膝痛・関節痛予防に簡易「アーユルヴェーダ」をーオリーブオイルやゴマ油で代用するマッサージのやり方

膝痛・関節痛予防に簡易「アーユルヴェーダ」をーオリーブオイルやゴマ油で代用するマッサージのやり方

「アーユルヴェーダ」は、一般に「インド伝承医学」といわれることが多いですが、直訳は「生命の科学」となります。アーユルヴェーダを行う病院では、加齢によるひざ痛の患者に「ピンダスヴェーダ」という治療法を行いますが、ご家庭で行うのは難しいので簡易法をご紹介します。【解説】加藤幸雄(日本アーユルヴェーダ研究所理事・鍼灸師)


コツは「心地よい」と感じる力加減で行うこと

加齢により体の性質が変化する

「アーユルヴェーダ」という言葉を、聞いたことがありますか?
 一般に「インド伝承医学」といわれることが多いですが、直訳すると「生命の科学」となります。

 その誕生は、謎に包まれています。ブラフマーという神が体系を作り、〝生類を生み出した神〟や〝神々の医者と呼ばれる神〟を経由し、人間の聖者たちに伝えられたとされます。

 それを文字に著した古典の代表が、紀元前8世紀ごろに原作が作られたと推測されている、『チャラカ・サンヒター』です。全8巻120章から成り、内容は、現代でいう内科を中心に、外科、小児科、婦人科、精神科、アンチエンジング、毒物学など多岐にわたります。

 それでは、アーユルヴェーダの診断について説明します。

 アーユルヴェーダの根幹には、「トリドーシャ(三つのエネルギー)理論」という考え方があります。三つのエネルギーとは「ヴァータ(空風)、ピッタ(火)、カファ(水地)」の三つです。

 人の本来の体質は、これら三つのエネルギーが、どのような配分になっているかで決まります。アーユルヴェーダの医師は三つのエネルギーの性質や働きを熟知していて、それをもとに患者の病状や体質を診断し、治療法を組み立てていきます。

 加齢により、どんな体質の人もヴァータが増大していきます。ヴァータには、「冷たい、乾く、軽い、動く」という性質があり、このエネルギーが強くなると、体は冷え、乾きます。

 そのため、骨は木が枯れるように、軽くスカスカになってしまいます。また、軟骨も油分や水分が失われて、骨と骨の間のクッションの役目を果たさなくなり、ひざなどの強い荷重が加わる関節に、痛みを感じるようになってしまうのです。

 アーユルヴェーダの治療原則は、「反対の性質を取り入れる」というものです。加齢によるひざ痛は、ヴァータの増加が原因と考えられますから、「冷たい、乾く」というヴァータの主な性質と反対になるよう、温め、潤いを与えるのです。

 アーユルヴェーダの「乾く」は、「水分の低下」と「油脂分の低下」の、両方の意味を含んでいます。そこで、乾燥の対策として油脂を用います。

実際にピンダスヴェーダが行われている様子

本場の方法を家庭用にアレンジ

 アーユルヴェーダを行う病院では、加齢によるひざ痛の患者に「ピンダスヴェーダ」という治療法を行います。

まず、生のハーブを刻み、薬用の油で炒めて、それを布に包んでピンダ(団子)と呼ばれる、ボール状のものにします。これに温かい油を染み込ませて、あらかじめオイルマッサージをしておいたひざに、ヤケドをしないように注意しながら、ピンダを当てて温めるのです。

 これをご家庭で行うのは難しいので、簡易法を下で紹介しています。実際に、私も行っている方法です。

 オイルは、マッサージ用のものがお勧めですが、どうしても手に入らないときは、食用のオリーブオイルや、生のゴマを搾った、色やにおいのほとんどないゴマ油でも代用できます。

 マッサージは、心地よいと感じる力加減こそが、最大の効果を引き出すコツ。なでるようにさする、しっかりともむなど、お好みで調整してください。

 余裕があれば、太ももまでオイルを塗って、マッサージするとよいでしょう。特に、太もも内側の筋肉を、丁寧にほぐします。痛みのない側のひざにも行うと、痛みの防止になります。

 この方法は満腹時さえ避ければ、いつ行っても構いません。また、時間がないときは、オイルを塗ってマッサージをした後、ティッシュペーパーなどで軽くふいて、お風呂に入るだけでもよいでしょう。

 1日おきか、週に2~3回行うのがお勧めですが、最大の成果を得るために大切なのは、習慣にすることです。
 
とはいえ、アーユルヴェーダでは、「どんなによいことでも、不慣れなことを急に取り入れてはいけない」とされます。行うことが精神的な負担になったり、ストレスや苦痛をもたらすことのないよう、まずは、できるときだけ行えばよい、という心持ちで始めましょう。

加藤幸雄
整形外科医院にて鍼灸治療、リハビリテーションに従事した後、日本アーユルヴェーダスクールにて10年以上教鞭を取る。アーユルヴェーダの古典を、わかりやすく解説する授業に定評がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭のツボマッサージで解消!60代からのそわそわ落ち着かない・イライラ対策

頭のツボマッサージで解消!60代からのそわそわ落ち着かない・イライラ対策

60歳を過ぎると、多くの人は「風」、そして「空」が体や心に増えていき、風と空の体質になっていきます。風の体質というのは、カサカサと乾燥して、冷えがあり、心情的にはソワソワと落ち着きがなく、気ばかり焦って、眠りが浅い、そんな体質のことです。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

のどの菌を洗い流すだけなら、塩水うがいなどでも可能です。しかし「白ごま油うがい」は、のどの菌を洗い流すと同時にのどや口の中を潤します。特に風邪の季節に効果を発揮します。私が患者さんにお勧めしている白ごま油うがいの効果、そして作り方とうがいの方法までご紹介します。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


【認知症を予防する食事】脳を活性化させる組み合わせは青魚と豆乳マヨネーズ 脳の専門家お勧めはカルパッチョ

【認知症を予防する食事】脳を活性化させる組み合わせは青魚と豆乳マヨネーズ 脳の専門家お勧めはカルパッチョ

脳の老化や認知症の予防は、薬や医師だけに頼るのではなく食事、適度な運動や睡眠など、生活習慣を見直して改善することも必要です。豆乳、オリーブオイル、穀物酢、塩麹、わずかな砂糖で手作りする「豆乳マヨネーズ」は、脳の老化や認知症を予防する意味でも、とても優れた調味料だと思います。【解説】今野裕之(ブレインケアクリニック院長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)