【研究報告】温泉で血糖値は下がるのか―ヒートショックプロテイン入浴法

【研究報告】温泉で血糖値は下がるのか―ヒートショックプロテイン入浴法

HSPは、熱などのストレスによって誘発されるたんぱく質で、ストレスから体を守り、細胞の修復を促したり、細胞を元気にする働きをしています。温泉療法によってHSPがふえるかどうか実験を行ったところ、多くの糖尿病患者さんの血糖値が下がってくる傾向も認められました。【解説】伊藤 恭(長湯温泉伊藤医院院長 )


 私のクリニックは、大分県竹田市の長湯温泉にあり、内科治療に加えて、さまざまな患者さんに温泉療法を行っています。
 温泉療法の効果を日々実感しているわけですが、「なぜ温泉が体にいいのか」という根本的な疑問に対しては、はっきりとした答えを持っていませんでした。

 いくつか可能性のある答えはあります。
 私が行った実験では、長湯温泉のお湯と、沸かし湯を比べた結果、長湯温泉のお湯には優れた温熱効果があることが判明しています。温泉から出た後も皮膚温が上昇し、その温熱効果が一定時間持続するのです。
 また、長湯温泉は炭酸泉(二酸化炭素が溶け込んだ温泉)ですが、炭酸泉に入浴すると、全身の血管が拡張して、血流が促進されます。すると、酸素を多く含んだ血液が全身をスムーズに流れるようになり、筋肉や皮膚などの酸素量が増加します。このような局所の酸素量の増加が、関節の痛みや皮膚の障害の改善につながっているのではないか、と考えられます。

 また、温泉に入ることによって、全身の血行が促進される効果もあるでしょう。
 しかし、入浴中や出浴後10分ほどまでは、局所の酸素量が増加しても、それが1日じゅう続くわけではありません。では、温泉療法の持続的な効果をどう説明したらいいのか。温泉療法に携わる私にも、それは解けない謎の一つでした。
 その謎を解くヒントと思われるものが、愛知医科大学の伊藤要子先生が研究されている、HSP(ヒートショックプロテイン)です。

 HSPは、熱などのストレスによって誘発されるたんぱく質で、ストレスから体を守り、細胞の修復を促したり、細胞を元気にする働きをしています。
 優れた温熱効果を持つ長湯温泉に入浴すると、効率よくじゅうぶんに体を温めることができます。すると、この熱ストレスに反応してHSPが大量に発生し、このHSPが病気の回復を助けているのではないか、と考えられるのです。

 しかも、一度増加したHSPの効果は、何日間かにわたって続くので、温泉療法の持続的な効果ともつじつまが合います。
 私は、数年前の温泉療法の学会で、伊藤要子先生の研究を知り、先生にご協力いただいて、温泉療法によってHSPがふえるかどうか、実験を行いました。

HSPが大量発生し病気の回復を助ける

しびれや痛みの改善にも顕著な効果!

 ご協力いただいたのは、2型糖尿病、いわゆる生活習慣が原因の糖尿病患者さんたちです。

 まず、入浴前から少しずつ、500㎖のペットボトルで給水します。
 41度前後のお湯に、約10分間入ってもらいました。舌下温(舌の下で測った体温)が、元の体温より1度以上上がるまでを、一つの目安にしました。
 入浴後は、バスローブを着て、保温材をはさみ込んだ毛布などにくるまり、30分間保温します。入浴中や保温中も、水を飲み、脱水にならないよう注意します。

 このような手順で入浴した後、患者さんのHSPを計測したところ、HSPが増加していることが確かめられました。さらに、HSPの増加に応じて、多くの糖尿病患者さんの血糖値が下がってくる傾向も認められました。
 ただし、この血糖値の低下については、さまざまな要素がかかわっています。私のクリニックでは、糖尿病のかたに食事療法と運動療法を指導し、必要であれば内科治療も行います。それに加えて温泉療法を行ったわけですから、血糖値が下がった場合、どの治療がどれほど影響したかを決めることは難しいのです。

 ともあれ、この入浴法が効果を上げたと思われる症例を紹介してみましょう。
 70歳代半ばの男性で、糖尿病の患者さんです。軽い脳梗塞があり、両ひざが悪く、運動療法による糖尿病の改善は望めない状況でした。
 そこで、薬は変更せずに、食事療法とこの入浴法を、週3回実施しました。その結果、1週間後には食事前後の血糖値が低下し、その後も血糖値は徐々に安定していきました。
 また、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効きにくさ(インスリン抵抗性)を示す数値(HOMA─R。1・6以下で正常、2・6以上でインスリン抵抗性あり)を調べると、入浴開始前は5・0と基準値をかなり超えていましたが、1週間後には1・6と基準値以下まで低下しました。つまり、より少ないインスリンの分泌で、効率的に血糖値を下げられるようになったのです。

 このHSP入浴法はまた、糖尿病患者さんがしばしば悩まされる、手足のしびれや痛みの改善にも効果的です。
 もちろん、糖尿病以外の原因で起こる、腰やひざなどの慢性的な痛みの改善にも、顕著な効果を見せています。
 今後も入浴法の研究を引き続き行い、病気への効果を検討していきたいと考えています。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)


ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

毎日しっかりとっていると、糖尿病(2型)の発症リスクが最大47%、メタボリック症候群の発症リスクが31%減ると最近の研究で判明した、漢字で「鎂」と表す栄養素はなんでしょう。答えは「マグネシウム」。必ず食事から摂取しなくてはならない必須・主要ミネラルの一つです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)


【アレルギーを予防・改善】腸内環境を整えて免疫がアップ!医師もイチオシ「昆布酵母」の健康効果

【アレルギーを予防・改善】腸内環境を整えて免疫がアップ!医師もイチオシ「昆布酵母」の健康効果

コンブを水に漬けて密閉し、冷蔵庫に約10日間保存して作る「コンブ酵母」が話題になっています。水に漬けただけの「コンブ水」と異なり、酸素を遮断するため発酵が起こり、もともとコンブに付着していた乳酸菌や酵母など、増殖に酸素を必要としない微生物が増加します。【解説】本間真二郎(七合診療所所長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)