【糖尿病】カロリー制限よりも糖質制限!医大教授が実践するこの健康法

【糖尿病】カロリー制限よりも糖質制限!医大教授が実践するこの健康法

β細胞の力を戻すためには、糖質を取らないのが一番です。この自分の仮説を信じ、私は、できるだけ糖質を取らない食事療法へと変えました。すると、わずか2週間で、空腹時血糖値が90ml/dlまで下がったのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


食事療法を厳守しても糖尿病が再発した

 私は長年、寄生虫や免疫(病気に抵抗する働き)の研究を続けています。その研究で、28歳からは毎年、インドネシアへ医療調査に出掛けています。
 今から十数年前、重度の糖尿病を患ったのもインドネシアでした。真夏のインドネシアで、水分補給のために飲んでいたスポーツドリンクで、いわゆるペットボトル症候群(急性の糖尿病)になってしまったのです。

 帰国後、私は糖尿病専門医による徹底的な食事療法を始めました。日本糖尿病学会も推奨する、高糖質低カロリー食です。この食事療法とインスリン療法によって、血糖値はどうにか落ち着きました。
 ところがその10年後、糖尿病が再発してしまったのです。このときの空腹時血糖値は450㎎/㎗でした(正常値は110㎎/㎗未満)。

 糖尿病が再発するまでの間、私は高糖質低カロリー食を厳守していました。ステーキなどの脂質は抑え、摂取カロリーの約6割は、白米やめん類などの糖質で当てていたのです。

 それでも糖尿病が再発したのは、膵臓のβ細胞が疲弊したために違いない、と私は考えました。膵臓のβ細胞が疲弊すると、体内のブドウ糖を肝臓や筋肉に取り込むインスリンが分泌されなくなります。
 β細胞の力を戻すためには、糖質を取らないのが一番です。この自分の仮説を信じ、私は、できるだけ糖質を取らない食事療法へと変えました。

 すると、わずか2週間で、空腹時血糖値が90㎎/㎗まで下がったのです。さらに中性脂肪値も下がり、善玉コレステロールと呼ばれるHDLが増えてきました。私の体にとって、糖質は不要なものだったのです。

「健康と長生きの秘訣」と藤田先生

糖質の取り過ぎは活性酸素を増やす

「糖質は不要」
 実は、これは糖尿病患者だけでなく、50歳以上の人すべてに当てはまります。

 人間の体は、酸素や食物をエネルギーに変えるために、「解糖エンジン」と「ミトコンドリアエンジン」の、2種類のエンジンを持っています。このエンジンは、50歳前後を境に、メインとサブが入れ替わります。
 解糖エンジンは、糖を燃料としてエネルギーを作ります。血中のブドウ糖を利用して、瞬時にエネルギーを作れるのが特徴です。皮膚や筋肉、精子、骨髄細胞など分裂の盛んな細胞は、解糖エンジンで作られるエネルギーで活動しています。

 これに対し、ミトコンドリアエンジンは、酸素を燃料としてエネルギーを作ります。瞬発力はありませんが、持続力に優れており、心臓や脳細胞など、持続してエネルギーの必要な部位への供給を担当しています。
 若くて活動的な時期は、瞬発力に優れる解糖エンジンが活躍します。しかし、瞬発力より持続力が求められる中年期以降は、解糖エンジンはさほど必要ではありません。

 もちろん、中年期以降に、解糖エンジンがまったく働かなくなるわけではありません。ただ、糖質の取り過ぎで、解糖エンジンの活動が活発になり過ぎると、ミトコンドリアエンジンがうまく働かなくなります。その結果、本来なら燃料として使われるべき酸素が、体内で活性酸素に変わってしまうのです。
 活性酸素は、体内で増え過ぎると病気や老化の一因となる物質です。日本人の四大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病)にも、活性酸素が関係しています。

 また、近年の研究で、活性酸素がアルツハイマーとかかわっていることがわかりました。脳血管性認知症も、活性酸素によって脳の血管に障害が起こることで生じます。ですから、活性酸素の害を減らすためにも、糖質は控えたほうがいいのです。

「でも、脳のエネルギー源はブドウ糖だから、糖質を制限すると頭が働かなくなる」と思う人も多いでしょう。私も、昔はそう信じていました。

 しかし、「糖質制限食」に切り替えても、頭の働きが衰えたとは感じていません。むしろ、以前よりイライラしなくなったと思います。加えて体重も減り、糖尿病になったときは83kgだった体重が、現在は73kgになりました(身長は179cm)。
 50歳になったら糖質を控える。これが健康と長生きの秘訣だと、私は考えます。ぜひ、皆さんも実践してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


血糖コントロール 糖質制限

関連する投稿


【疲れる・だるい】原因は糖質 「生クリームコーヒー」でケトン体質に 疲労感から解放

【疲れる・だるい】原因は糖質 「生クリームコーヒー」でケトン体質に 疲労感から解放

高校生の娘が体調を崩したときに、クリニックで紹介されたのが栄養療法でした。その栄養療法に欠かせないのが糖質制限です。糖質が大好きな私でしたが、娘一人に糖質制限させるのはかわいそうだと思ったのと、私自身の糖質依存も断ちたいという気持ちから、娘と一緒に糖質制限を始めました。【体験談】元木陽子さん(46歳・パートタイマー)


10kg20kg ダイエット可能【痩せる食べ方】は野菜・野菜ジュースを先に摂るだけ 血糖値スパイクも回避できる

10kg20kg ダイエット可能【痩せる食べ方】は野菜・野菜ジュースを先に摂るだけ 血糖値スパイクも回避できる

糖尿病の治療現場では、カロリー制限を中心とした指導がなされています。ここで最大の壁になるのが、「食べることを我慢すること」ではないでしょうか。そんな食事のストレスを抱えてきた方にお勧めしたいのが「サキベジ」です。サキベジとは、食事の最初に野菜をたっぷり食べることです。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長・医師)


【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

糖質を敵にするか、味方にするかは、食べ方次第です。糖質は悪者ではありません。問題なのは、糖質を取った後、血糖値が急激に上昇する食後高血糖です。糖質は、食べ方のコツさえ知っていれば、血糖値を急激に上げることなく、糖質をおいしく取ることができるのです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【糖質制限の新常識】甘いものを食べてもケトン体質に!我慢できなくても“2口ルール”

【糖質制限の新常識】甘いものを食べてもケトン体質に!我慢できなくても“2口ルール”

近年、「糖質制限」という言葉がかなり一般的になり、ダイエット法や健康法として広く認知されるようになりました。しかし、一つ誤解を生んでいます。それは糖質は完全に悪で、糖質制限をするならいっさいの糖質を断たねばならないと思い込んでいる人が多いことです。【解説】畠山昌樹(第2本郷整形外科皮膚科院長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)