないのでしょう。

「あ」「い」「う」という口の動きは、口の周囲の筋肉(口輪筋や表情筋など)を鍛える動きです。そして、「べー」と舌を出すことで、舌の筋肉(舌筋や舌骨筋群)が鍛えられます。舌の筋肉を鍛えることは、舌を正しい位置に引き上げるために重要です。

 舌が下がってくると、重い舌を口の周囲の筋肉で支えるのは難しいので、口も開いてきます。逆に、舌が上あごにくっついていると、口を開けても口で呼吸はできず、鼻で行うことになります。
 ですから、舌を動かさない「えー」ではダメなのです。

「あいうべ」のやり方は、とても簡単です。次の四つの動作をくり返すだけです。

①「あー」と、口を大きく開く。
②「いー」と、首に筋肉のすじが浮き出るぐらい、口を大きく横に広げる。
③「うー」と、唇をとがらせて口を前に突き出す。
④「べー」と、舌を思い切り突き出して下に伸ばす。

 ポイントは、大げさなくらい口を大きく動かすことと、ゆっくりやることです。①〜④までを4秒前後かけて行ってください。
 これを1回として、1日30回を目安に行います。朝晩15回ずつ、朝昼晩10回ずつと、分けて行ってもけっこうです。

 最初は、うまく口を開けられない、舌を伸ばせないという人も、少しずつできるようになります。最初から回数をふやしすぎると、あごを痛めることもありますから、無理は禁物です。

 声は出しても出さなくても、どちらでもけっこうです。声を出すと、口の中が乾燥しやすい一方で、のど周辺の筋肉がより鍛えられます。食物や唾液が誤って気管に入る誤嚥を起こしやすい人、脳卒中の後遺症などでマヒがある人は、声を出して行うのがお勧めです。
「あいうべ」は、いつ、どこで行ってもかまいません。特にお勧めなのは入浴時です。ふろ場なら、口を開けても乾燥する心配がないからです。逆に、冬の寒い日に外で散歩をしながら行うのは、口の中が乾いてしまうので避けたほうが無難です。
 30日間続ければ、なんらかの効果を実感できるはずです。

「いーうー」体操は便秘やドライマウスに効く

寒い屋外で行うのはNG

「あいうべ」の四つの動作のうち、「あ」と「べ」は、口を大きく開けて、あごの関節を使うので、顎関節症の人などは、痛くてできないことがあります。そういう場合は、あごの関節に負担のかからない「いーうー」体操がお勧めです。

「いー」「うー」とくり返すだけなので、無理なく行えます。これを、3分間を目安に行ってください。
「あいうべ」と違って口を大きく開けないので、唾液がよりたっぷり出て口の中がよく潤い、ドライマウスに効果的です。

 また、涙も出やすくなるので、ドライアイの人もぜひ行ってください。さらに、口の中が潤うのと同じように、腸内でも腸液が出て潤い、お通じがとてもよくなります。便秘対策にもお勧めします。

 しかし、「いーうー」だけでは、舌が鍛えられません。「べー」の代わりに、口を閉じたまま次のような舌の体操を行うといいでしょう。

①唇を閉じたまま、上の歯と唇の間で舌を左右にゆっくり滑らせます。これを1回として10回行い、下の歯も同様に10回行います。
②左のほおの内側に舌をグーッと数秒間押しつけます。同様に、右のほおの内側にも数秒間押しつけます。左右を1回として、20回行います。

 鼻呼吸になるには、舌の筋力をつけることが大事です。大きなあめ玉があれば、口に入れて舌でゴロゴロと転がすのも、舌のいい運動になります。

→「あいうべ」を導入した小学校でインフルエンザも激減した!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【便の臭いがきつい】便が漏れる 対策は出残り便秘 痔のホワイトヘッド手術の後遺症が原因

【便の臭いがきつい】便が漏れる 対策は出残り便秘 痔のホワイトヘッド手術の後遺症が原因

痔のホワイトヘッド手術の後遺症に対しては、修復手術が行われる場合もあります。ただし、手術が必ずしもよい結果を招くとは限りません。便もれやべたつきなどの症状は、肛門付近に便があるから起こると私は考えています。排便時に出しきれなかった便が、肛門付近に残っているのです。【解説】佐々木みのり(大阪肛門科診療所副院長)


【スマホ老眼を改善する】目にいいスマホの使い方とは?緑内障や近視にも効果

【スマホ老眼を改善する】目にいいスマホの使い方とは?緑内障や近視にも効果

スマホ老眼とはその名の通り、スマートフォンを見続けることで目のピント調節力が低下して起こるトラブルです。引き金になるのは、スマートフォンのモニターと目の距離、そしてモニターが放つブルーライト(光)です。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


不調・病気の原因は自律神経の乱れ 根本から症状を改善する足の爪もみの効果

不調・病気の原因は自律神経の乱れ 根本から症状を改善する足の爪もみの効果

私たちの体に起こるほぼすべての病気は、根底に自律神経のアンバランスがあるのです。自律神経のバランスを取り戻すために、家庭で手軽にできて効果的なのが「爪もみ」療法です。手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

「ドライマウス」は、近年急増している現代病の一つです。日本語では「口腔乾燥症」といい、唾液が少なくなって口が乾き、口の中が痛くなったり、ネバネバしたりします。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】