難聴が回復!【水飲み療法】は突発性難聴で聴力を失いかけた私の危機を救った

難聴が回復!【水飲み療法】は突発性難聴で聴力を失いかけた私の危機を救った

私は、1998年に突発性難聴により左耳の聴力を失ってしまいました。2010年、難病指定の「遅発性内リンパ水腫」を発症。両耳の聴力を失うかもしれない絶望の中、「ハリ治療で難聴が治るらしいよ」というある友人の言葉を思い出しました。同時に私が実行したのは、水を飲むことでした。【体験談】上海在住●48歳●会社役員 吉野壽人


耳鼻科で聴力の回復を確認!

「ほんとうにうれしい」と吉野さん

 私は、1998年に突発性難聴が起こり、左耳の聴力を失ってしまいました。それでも、まだ右耳が聴こえていたので、日常生活に支障を来すことはありませんでした。

 ところが、2010年、今度は頼みの綱だった右耳の聴こえも悪くなってしまったのです。耳鼻科に行くと、「遅発性内リンパ水腫」とのこと。この病気は、難聴が起こってから何年もたった後、問題がなかったほうの耳まで聴こえなくなってしまうというものです。

 両耳が聴こえなくなれば、日常生活に大変な支障をきたします。私の場合は、そのときはまだ右耳の聴力は少し残っていましたが、相手に大きな声で話してもらわないと聴こえないし、会議に参加しても、議事内容が聴き取れないなど、困ることだらけでした。そのまま、完全に両耳の聴力を失ってしまったらと思うと、絶望的な気持ちでした。

 そんなとき、以前、ある友人が「ハリ治療で難聴が治るらしいよ」といっていたことを思い出しました。そこで、藤井德治先生の一掌堂鍼灸治療院を訪れ、ハリ治療を受けることにしたのです。

 すると、先生は「大丈夫、治療を続ければきっとよくなりますよ」といってくださったので、どれだけほっとしたかわかりません。

 その日から1週間は、毎日ハリ治療に通いました。その後は週に2〜3回のペースで通い続けたのです。
 それとともに、私が実行したのは、水を飲むことです。先生によれば、1日に2ℓくらいの水を飲むと、内耳にたまったリンパ液を排出できる可能性があるとのこと。その話を聞いて、私は耳が聴こえなくなるという最悪の状況を回避するために、必死で水を飲み続けたのです。

 このようにハリ治療と水飲みを継続していたところ、あるときから、「今日は聴こえがいいな」と思う日が何度かありました。

 その後、逆に聴こえが悪いと感じる日もありましたが、いつからか、聴こえがいい日が続くようになったのです。

 私は並行して投薬治療のため耳鼻科にも通っていました。そして、水飲みを始めて2ヵ月後に耳鼻科に行ったところ、完全に聴力が回復していることがわかったのです。そのときはほんとうに喜びました。
 投薬治療だけでなく、ハリ治療、水飲みなど、考えられるあらゆる方法を教え、施していただいたおかげで、聴力を失わずに済みました。

水飲み療法の専門家の解説はこちら

1日に2Lくらいの水を飲んだら難聴が改善した!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【耳鳴り・難聴】予防・改善には「ミネラル」の補給とツボ刺激「耳輪ゴム」が有効

【耳鳴り・難聴】予防・改善には「ミネラル」の補給とツボ刺激「耳輪ゴム」が有効

耳鳴りや難聴、めまいの原因はさまざまあります。私の鍼灸整骨院に来られる、それらの患者さんに共通するのは、カルシウムやマグネシウム、亜鉛などの「ミネラル不足」です。ミネラルの補給とともに耳鳴りや難聴の予防・改善のために行っていただきたいのが、家庭で簡単にできる「耳輪ゴム」です。【解説】穂園秀一(ほぞの鍼灸整骨院院長)


【突発性難聴】首コリを治すと耳鳴りが改善する?改善例2500超のセルフケアとは

【突発性難聴】首コリを治すと耳鳴りが改善する?改善例2500超のセルフケアとは

耳の不調で多い、耳鳴り。西洋医学では治療が困難な病気とされ、病院で「耳鳴りは治らない」「慣れるしかない」と言われ、希望を失っている人が少なくありません。しかし、適切な鍼灸治療と並行して、セルフケアを積極的に行うことで、突発性難聴を改善、あるいは回避することができます。【解説】藤井德治(一掌堂治療院院長)


【めまい・耳鳴り】自律神経ネットワークを整える最も簡単な方法「耳もみ」で症状改善

【めまい・耳鳴り】自律神経ネットワークを整える最も簡単な方法「耳もみ」で症状改善

耳鳴りやめまいに悩む人は、年々、増加しています。私のクリニックにも、めまいや耳鳴りで悩む患者さんが全国からやってきます。めまい、耳鳴りは、現代医学では治りにくいとされています。しかし、その原因を突き止めれば、きちんと治療でき、治癒することも可能です。【解説】二木隆(二木・深谷耳鼻咽喉科名誉理事長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)