医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【糖尿病】カロリー制限よりも糖質制限!医大教授が実践するこの健康法

【糖尿病】カロリー制限よりも糖質制限!医大教授が実践するこの健康法

β細胞の力を戻すためには、糖質を取らないのが一番です。この自分の仮説を信じ、私は、できるだけ糖質を取らない食事療法へと変えました。すると、わずか2週間で、空腹時血糖値が90ml/dlまで下がったのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


食事療法を厳守しても糖尿病が再発した

 私は長年、寄生虫や免疫(病気に抵抗する働き)の研究を続けています。その研究で、28歳からは毎年、インドネシアへ医療調査に出掛けています。
 今から十数年前、重度の糖尿病を患ったのもインドネシアでした。真夏のインドネシアで、水分補給のために飲んでいたスポーツドリンクで、いわゆるペットボトル症候群(急性の糖尿病)になってしまったのです。

 帰国後、私は糖尿病専門医による徹底的な食事療法を始めました。日本糖尿病学会も推奨する、高糖質低カロリー食です。この食事療法とインスリン療法によって、血糖値はどうにか落ち着きました。
 ところがその10年後、糖尿病が再発してしまったのです。このときの空腹時血糖値は450㎎/㎗でした(正常値は110㎎/㎗未満)。

 糖尿病が再発するまでの間、私は高糖質低カロリー食を厳守していました。ステーキなどの脂質は抑え、摂取カロリーの約6割は、白米やめん類などの糖質で当てていたのです。

 それでも糖尿病が再発したのは、膵臓のβ細胞が疲弊したために違いない、と私は考えました。膵臓のβ細胞が疲弊すると、体内のブドウ糖を肝臓や筋肉に取り込むインスリンが分泌されなくなります。
 β細胞の力を戻すためには、糖質を取らないのが一番です。この自分の仮説を信じ、私は、できるだけ糖質を取らない食事療法へと変えました。

 すると、わずか2週間で、空腹時血糖値が90㎎/㎗まで下がったのです。さらに中性脂肪値も下がり、善玉コレステロールと呼ばれるHDLが増えてきました。私の体にとって、糖質は不要なものだったのです。

糖質の取り過ぎは活性酸素を増やす

「糖質は不要」
 実は、これは糖尿病患者だけでなく、50歳以上の人すべてに当てはまります。

 人間の体は、酸素や食物をエネルギーに変えるために、「解糖エンジン」と「ミトコンドリアエンジン」の、2種類のエンジンを持っています。このエンジンは、50歳前後を境に、メインとサブが入れ替わります。
 解糖エンジンは、糖を燃料としてエネルギーを作ります。血中のブドウ糖を利用して、瞬時にエネルギーを作れるのが特徴です。皮膚や筋肉、精子、骨髄細胞など分裂の盛んな細胞は、解糖エンジンで作られるエネルギーで活動しています。

 これに対し、ミトコンドリアエンジンは、酸素を燃料としてエネルギーを作ります。瞬発力はありませんが、持続力に優れており、心臓や脳細胞など、持続してエネルギーの必要な部位への供給を担当しています。
 若くて活動的な時期は、瞬発力に優れる解糖エンジンが活躍します。しかし、瞬発力より持続力が求められる中年期以降は、解糖エンジンはさほど必要ではありません。

 もちろん、中年期以降に、解糖エンジンがまったく働かなくなるわけではありません。ただ、糖質の取り過ぎで、解糖エンジンの活動が活発になり過ぎると、ミトコンドリアエンジンがうまく働かなくなります。その結果、本来なら燃料として使われるべき酸素が、体内で活性酸素に変わってしまうのです。
 活性酸素は、体内で増え過ぎると病気や老化の一因となる物質です。日本人の四大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病)にも、活性酸素が関係しています。

 また、近年の研究で、活性酸素がアルツハイマーとかかわっていることがわかりました。脳血管性認知症も、活性酸素によって脳の血管に障害が起こることで生じます。ですから、活性酸素の害を減らすためにも、糖質は控えたほうがいいのです。

「でも、脳のエネルギー源はブドウ糖だから、糖質を制限すると頭が働かなくなる」と思う人も多いでしょう。私も、昔はそう信じていました。

 しかし、「糖質制限食」に切り替えても、頭の働きが衰えたとは感じていません。むしろ、以前よりイライラしなくなったと思います。加えて体重も減り、糖尿病になったときは83kgだった体重が、現在は73kgになりました(身長は179cm)。
 50歳になったら糖質を控える。これが健康と長生きの秘訣だと、私は考えます。ぜひ、皆さんも実践してみてください。

解説者のプロフィール

「健康と長生きの秘訣」と藤田先生

藤田紘一郎(ふじた・こういちろう)
1939年、中国(旧満州)生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。東京大学医学系大学院博士課程修了。医学博士。
金沢医科大学教授、長崎大学教授、東京医科歯科大学大学院教授を経て現職。
2000年に、日本文化振興会・社会文化賞、及び国際文化栄誉賞を受賞。
『脳はバカ、腸はかしこい』(三五館)をはじめ、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


血糖コントロール 糖質制限

関連する投稿


【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

久々に帰国して驚いたのは、日本で普通に食事をすると、アスリートのための食事とは真逆で、疲労をためてしまう食事が多いということでした。特に気になったのは、砂糖があふれかえっていることです。糖質(炭水化物)の摂取も多いですね。【解説】山田知生(スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター・アスレチックトレーナー)


足の痛みが引いていく「甘い物断ち(糖質制限)」の効果 足底筋膜炎も改善

足の痛みが引いていく「甘い物断ち(糖質制限)」の効果 足底筋膜炎も改善

甘い物断ちがこれほど効果的なのは、過剰な糖質によって炎症が起こりやすく、かつ、炎症が鎮まりにくくなるからです。糖質を控えるだけで、炎症を抑える作用を持つγ‐リノレン酸の働きもよくなるため、相乗効果で痛みが引いていくと考えられます。治療の一環として、甘い物を控えてみてください。【解説】土井亮介(足の痛みの治療院院長)


確実に成功させる【朝リンゴダイエット】痩せるための5つのポイント

確実に成功させる【朝リンゴダイエット】痩せるための5つのポイント

朝リンゴダイエットと合わせて行ってほしいのが、糖質制限食です。糖質制限食とは、血液中の糖分量を上げる要因となる、糖質の摂取量をへらす食事法です。糖質を制限すると血糖値が上昇しないので、その結果、健康的に減量することができるのです。【解説】白澤卓二(お茶の水健康長寿クリニック院長)


過剰な糖質制限食で老化が進む!5年以上の長期は避けよう

過剰な糖質制限食で老化が進む!5年以上の長期は避けよう

酸化・糖化による老化や心血管系の病気を防ぐために、糖尿病の患者さんが、適度な糖質制限を行うことは悪くないと思います。しかし、過剰な糖質制限を長く続けることは、全身や脳の老化を招く恐れがあります。【解説】都築毅(東北大学大学院農学研究科准教授)


【糖尿病専門医】糖質制限のやりすぎに注意!血糖値を上げやすい食事・食べ合わせ

【糖尿病専門医】糖質制限のやりすぎに注意!血糖値を上げやすい食事・食べ合わせ

糖尿病の患者数は、年々増え続けています。一方、血糖のもととなる炭水化物(糖質+食物繊維)の摂取量は、減少傾向が続いています。そのかわりに増えているのが、脂質の割合です。糖質の摂取量は減っているのに、糖尿病は増えているのです。【解説】竹内雄一郎(メディカルプラザ小岩駅院長・日本糖尿病学会糖尿病専門医)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)