MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ハゲ 薄毛 白髪の改善には「お湯洗い」がお勧め 毎日シャンプーはNG

ハゲ 薄毛 白髪の改善には「お湯洗い」がお勧め 毎日シャンプーはNG

日本人は、「洗えばキレイになる」と思って、せっせと体を洗います。しかし、事態は全く逆で、「洗い過ぎると汚くなる」のです。これは、どういうことだと思いますか?【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)

洗い過ぎると「汚く」なる

 現在、日本には抗菌グッズがあふれています。テレビでは、抗菌、除菌、消臭をうたう商品のコマーシャルが頻繁に流れ、実際に私たちが日常的に手にしている商品は、ボールペンから下着に至るまで、抗菌グッズだらけといっていいでしょう。

 日本にいる限り、抗菌グッズに触れないで生活することはできない状況になっています。日本は、まさに抗菌社会です。
 多くのかたは、抗菌グッズで菌を寄せつけないようにしていれば、健康を保ちやすいと考えていると思いますが、決してそんなことはありません。むしろ抗菌社会そのものが、新たな病気を生み出しているのです。

 日本人は、「洗えばキレイになる」と思って、せっせと体を洗います。しかし、事態は全く逆で、「洗い過ぎると汚くなる」のです。これは、どういうことでしょうか。

 私たちの体は、いろいろな微生物で守られています。皮膚には、表皮ブドウ球菌などの10種類以上の常在菌が存在し、私たちの皮膚を守っているのです。鼻やほお、あごには200万以上もの菌がひしめいています。

 キレイな肌というのは、この皮膚の常在菌によって保たれているといえるでしょう。常在菌は、皮膚の脂肪をえさにして、脂肪酸という酸性の膜をつくって皮膚を守ります。この膜があるからこそ、外からのアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となるもの)や、悪い菌などが皮膚に侵入するのを、防ぐことができるわけです。同時に、皮膚内部の水分が蒸発しないようにする役目もあります。

60歳を過ぎたら2~3日に1回で十分

 肌を洗い過ぎると、皮膚の常在菌を洗い流してしまいます。すると、皮膚の角質層がばらばらになり、アレルゲンが侵入し、アトピー性皮膚炎になりやすくなるばかりか、皮膚の中の水分が蒸発し、乾燥肌にもなってしまうのです。

 私が行った実験によると、石けんで体を洗うと、皮膚表面の常在菌は、90%が洗い流されていました。若い人なら、12時間程度で常在菌の数は正常に戻りますが、中高年以降になると、常在菌の数が正常に戻るのには、20時間程度必要でした。

 つまり、若い人の場合、1日1回までなら、風呂で石けんを使い体を洗っても大丈夫ですが、2回以上洗うと、常在菌の数は減少し、皮膚の角質がばらばらになったり、肌が乾燥したりと、悪影響が出てきます。ましてや中高年の場合、石けんで体を洗うのは、2日に1回くらいにとどめたほうが、皮膚のためにいいのです。60歳を過ぎたら、体を石けんで洗うのは、2~3日に一度くらいで十分でしょう。

洗髪は2日に1回かお湯だけにする

 同様のことが、髪の毛についても当てはまります。
 頭皮の皮脂腺からは、皮脂が分泌されています。皮脂は、頭皮の常在菌の働きにより、汗と混じることで乳液状になり、頭皮や髪の毛に広がるのです。そして、それが、ほかの皮膚の場合と同様に酸性の被膜を作ることで、頭皮を守っています。この皮脂がなくなれば、頭皮も毛髪も、カサカサと乾燥した状態になってしまうというわけです。

 頭皮には、体の中で最も多く皮脂が存在します。このため頭皮は、体のほかの部位の皮膚よりも確かに丈夫なのですが、それでも頭髪を洗い過ぎるのはよくありません。洗い過ぎれば、頭皮の皮脂を奪うことになり、それが髪や頭皮に対しても悪い影響を及ぼします。皮脂が不足すれば、毛根にもよくありません。石けんで体を洗い過ぎると皮膚の健康のためにならないように、シャンプーで髪を洗い過ぎることは、頭髪の健康を守るうえでも、いい結果をもたらさない可能性が高いのです。

 逆にいえば、ちょっとくらい不潔なほうが、髪の健康のためにはいいといえるでしょう。
 例えば、作家の五木寛之さんは、10日に1回くらいしか頭を洗わないということですが、ご存じのように髪は豊かで、フサフサとしています。
 タレントのタモリさんも、入浴は毎日するものの、石けんで体を洗わないと公言しているそうで、やはり、髪は黒々としています。
 データを取って調べたわけではないので、ハゲと洗髪回数の間にどれだけ密接な関連があるのかはわかりません。しかし経験上、やはり、シャンプーのし過ぎは、髪にとってよくないといえそうです。

 では、どれくらいのペースで髪を洗えばよいでしょうか。
10日に1回というのは、なかなか難しいでしょう。ですから、できれば、2日に1回程度にするのがよいでしょう。

 毎日髪を洗わないと我慢できない、というかたは、使用するシャンプーの量をできるだけ少なめにしましょう。また、お湯だけで洗うのもいい方法です。
 いずれにしても、何事もいき過ぎはよくありません。抗菌グッズに囲まれた私たちは、抗生物質や殺菌剤の乱用により、ウイルスや細菌などの微生物とつきあう機会が、極端に減ってしまいました。その結果、日本人の免疫力は大幅に下がってしまい、多くのかたが、さまざまなアレルギー性疾患に、悩まされるように
なったのです。

 免疫力をアップさせ、健康維持を図るため、私たちは、今の抗菌社会のあり方を、抜本的に考え直す時期に来ているのではないでしょうか。

解説者のプロフィール

藤田紘一郎(ふじた・こういちろう)

感染免疫学者。医師。
1939年旧満州生まれ、三重県育ち。
東京医科歯科大学医学部卒業。
東京大学医学系大学院修了。
金沢医科大学教授、長崎大学医学部教授、東京医科歯科大学大学院教授を歴任。
長年、腸内細菌の研究に取り組み、『腸内革命』(海竜社)、『脳はバカ、腸はかしこい』(三五館)、『腸の毒出しでやせる!病気が治る!』(マキノ出版)などベストセラー多数。
近著に『1000 兆匹の腸内細菌を使って10キロ楽にやせる方法』(KADOKAWA)、『腸で変わる! 病気にならない、50 代からの生活習慣』(世界文化社)など。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私は以前ひどいフケ症で、頭髪の悩みを抱えていました。荒れた頭皮状態や薄毛が改善したのは、水シャワーのおかげです。シャンプーのような高い洗浄剤で洗いすぎると、脂栓が流され、毛根に毛ダニや悪玉の細菌が侵入しやすくなります。育毛だけでなくダイエット効果や若返り効果も期待できます。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)
私は、「骨格は筋肉に支えられている」という考えに立ち、人さし指1本で体のコリをほぐす「一指法整体」を行っています。主に人さし指をツボやこっている部分に軽く押し当て、ぐるぐると動かします。ぐるぐると動かすので、「ぐるぐる整体」とも呼んでいます。【解説】荒木純夫(ぐるぐる整体池袋院長)
私の髪は、よみがえったのです。55歳で薄毛を自覚してからの10年間、私は、世間で「ハゲに効く」とされる、ありとあらゆる方法を試しました。しかし、薄毛を改善することはできませんでした。しかし、その後、私の髪の状態は大きく改善し始めます。その理由とは……。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)