【自分で治せる】O脚の治し方 整形外科医が教える「絆創膏」O脚改善セルフケア

【自分で治せる】O脚の治し方 整形外科医が教える「絆創膏」O脚改善セルフケア

「歩くと痛い」という場合、症状のかなり多くを占めるのが「ひざの痛み」です。 その主なものは、年齢とともに増えてくる変形性膝関節症によるひざ痛です。変形性膝関節症は、ひざ関節でクッション役を果たしている軟骨が、すり減って痛みを起こす病気です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)


足底板を使うよりずっと手軽

「歩くと痛い」という場合、症状のかなり多くを占めるのが「ひざの痛み」です。
 その主なものは、年齢とともに増えてくる変形性膝関節症によるひざ痛です。
 変形性膝関節症は、ひざ関節でクッション役を果たしている軟骨が、すり減って痛みを起こす病気です。1対4の割合で男性より女性に多く見られ、高齢になるほど増えてきます。

 ひざ関節の軟骨がすり減る原因としては、加齢のほか、肥満や筋力低下、O脚などがあります。特に日本人は、もともとO脚の傾向を持つ人が多く変形性膝関節症とO脚との関係は重要です。
 O脚とは、両足をそろえて直立したときに、左右のひざがつかない状態をいいます。特に、指の幅3本分以上離れている場合は、問題とされます。
 多くの場合、肥満で体重を支えきれない、加齢や運動不足で太ももの筋肉が衰え、ひざ関節を支えきれないといったことが、原因として考えられます。なんとかして支えようと、ひざを外側に開く悪い姿勢が習慣化する結果、O脚になってしまうのです。

 O脚になると、足の小指側に重心がかかる、外側重心になります。すると、足が外向きに湾曲する分、ひざ関節の内側にはもろに負担がかかるようになり、ひざ関節の内側がこすれやすくなります。

 このようにして変形が進み、重度になった変形性膝関節症は、整形外科での専門的な治療が必要になります。
 しかし、初期の軽いうちであれば、進行を防いで症状を改善する、いくつかの方法があります。整形外科で、一般によく用いるのは、傾斜をつけた足底板(足の裏に装着する板)などで、重心の正常化を図る方法です。
 ただ、これは医療機関で作る必要があり、作ったとしても、面倒くさい、好きな靴がはけないなどから、なかなか継続して使ってもらえないというのが実状です。

 そこで、手軽にできるO脚改善法、ひいてはひざ痛改善として、私がお勧めしているのが、「足の親指バンソウコウ」という方法です。
 これは、名称のとおり、足の親指にバンソウコウを巻くだけの、いたって簡単な方法です。なぜ、そんな簡単な方法で、O脚やひざの痛みが改善できるかというと、O脚の根本原因である外側重心の悪いクセを矯正する、意識付けとして役立つからです。

 ひざ痛の大きな原因となるO脚を改善するには、足の外側に偏っている重心を、意識的に足の親指寄りに戻し、「内側重心」にする必要があります。

親指に意識が向き、自然と内側重心になる

 しかし、「内側に重心をかけよう」とただ意識するだけでは、すぐに忘れてしまうのが人間です。ところが、親指にバンソウコウを巻いておくと、歩行のさい、そこに普段とは違う圧力がかかるので、自然に親指に意識が向き、内側重心になるのです。

 また、足の親指にバンソウコウを巻いている感覚は、私たちの脳には一種の違和感として刻み込まれます。
 これを解消したいという意識下の働きによって、歩くときに、親指側をグッと踏み締め、けり上げる動きが強化されます。
 これにより、足裏のアーチ構造を強化でき、正常な土踏まずが再生されます。
 このことによっても、O脚が改善していくのです。

 足の親指バンソウコウの具体的なやり方は、とても簡単です。バンソウコウは、血流が妨げられないよう締め付け過ぎず、程よい強さで巻きましょう。このようにして、1日20分ほど正しく歩く練習をすると、O脚とひざ痛の改善に効果的です。
 そして、このバンソウコウは、日中は巻いたままにしておきましょう。こうすることで、普段歩くときにも、無意識に内側重心の効果が得られるからです。

 バンソウコウは、原則的に、朝起きたときに巻き、夜、入浴前に外すとよいでしょう。ただし、肌がかぶれやすい人は、長時間巻きっ放しにしないでください。
 手軽にできて、O脚とひざ痛の改善に役立つ足の親指バンソウコウを、ぜひお試しください。

足の親指バンソウコウのやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【体験談】持病のひざ痛が軽減!足指を鍛えたら甲から足首のむくみ一掃 靴のサイズがダウン!

【体験談】持病のひざ痛が軽減!足指を鍛えたら甲から足首のむくみ一掃 靴のサイズがダウン!

元々、足のむくみがひどかったので、足づかみ体操を実践してみたところ、私の足は大きく変わりました。それまでの私の足は、パンプスをはくと足の甲の皮膚がムチッと盛り上がっていたのですが、あらためて足を見ると、確かに細くきれいに見え、足の甲の盛り上がりもありません。【体験談】酒井恵美(仮名・柔道整復師・26歳)


【原田式】ふくらはぎマッサージのやり方 お風呂で石鹸をつけて老廃物を徹底的に除去

【原田式】ふくらはぎマッサージのやり方 お風呂で石鹸をつけて老廃物を徹底的に除去

私のふくらはぎもみは、硬くなった筋肉を、徹底的に軟らかくもみほぐすことを目指します。道具を使うと、らくにもみほぐすことができるので、私は、金棒や木の棒を使って行うやり方をご紹介しています。【指導】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】O脚が簡単に改善!足の親指を刺激したら花粉症の症状も出ず大助かり

【体験談】O脚が簡単に改善!足の親指を刺激したら花粉症の症状も出ず大助かり

いつの間にか、足の親指刺激が習慣になり、毎日続けているうちに、O脚ぎみだったのも、両ひざがついて隙間がなくなり、姿勢がよくなりました。花粉症の症状に毎年悩まされ、ひどいときには顔が腫れるほどでしたが今年はほとんど症状が出ず、薬を飲まずに済みました。【体験談】伊牟田和貴(会社員・28歳)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )