MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ひざ痛は「かかと」の反応点をもむと改善【2万人のデータが実証】

ひざ痛は「かかと」の反応点をもむと改善【2万人のデータが実証】

歩くと痛む体の部位というと、その筆頭に挙げられるのが、ひざです。ひざには大きな筋肉がないため、もともと痛めやすい上、加齢に伴って関節が老化すると、骨の間でクッションの役目を果たしている軟骨の弾力性も低下してくるので、痛みが出やすいのです。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)

解説者のプロフィール


佐藤一美
あん摩マッサージ指圧師、東京都指圧師会会長。昭和20年、東京都生まれ。43年、日本指圧学校卒業。57年、日本鍼灸理療専門学校専科卒業。58年、同科学的追求理論特別委員長、62年、日本経絡指圧師会会長、平成元年、東京都指圧師会常任理事、日本指圧協会常任理事などを歴任。現在、東京都指圧師会杉並支部長、日本経絡指圧会会長、東京都指圧師会会長、日本指圧協会副理事長。雑誌への原稿執筆や講演活動、テレビ・ラジオ出演等のかたわら、株式会社ケイラク代表取締役社長として、指圧治療の業務を全国規模で展開する。

ひざとかかとには深い関係がある

 歩くと痛む体の部位というと、その筆頭に挙げられるのが、ひざです。ひざには大きな筋肉がないため、もともと痛めやすい上、加齢に伴って関節が老化すると、骨の間でクッションの役目を果たしている軟骨の弾力性も低下してくるので、痛みが出やすいのです。
 しかも、ひざの痛みをかばって動くうちに、腰痛などを招くこともあるので、ひざ痛はとても厄介です。

 ひざの痛みに効果のあるツボもいくつかありますが、ツボの知識のない人にも手軽に実行でき、どんなタイプのひざ痛にも効果的な方法が、今回ご紹介する「かかとあんま」です。

 ひざと足の裏、特にかかとは、深い関係があります。
 東洋医学では、人体には「六臓六腑」があり、血液が全身を巡るのと同じように、気と呼ばれる一種の生命エネルギーが全身を循環することによって、健康が保たれていると考えます。その気の通り道を経絡と呼び、経絡の流れの中で、気の循環をよくするポイントが、いわゆるツボです。

 また、経絡は、六臓(肝、心、心包、脾、肺、腎)と六腑(大腸、胃、小腸、膀胱、三焦、胆)という、漢方の分類概念それぞれに対応するものがあり、全身の機能を調整する役割を分担しています。
 東洋医学的な観点から言うと、ひざの痛みや腫れは、経絡のうち腎経の働きが低下することによって起こると考えます。腎経は、体内の水分代謝を調節する腎臓の機能をつかさどるほか、成長・発育・生殖機能など生命力全般に深くかかわっています。

 そして、全身の中でも腎経の支配を強く受けている部位が、足の裏なのです。つまり、足の裏を刺激することによって、腎経の働きを活性化させることができ、生命力が高まって、ひざの痛みや腫れなどの症状が、軽減するというわけです。

 さらに、「足裏反射療法」の考え方から見ても、足の裏やかかとは、ひざ痛と深い関係があります。
 足裏反射療法とは、足の裏には全身の臓器に対応する反射区(ゾーン)があり、体の痛みや不調に関連する反射区を押したりもんだりして刺激することで、体を健康な状態に導く療法です。日本では、足ツボ療法の名でも広く親しまれています。

 私は、日本に足裏反射療法が紹介され始めた昭和50年後半代から、20年以上にわたり、約2万人の患者のデータを分析し、体の不調と足裏の反射区の関係を調べてきました。
 その結果、ひざに痛みを抱える人の大半は、かかとに押すと痛いところ(反応点)があり、その反応点を指圧することによって、ひざ痛が改善することを確かめました。かかとあんまは、こうした私の治療経験から生まれた方法なのです。

痛みを感じる部分をじっくりと押す

 かかとあんまは、かかとのへりの部分を手の親指(届きにくいところは人さし指)で押して刺激します。かかとの足の親指側には、ひざに通じている座骨神経の反射区があり、小指側のかかと上方には、ひざ関節に対応する反射区があります。

 人により場所は異なりますが、ひざが痛む人は、ほぼ全員、かかとのどこかに特に痛みを感じる反応点があります。かかとの内側(親指側)から外側(小指側)まで、かかとのへりを親指で少しずつ位置をずらしながら押していくと、ひざ痛の人は、体の奥に「ピーッ」と響くような刺激や痛みを感じる反応点があるはずです。

「かかとあんま」のやり方

 反応点が見つかったら、両手の親指を重ねてゆっくりと圧をかけていきます。やや痛いけれど気持ちがいい程度の力加減で約5秒間押した後、指は離さずにゆっくりと力を抜きます。これを、3~5分間を目安にくり返します。

 こうすることによって、ひざから腰にかけての筋肉の疲れを取り、血行が改善します。ひざの周囲の血行がよくなると、組織の炎症が和らぎ、ひざの痛みも緩和するのです。

 かかとあんまは、腎経の働きを活性化させて、体内にたまった余分な水分の排泄を促すので、ひざに水がたまって腫れた人にも、大変有効です。慢性的な腰痛やひざ痛の予防・改善にも大いに役立ちます。
 ひざや腰に痛みが出やすい人や、長く歩くとひざに水がたまりやすい人は、予防的な意味で、症状が出ていないときも毎日の習慣にすることを、お勧めします。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
健康を維持するには、体に必要な栄養素を取ることが大変重要です。各栄養素をまんべんなく取るのが理想的ですが、今回は、ひざ痛の予防や改善のために、積極的に取りたい栄養素と、それを豊富に含む食品、効果的な調理例をご紹介します。【解説】蔵方宏昌(安方クリニック院長)
更新: 2019-05-29 18:00:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-03-27 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt