【コーヒーの効能】「2型糖尿病」リスクを下げる研究結果 飲み方のコツは?

【コーヒーの効能】「2型糖尿病」リスクを下げる研究結果 飲み方のコツは?

かつて、コーヒーは多飲すると体に悪いという印象がありましたが、最近の疫学研究で、コーヒーの健康にいい点が指摘されています。アメリカ、スウェーデン、日本などで、コーヒーが2型糖尿病に効果があるという研究結果が次々と報告されているのです。【解説】古野純典(九州大学名誉教授 )


1日に3〜4杯くらいのコーヒーは健康によい!

2型糖尿病に効くと各国で次々発表!

 かつて、コーヒーは多飲すると体に悪いという印象がありましたが、最近の疫学研究(健康に関する事柄の頻度や分布を調べ、その要因を明確にする科学的研究)で、コーヒーの健康にいい点が指摘されています。
 私も、コーヒーの健康効果に着目し、1990年代には、肝臓疾患への影響について疫学研究を行いました。通常、飲酒をすると肝機能値であるγ–GTPが上昇します。しかし、コーヒーを飲むと、γ–GTPの上昇がおさえられることが判明。肝臓疾患の予防によい影響を与えることが、明らかになったのです。

 ところで、2000年以降になると、コーヒーの糖尿病への影響に関する研究が、相次いで世界各国で行われました。生活習慣に起因する糖尿病は、2型糖尿病といわれるもので、この2型糖尿病への予防効果が注目されるようになったのです。
 最初に大規模な調査結果を発表したのは、オランダのバン・ダン博士らです。1万7000人の男女を対象に、平均で約7年間にわたって追跡調査したところ、「1日に7杯以上コーヒーを飲む人では、2杯以下の人に比べ、2型糖尿病の危険度が2分の1になる」という報告がなされたのです。

 また、フィンランドの国立公衆衛生研究所が行った調査で、
①1日3〜4杯のコーヒーを飲んだ場合、飲まない人に比べて女性で29%、男性で27%糖尿病にかかる率が減少する。
②1日10杯以上飲んだ場合には、女性で79%、男性で55%減少する。
という結果が出ています。

 このほかにも、アメリカ、スウェーデン、日本などで、コーヒーが2型糖尿病に効果があるという研究結果が次々と報告されているのです。

確実に悪影響はなく糖尿病の予防になる

 まず行った調査は、コーヒーの耐糖能(食事によって上がった血糖値を下げて正常に保つ働き)異常(いわゆる糖尿病予備群)への予防効果です。1997〜2002年に職域健診を受けた成人男性約5000名を対象にした研究です。75gのブドウ糖を飲んだ後の血糖値を比較しました。

 その結果、耐糖能異常(140〜199㎎/㎗)になる危険度が、コーヒーを飲まない人を1とすると、1日に1〜2杯飲むのを習慣とする人は0・72、3〜4杯では0・67、5杯以上では0・64となりました。
 つまり、コーヒーを多く飲む人ほど、正常な血糖値を保ちやすくなり、コーヒー5杯で4割近く糖尿病になるリスクが低くなるとわかったのです。

 ところで、これまで各国で報告されてきた「コーヒーを習慣的に飲んでいる人は、飲まない人と比べて糖尿病のリスクが少ない」という研究は、コーヒーを長期間飲んでもらったら、血糖値がよくなるか(糖尿病になりにくいか)どうかを見たものではありません。
 そこで、コーヒーと糖尿病予防効果を推し量るために、40〜64歳までの男性で、BMI(体重を身長の2乗で割った数字で、肥満を検証する値)が25〜30の中等度肥満の人たちに協力してもらい、コーヒーを長期間飲むことによって、糖代謝に与える影響を調べることにしました。

 その実験では、20人ずつのグループに分け、①インスタントのブラックコーヒー、②カフェインの入っていないコーヒー、③水、をそれぞれ1日5杯、16週にわたって飲んでもらい、定期的に採血をして、血糖値の上がり方や、ブドウ糖を飲んだときの2時間後の血糖値を調べて比較しました。
 すると、①のブラックコーヒーを飲んでいたグループの、75gのブドウ糖負荷後の血糖値が上がりにくくなり、2時間後の数値も減少する傾向にありました。また、②のカフェイン抜きのコーヒーでも、2時間後の血糖値が若干減少する傾向が見られました。
 以上の実験から、コーヒーを常飲することは、血糖値が上がるのを抑制する効果があると考えられるのです。

 さて、最近、コーヒー摂取と2型糖尿病との関係についての20の報告をまとめた解析結果が公表されました。それによれば、全体では1日3〜4杯のコーヒーを飲むことにより、糖尿病発症リスクが約25%減少するとされています。
 コーヒーのどのような成分がこうした効果をもたらすのかは、まだはっきりとは確認されていません。ただし、カフェインだけだと、食後血糖値が跳ね上がるので、コーヒーに含まれているほかの成分の作用だと考えられます。現在のところでは、コーヒーに含まれるクロロゲン酸やマグネシウムなどの成分が、血糖値の上昇をおさえるのではないかと推定されているのです。

 まだまだコーヒーの成分については、研究の余地がありますが、とりあえず「コーヒーを飲んでも悪影響はなく、むしろ糖尿病の予防になる」ということは確かです。
 そこで、1日に3〜4杯くらいのコーヒーは健康によいのではないかと思われます。飲むタイミングは、朝と昼の食前に飲むといいでしょう。食後血糖値をおさえる効果が期待できます。そのほか、10時や3時のおやつの時間もお勧めです。

→高血圧を改善するコーヒーの効果

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

「間食はいけない。我慢すべき」というのも「引き算食べ」の発想。それを続けていると、食欲が爆発するときがやってきて逆効果です。ここでは「足し算食べ」を実践するための具体的なヒントをいくつかご紹介しましょう。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【医師解説】生クリームは実は痩せる食品!コーヒーに入れると肥満を撃退できる

【医師解説】生クリームは実は痩せる食品!コーヒーに入れると肥満を撃退できる

ダイエットを始めるとき、まず控えるものに、脂肪や油を多く含む食品を挙げる人が多いと思います。「脂っこいものを食べると太る」とずっと認識されてきたからです。ところが、脂は実はダイエット食です。脂を積極的に取ることが、体内の脂肪を減らすという驚きの作用があることがわかってきたのです。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)


最新の投稿


【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

肝臓は、よく「体内の一大コンビナート」にたとえられます。栄養素の分解、合成、代謝、貯蔵、有害物の解毒、重要な消化液である胆汁の生成など、細かく分けると数百もの働きを担っており、まるで各種の工場や倉庫が集まったような機能を果たしているからです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)