【医師が推奨】ひざ痛が改善する6つの栄養素とおすすめ食品

【医師が推奨】ひざ痛が改善する6つの栄養素とおすすめ食品

健康を維持するには、体に必要な栄養素を取ることが大変重要です。各栄養素をまんべんなく取るのが理想的ですが、今回は、ひざ痛の予防や改善のために、積極的に取りたい栄養素と、それを豊富に含む食品、効果的な調理例をご紹介します。【解説】蔵方宏昌(安方クリニック院長)


青魚に含まれるEPAが炎症を鎮める

干しサクラエビを手軽にふりかけ

 健康を維持するには、体に必要な栄養素を取ることが大変重要です。各栄養素をまんべんなく取るのが理想的ですが、今回は、ひざ痛の予防や改善のために、積極的に取りたい栄養素と、それを豊富に含む食品、効果的な調理例をご紹介します。

 必要な栄養素を取ることによって、骨や筋肉も強化されるようになるので、ひざの関節が不調を起こしにくくなったり、痛みが生じても治りが早くなったりするのです。

【たんぱく質】
 たんぱく質は、筋肉を強くし、傷ついた筋肉を修復します。ひざの周りの筋肉が強化されれば、ひざの関節にかかる負担が減るため、痛みの予防と改善に役立ちます。
 食品に含まれるアミノ酸の組成によって、食品の栄養価を評価する数値をアミノ酸スコアといいます。アミノ酸スコアが100か、それに近い数値を示す食品が理想的とされ、鶏卵、牛乳、アジ、牛肉、豚肉、鶏肉、チーズ、大豆、エビ、豆腐、アサリなどが挙げられます。

 摂取量の目安は、1日に体重1㎏当たり1・1~1・2g。卵や肉は、調理法によるたんぱく質含有量の変化が、あまりありません。野菜と一緒に取ると、野菜の栄養素も得られるので、肉、豆腐、ネギなどを組み合わせ、すき焼き風の煮物にするとよいでしょう。
 
 干しサクラエビのたんぱく質の含有量は、ゆでサクラエビの3倍以上。干しサクラエビを、焼きソバやお好み焼きなどの具に入れたり、ごはんやみそ汁にふりかけたりしましょう。

 アサリの佃煮や水煮缶は、生のアサリの3倍以上のたんぱく質を含むので、お勧めです。

シチューなどには粉チーズをかけて!

青魚は薄味で煮て、汁ごと食べるとよい

【EPA】
 EPA(エイコサペンタエン酸)には、炎症を鎮める働きがあるので、痛みの予防と改善に効果的です。イワシ、サバ、サンマなど、いわゆる青魚の脂肪に多く含まれています。
 摂取量の目安は、1日に1g以上。サバなら、80g程度の切り身1切れでよいでしょう。
 焼くと脂肪が流れ出てしまうので、刺し身で食べるのがお勧め。煮魚の場合、薄味で煮て汁ごと食べましょう。揚げると、EPAの半分以上が、揚げ油の中に流れ出るので要注意です。

【ビタミンC】
 ビタミンCは、骨や軟骨の成分であるコラーゲンの生成にかかわっています。コラーゲンは、ビタミンCが不足すると、体内で有効に活用されません。
 パセリ、ブロッコリー、ピーマン、キャベツ、コマツナ、キウイ、イチゴ、オレンジ、レモンなどに豊富に含まれます。
 摂取量の目安は、1日に100㎎。大粒のイチゴなら、5~6個分です。
 ビタミンCは熱に弱く、水に溶けるので、生で食べるのがお勧め。蒸し野菜サラダや、野菜の煮物にして煮汁ごといただくのもいいでしょう。

【ビタミンD】
 ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けます。カジキ、サケ、キクラゲ、干しシイタケなどに多く含まれます。日光に当たることで体内でも生成されます。摂取量の目安は1日当たり2・5μg(1μgは100万分の1g)です。

【ビタミンK】
 ビタミンKは、カルシウムが骨を作るのを助けるほか、骨からカルシウムが溶け出してスカスカになることも防ぎます。納豆、アシタバ、ツルムラサキなどに多く含まれます。
 摂取量の目安は、1日に体重1㎏当たり1μgです。納豆1パック50gのビタミンKは約435μg。ひきわり納豆なら約650μg含まれています。

【カルシウム】
 カルシウムは、骨を作り、強化する栄養素。サクラエビ、干しエビ、ワカサギ、チーズ、ヒジキなどに多く含まれます。摂取量の目安は1日600~900㎎。ヒジキの煮物や、粉チーズをシチューなどにふりかけて食べるのもお勧めです。
 カルシウムは、体を動かさないと骨に定着しにくいので、適度な運動も行いましょう。

蔵方宏昌(安方クリニック院長)
1942年東京都生まれ。安方クリニック院長。東洋医学と西洋医学、双方の視点から、部分的にではなく全身の診療を行っている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ひざ痛 食事療法

関連する投稿


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


【体験談】持病のひざ痛が軽減!足指を鍛えたら甲から足首のむくみ一掃 靴のサイズがダウン!

【体験談】持病のひざ痛が軽減!足指を鍛えたら甲から足首のむくみ一掃 靴のサイズがダウン!

元々、足のむくみがひどかったので、足づかみ体操を実践してみたところ、私の足は大きく変わりました。それまでの私の足は、パンプスをはくと足の甲の皮膚がムチッと盛り上がっていたのですが、あらためて足を見ると、確かに細くきれいに見え、足の甲の盛り上がりもありません。【体験談】酒井恵美(仮名・柔道整復師・26歳)


【原田式】ふくらはぎマッサージのやり方 お風呂で石鹸をつけて老廃物を徹底的に除去

【原田式】ふくらはぎマッサージのやり方 お風呂で石鹸をつけて老廃物を徹底的に除去

私のふくらはぎもみは、硬くなった筋肉を、徹底的に軟らかくもみほぐすことを目指します。道具を使うと、らくにもみほぐすことができるので、私は、金棒や木の棒を使って行うやり方をご紹介しています。【指導】原田秀康(国際足健法協会会長)


【ダイエット 肩こり 腰痛】症状別に改善する「輪ゴム」の巻き方

【ダイエット 肩こり 腰痛】症状別に改善する「輪ゴム」の巻き方

最初に基本の指先巻きを行ってから、気になる症状に合わせて輪ゴムを巻きましょう。輪ゴム療法は、いつ、何度行ってもかまいません。テレビを見ながらや、電車で移動中など、ちょっとした空き時間を見つけて、こまめに行うのがお勧めです。【解説】松岡佳余子(アジアン・ハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)