MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【研究報告】温泉で血糖値は下がるのか―ヒートショックプロテイン入浴法

【研究報告】温泉で血糖値は下がるのか―ヒートショックプロテイン入浴法

HSPは、熱などのストレスによって誘発されるたんぱく質で、ストレスから体を守り、細胞の修復を促したり、細胞を元気にする働きをしています。温泉療法によってHSPがふえるかどうか実験を行ったところ、多くの糖尿病患者さんの血糖値が下がってくる傾向も認められました。【解説】伊藤恭(長湯温泉伊藤医院院長 )

 私のクリニックは、大分県竹田市の長湯温泉にあり、内科治療に加えて、さまざまな患者さんに温泉療法を行っています。
 温泉療法の効果を日々実感しているわけですが、「なぜ温泉が体にいいのか」という根本的な疑問に対しては、はっきりとした答えを持っていませんでした。

 いくつか可能性のある答えはあります。
 私が行った実験では、長湯温泉のお湯と、沸かし湯を比べた結果、長湯温泉のお湯には優れた温熱効果があることが判明しています。温泉から出た後も皮膚温が上昇し、その温熱効果が一定時間持続するのです。
 また、長湯温泉は炭酸泉(二酸化炭素が溶け込んだ温泉)ですが、炭酸泉に入浴すると、全身の血管が拡張して、血流が促進されます。すると、酸素を多く含んだ血液が全身をスムーズに流れるようになり、筋肉や皮膚などの酸素量が増加します。このような局所の酸素量の増加が、関節の痛みや皮膚の障害の改善につながっているのではないか、と考えられます。

 また、温泉に入ることによって、全身の血行が促進される効果もあるでしょう。
 しかし、入浴中や出浴後10分ほどまでは、局所の酸素量が増加しても、それが1日じゅう続くわけではありません。では、温泉療法の持続的な効果をどう説明したらいいのか。温泉療法に携わる私にも、それは解けない謎の一つでした。
 その謎を解くヒントと思われるものが、愛知医科大学の伊藤要子先生が研究されている、HSP(ヒートショックプロテイン)です。

 HSPは、熱などのストレスによって誘発されるたんぱく質で、ストレスから体を守り、細胞の修復を促したり、細胞を元気にする働きをしています。
 優れた温熱効果を持つ長湯温泉に入浴すると、効率よくじゅうぶんに体を温めることができます。すると、この熱ストレスに反応してHSPが大量に発生し、このHSPが病気の回復を助けているのではないか、と考えられるのです。

 しかも、一度増加したHSPの効果は、何日間かにわたって続くので、温泉療法の持続的な効果ともつじつまが合います。
 私は、数年前の温泉療法の学会で、伊藤要子先生の研究を知り、先生にご協力いただいて、温泉療法によってHSPがふえるかどうか、実験を行いました。

HSPが大量発生し病気の回復を助ける

しびれや痛みの改善にも顕著な効果!

 ご協力いただいたのは、2型糖尿病、いわゆる生活習慣が原因の糖尿病患者さんたちです。

 まず、入浴前から少しずつ、500㎖のペットボトルで給水します。
 41度前後のお湯に、約10分間入ってもらいました。舌下温(舌の下で測った体温)が、元の体温より1度以上上がるまでを、一つの目安にしました。
 入浴後は、バスローブを着て、保温材をはさみ込んだ毛布などにくるまり、30分間保温します。入浴中や保温中も、水を飲み、脱水にならないよう注意します。

 このような手順で入浴した後、患者さんのHSPを計測したところ、HSPが増加していることが確かめられました。さらに、HSPの増加に応じて、多くの糖尿病患者さんの血糖値が下がってくる傾向も認められました。
 ただし、この血糖値の低下については、さまざまな要素がかかわっています。私のクリニックでは、糖尿病のかたに食事療法と運動療法を指導し、必要であれば内科治療も行います。それに加えて温泉療法を行ったわけですから、血糖値が下がった場合、どの治療がどれほど影響したかを決めることは難しいのです。

 ともあれ、この入浴法が効果を上げたと思われる症例を紹介してみましょう。
 70歳代半ばの男性で、糖尿病の患者さんです。軽い脳梗塞があり、両ひざが悪く、運動療法による糖尿病の改善は望めない状況でした。
 そこで、薬は変更せずに、食事療法とこの入浴法を、週3回実施しました。その結果、1週間後には食事前後の血糖値が低下し、その後も血糖値は徐々に安定していきました。
 また、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効きにくさ(インスリン抵抗性)を示す数値(HOMA─R。1・6以下で正常、2・6以上でインスリン抵抗性あり)を調べると、入浴開始前は5・0と基準値をかなり超えていましたが、1週間後には1・6と基準値以下まで低下しました。つまり、より少ないインスリンの分泌で、効率的に血糖値を下げられるようになったのです。

 このHSP入浴法はまた、糖尿病患者さんがしばしば悩まされる、手足のしびれや痛みの改善にも効果的です。
 もちろん、糖尿病以外の原因で起こる、腰やひざなどの慢性的な痛みの改善にも、顕著な効果を見せています。
 今後も入浴法の研究を引き続き行い、病気への効果を検討していきたいと考えています。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)
更新: 2019-04-16 18:00:00
「眼科で糖尿病を調べてもらえといわれて…」と、私のクリニックを受診されたYさん。視力の低下も糖尿病からくる網膜症と判明。眼底検査でも網膜には出血や白斑がずいぶん見られました。食事療法とともに、「毛管運動」を続けてもらったところ、劇的ともいえる改善が見られました。【解説】渡辺完爾(渡辺医院院長)
更新: 2018-09-17 18:00:00
転機は、57歳の健康診断でした。ヘモグロビンA1cも血糖値も、すでに境界型ではなく、本格的な糖尿病の兆候を示していたのです。ウォーキングを始めると同時に、10ヵ月後にフルマラソンを走ることを周囲に宣言。そうしてしまったら、もうやらないわけにいきません。【解説】清水一郎(おひさまクリニックセンター北院長)
更新: 2018-09-12 08:00:00
糖尿病に対して、運動療法は食事療法と並んで重要な治療手段として推奨されています。でも、なぜ運動によって血糖値が下がるのかは、従来よくわかっていませんでした。そして、運動しているときには、筋肉細胞中の「AMPキナーゼ」という酵素が糖を取り込んでいる事実を突き止めたのです。【解説】藤井宣晴(首都大学東京大学院教授)
更新: 2018-09-11 20:00:00
年を重ねるにつれ、血糖値が徐々に上がってきていることには、気がついていました。健康診断でこでまでで最も高い135mg/dlを記録し、ショックを受けました。LDL、いわゆる悪玉コレステロールの値も159mg/dlと高めでした。テレビの健康番組で知ったのが「かかと落とし」です。【体験談】田中睦夫(仮名・愛知県・67歳無職)
更新: 2018-05-25 15:12:30
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt