MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【低血糖症を克服】薬に頼らない

【低血糖症を克服】薬に頼らない"低糖質食"でヘモグロビンA1cが改善

私は15年前、50歳で糖尿病患者の仲間入りをしました。血液検査を受けると、空腹時血糖が300mg/dl、ヘモグロビンA1cが7.4%。りっぱな糖尿病になっていたのです。低血糖症の症状にも見舞われました。そこで、私が考えたのが「低糖質食」というものです。【解説】田中瑞雄(田中整形外科病院元院長 )

糖質を完全にカットするのではなく、なるべく減らして食べればいい

低血糖発作に 見舞われて心機一転

 私は15年前、50歳で糖尿病患者の仲間入りをしました。血液検査を受けると、空腹時血糖が300㎎/㎗、ヘモグロビンA1cが7・4%と、りっぱな糖尿病になっていたのです。
 当時を振り返ると、体重が78㎏という肥満体型になっていることも気にせず、暴飲暴食を続けていました。その結果、なるべくして糖尿病になったのです。
 そのときは一念発起して、日夜ウォーキングをし、酒もタバコも断ちました。摂取カロリーも可能な限りへらした結果、一時は腹が引き締まり、血液検査の数値も良好になったのです。

 しかし、それはつかの間のことで、またたくさんの酒のさかなをテーブルに並べ、飲んだくれる生活に戻ってしまいました。そして、糖尿病と真正面から向き合おうとしなかった私に、新たな問題が発生。全身の関節痛に襲われ、その治療の過程で、右手関節の感染性関節炎を起こしてしまったのです。
 私は整形外科医ですが、そんな状態では手術などできるわけもありません。私は開業していた病院を閉めて、人手に渡すことにしました。しかし、それだけでは済みませんでした。頸椎(背骨の首の部分)が原因のマヒが起こり、首の手術を受けなければならなくなったのです。

 このときにも、糖尿病であることが障害になりました。血糖値が高いままでは手術ができないし、たとえ手術がうまくいっても、糖尿病患者は傷に感染を起こしやすいのです。
 そこで、私は心を入れ替えて、必死に運動をし、食事のカロリーもおさえ、インスリン注射で血糖値を下げました。おかげで、手術は成功したのです。
 術後は、内服の血糖降下薬に切り替え、まじめに血糖コントロールをしました。ところが、体重が55㎏まで落ちて、鏡を見ると、顔が干からびた感じです。そして、薬を飲みながらの運動中に、頻繁に低血糖発作に見舞われるようになりました。

 これではいけないと思い、医師である大学時代の友人に相談したところ、「糖質をとらなければ、血糖値は上がらない」と教えてくれたのです。
 私は血糖降下剤を飲むのをきっぱりやめ、「糖質ゼロ食」を参考にした食事療法に取り組みました。
 しかし、この方法は、「糖質を100g当たり3g以上含む食品は食べてはならない」という過酷なものです。いくら糖質の少ない肉類や魚介類を多くとれるとはいえ、ご飯やみそ汁、納豆が食卓から消えます。また、野菜もトマトやタマネギ、キャベツなどまでがNGです。これでは、食事が楽しいわけがありません。

数値が上がっても あまり気にしない

 そこで、私が考えたのが「低糖質食」というものです。糖質を完全にカットするのではなく、糖質の多いものはなるべくへらして食べればいい、と思ったわけです。それには、まず食品の糖質量を覚えることから始めました。
 そして、血糖値とヘモグロビンAIcの目標値を自分で決め、どんなものをどれだけ食べたら目標値を超えるのか、あるいは目標値内に収まるのかを、克明に記録しました。

 2年前から新薬を飲み始めた私の、現在の目標値は、ヘモグロビンA1cが4・9%で、5・1%くらいまでは上がってもいいことにしています。
 そして、食後血糖値は140㎎/㎗以下を目標として、最高でも180㎎/㎗は超えない食事を心がけています。
 具体的にどんなふうに食事をしているのかというと、私の場合は1日2食ですが、昼は野菜炒めや野菜サラダなど、糖質をほとんど含まない食品で済ませます。そして、夜の食事には、料理に加えてご飯を100gくらいはとるようにしています。これくらいの糖質なら、食後の血糖値は120〜140㎎/㎗くらいでほぼ収まるからです。

 外食をすることも多いのですが、外食で糖質をへらすというのはなかなか大変です。でも今では、経験的に何をどれだけ食べると、どれくらいの数値になるかということが、大まかですが、わかるようになりました。
 ちなみに、私はインターネットで「田中瑞雄の糖尿病と低糖質食」というブログを運営しています。そこに、その日に食べたものと、夕食後の血糖値を記録しています。夕食後は必ず血糖値を測り、ヘモグロビンA1cに関しては、月に1回病院で検査を受けていますが、これまで目標値を大幅に超えたことはありません。

 こうした方法なら、好きなものを我慢する必要もありません。ラーメンやパスタ、すしも食べています。そして、家族や友人と食事をするときにも、不都合なことがなく、いっしょに食事を楽しめます。
 同窓会などでは、大量に出てくる料理を調整して食べるようにしていますが、ときには、食後の血糖値が200㎎/㎗くらいまで上がることもあります。しかし、また翌日からきちんと低糖質食を実行すればいいので、あまり気にかけていません。
 もちろん、大好きな酒も飲んでいます。焼酎、ウイスキー、ブランデーなどの蒸留酒であれば問題ありませんし、ワインもフランス産の赤ワインなら糖質はゼロです。

 こうした食生活で、現在は糖尿病と上手につきあっています。体重57㎏で顔色もよく、仕事で福岡と北海道を、毎週元気に往復する日々を送っています。

解説者のプロフィール

田中瑞雄(たなか・みずお)
1971年、京都大学医学部卒業。関節外科医として多くの手術を手がけてきた。
現在、函館共愛会病院に、非常勤医師として勤務し、患者に母趾球歩きを指導している。
「YAHOO!ブログ」に『田中瑞雄の母趾球歩きと薬ありの低糖質食』を開設。
著書に、『変形性膝関節症は母趾球歩きで克服できる』(日本評論社)。

●田中瑞雄の母趾球歩きと薬ありの低糖質食
https://blogs.yahoo.co.jp/tmizuo3333

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。いきなり糖質を断つのは、至難の業。糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授・大櫛医学情報研究所所長 )
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)
今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)