【アレルギー治療への大発見】ぜんそく悪化の原因は腸にある!

【アレルギー治療への大発見】ぜんそく悪化の原因は腸にある!

腸内細菌のバランスがくずれると、アレルギーを起こしやすくなることは、以前からいわれてきましたが、科学的に裏づけされた事実ではありませんでした。近年の研究技術の進展によって、解明されつつあります。今回、私が皆さんにご紹介する研究も、その成果の一つといっていいものです。【解説】渋谷 彰(筑波大学医学医療系教授)


腸内のカンジダが通常 の100万倍に増殖!

 腸には500種類、100兆個もの腸内細菌が生きているといわれています
 皆さんもご存じのとおり、腸内細菌には、いわゆる善玉菌や悪玉菌と呼ばれるものがいます。そして、これらのバランスがくずれると、アレルギーを起こしやすくなることは、以前から、いわれてきました。

 ただし、これはあくまでも推定であって、科学的に裏づけされた事実ではありませんでした。というのも、これまでの研究水準では、腸内細菌の働きを詳しく解明することが、なかなか難しかったのです。ところが近年の研究技術の進展によって、それが可能となりつつあります。今回、私が皆さんにご紹介する研究も、その成果の一つといっていいものです。

 まず、私たちが行った実験についてお話ししましょう。
 マウス(実験用のネズミ)にいくつかの抗生物質を投与します。すると、あるタイプの抗生物質を与えられたマウスでは、腸内細菌のバランスが乱れます。真菌類(カビ)の一種であるカンジダが異常にふえ、乳酸菌が減少しました。
 カンジダは腸内に限らず、私たちの体のどこにでもいる常在菌です。腸内細菌叢のバランスが悪くなると、カンジダの数が、通常の100万倍まで増加したのです。

 このように腸内細菌のバランスの乱れたマウスに、ぜんそくを起こさせます。すると、腸内細菌のバランスが乱れていないマウスと比べると、明らかにぜんそくがひどくなります。この発症プロセスを詳しく分析した結果、腸内細菌とぜんそくとの関係がハッキリしてきました。

 抗生物質によって腸内細菌のバランスが乱れ、カンジダが過剰に繁殖すると、カンジダから、プロスタグランジンE2という生理活性物質が、たくさん放出されます。これが肺に届いた結果、ある種のマクロファージが多量に作られます。

 マクロファージは、白血球の一つで、体内に侵入した異物を取り込むものです。異常にふえることで、ぜんそくを悪化させます。

 私たちは、ぜんそくがひどくなったマウスに、抗真菌剤を与え、過剰繁殖したカンジダの菌数をへらしてみました。また、カンジダから放出されるプロスタグランジンE2の産生を阻害する薬を与えてみました。すると、ひどくなっていたぜんそくが軽快することがわかったのです。

アレルギー治療に 新たな地平が開ける

 この研究は、現代において多くのかたが悩まされているアレルギー疾患の治療に、新しい道を開くものです。

 これまでのぜんそくの治療薬といえば、ステロイド剤か、気道を広げる薬がメインでした。ステロイド剤によって免疫機能をおさえ炎症を抑制する、薬の力で気道を広げ呼吸を楽にする。この二つの方法は、いずれも根本治療ではなく、対症療法にすぎませんでした。これに対して、今回の私たちの研究は、アレルギー疾患の根本治療につながるものです。

 私たちの研究では、プロスタグランジンE2阻害剤が、ぜんそくを悪化させたマウスに有効であるという結果が出ました。ところが、ぜんそくの中にはプロスタグランジンを阻害する薬剤で起こるものもあるのです。

 例えば、解熱剤には、炎症をおさえるためにアスピリンが使われています。アスピリンはプロスタグランジンの生成を阻害することで、炎症をおさえ、痛みを鎮めます。しかし、アスピリンを使うと、ぜんそくが出てしまう人がいるのです。このような「アスピリンぜんそく」は、全ぜんそく患者の10%を占めるといわれています。
 カンジダが産生するプロスタグランジンE2は、ぜんそくを悪化させる原因となっており、プロスタグランジンE2を阻害すると、ぜんそくが軽快します。その一方で、アスピリンぜんそくでは、阻害剤を使うと、ぜんそくが出てしまいます。

 なぜ、ぜんそくという一つのアレルギー疾患において、こうした全く逆のことが起こっているのか、その理由はいまだ解明されていません。
 しかし、プロスタグランジンE2阻害剤が使えないアスピリンぜんそくのかたで、もしも腸内でカンジダが過剰に繁殖しているかたなら、抗真菌剤でぜんそくが改善する可能性が出てきたことになります。
 ちなみに、マウスに投与し、カンジダを過剰に発生させた抗生物質は、私たちが普通に使っている薬剤です。人間の場合においても、抗生物質の投与によって腸内細菌のバランスがくずれ、そのためにぜんそくが悪化している人がいることは、じゅうぶん考えられます。

 今回の私たちの研究を通じて、腸内細菌のバランスのよしあしと、アレルギー疾患のような全身疾患との関係が初めて見えてきました。両者の関係の、科学的な解明のとっかかりができた、といってもよいでしょう。

 今後、ぜんそくのかたの腸内細菌を調べるといった、臨床的な研究も始まる予定です。人間への応用が可能となれば、アレルギー治療に新たな地平が開ける可能性が出てきたといえます。

渋谷 彰(筑波大学医学医療系教授)
筑波大学医学医療系生命医科学域教授。1981年北海道大学医学部卒業。三井記念病院、都立墨東病院勤務後、筑波大学講師(臨床医学系血液内科)、筑波大学助教授(基礎医学系免疫学)を歴任。2003年筑波大学教授(基礎医学系・免疫学)、2004年筑波大学大学院教授を経て、2011年より現職。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

カカオの有効成分が、血圧をはじめとした血液・血管への影響しているとお話ししましたが、実はそれ以外にも、驚くべき結果が得られました。高カカオ分のチョコレートを食べることで、認知機能が向上する可能性があることが明らかになったのです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


【手相と健康状態】結婚線・生命線・運命線は重要 "手相マッサージ"で病気を改善

【手相と健康状態】結婚線・生命線・運命線は重要 "手相マッサージ"で病気を改善

私は鍼灸師ですが、患者さんの手をひと目見るだけで、体のどこが悪いか、どういう体質なのかがわかります。手相の線やシワ、色ツヤ、肉づきなどから全身の各器官の健康状態が判断できるのです。そして、手相の異常のある部分に、マッサージや鍼灸治療を施します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その2)

【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その2)

肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください【監修】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その3)

【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その3)

肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください【監修】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その1)

【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その1)

肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください【監修】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)