医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【アレルギー治療】ぜんそく悪化の原因 腸内のカンジダ菌の可能性

【アレルギー治療】ぜんそく悪化の原因 腸内のカンジダ菌の可能性

腸内細菌のバランスがくずれると、アレルギーを起こしやすくなることは、以前からいわれてきましたが、科学的に裏づけされた事実ではありませんでした。近年の研究技術の進展によって、解明されつつあります。今回、私が皆さんにご紹介する研究も、その成果の一つといっていいものです。【解説】渋谷彰(筑波大学医学医療系教授)


腸内のカンジダが通常 の100万倍に増殖!

 腸には500種類、100兆個もの腸内細菌が生きているといわれています
 皆さんもご存じのとおり、腸内細菌には、いわゆる善玉菌や悪玉菌と呼ばれるものがいます。そして、これらのバランスがくずれると、アレルギーを起こしやすくなることは、以前から、いわれてきました。

 ただし、これはあくまでも推定であって、科学的に裏づけされた事実ではありませんでした。というのも、これまでの研究水準では、腸内細菌の働きを詳しく解明することが、なかなか難しかったのです。ところが近年の研究技術の進展によって、それが可能となりつつあります。今回、私が皆さんにご紹介する研究も、その成果の一つといっていいものです。

 まず、私たちが行った実験についてお話ししましょう。
 マウス(実験用のネズミ)にいくつかの抗生物質を投与します。すると、あるタイプの抗生物質を与えられたマウスでは、腸内細菌のバランスが乱れます。真菌類(カビ)の一種であるカンジダが異常にふえ、乳酸菌が減少しました。
 カンジダは腸内に限らず、私たちの体のどこにでもいる常在菌です。腸内細菌叢のバランスが悪くなると、カンジダの数が、通常の100万倍まで増加したのです。

 このように腸内細菌のバランスの乱れたマウスに、ぜんそくを起こさせます。すると、腸内細菌のバランスが乱れていないマウスと比べると、明らかにぜんそくがひどくなります。この発症プロセスを詳しく分析した結果、腸内細菌とぜんそくとの関係がハッキリしてきました。

 抗生物質によって腸内細菌のバランスが乱れ、カンジダが過剰に繁殖すると、カンジダから、プロスタグランジンE2という生理活性物質が、たくさん放出されます。これが肺に届いた結果、ある種のマクロファージが多量に作られます。

 マクロファージは、白血球の一つで、体内に侵入した異物を取り込むものです。異常にふえることで、ぜんそくを悪化させます。

 私たちは、ぜんそくがひどくなったマウスに、抗真菌剤を与え、過剰繁殖したカンジダの菌数をへらしてみました。また、カンジダから放出されるプロスタグランジンE2の産生を阻害する薬を与えてみました。すると、ひどくなっていたぜんそくが軽快することがわかったのです。

アスピリン喘息が抗真菌剤で改善する可能性

 この研究は、現代において多くのかたが悩まされているアレルギー疾患の治療に、新しい道を開くものです。

 これまでのぜんそくの治療薬といえば、ステロイド剤か、気道を広げる薬がメインでした。ステロイド剤によって免疫機能をおさえ炎症を抑制する、薬の力で気道を広げ呼吸を楽にする。この二つの方法は、いずれも根本治療ではなく、対症療法にすぎませんでした。これに対して、今回の私たちの研究は、アレルギー疾患の根本治療につながるものです。

 私たちの研究では、プロスタグランジンE2阻害剤が、ぜんそくを悪化させたマウスに有効であるという結果が出ました。ところが、ぜんそくの中にはプロスタグランジンを阻害する薬剤で起こるものもあるのです。

 例えば、解熱剤には、炎症をおさえるためにアスピリンが使われています。アスピリンはプロスタグランジンの生成を阻害することで、炎症をおさえ、痛みを鎮めます。しかし、アスピリンを使うと、ぜんそくが出てしまう人がいるのです。このような「アスピリンぜんそく」は、全ぜんそく患者の10%を占めるといわれています。
 カンジダが産生するプロスタグランジンE2は、ぜんそくを悪化させる原因となっており、プロスタグランジンE2を阻害すると、ぜんそくが軽快します。その一方で、アスピリンぜんそくでは、阻害剤を使うと、ぜんそくが出てしまいます。

 なぜ、ぜんそくという一つのアレルギー疾患において、こうした全く逆のことが起こっているのか、その理由はいまだ解明されていません。
 しかし、プロスタグランジンE2阻害剤が使えないアスピリンぜんそくのかたで、もしも腸内でカンジダが過剰に繁殖しているかたなら、抗真菌剤でぜんそくが改善する可能性が出てきたことになります。
 ちなみに、マウスに投与し、カンジダを過剰に発生させた抗生物質は、私たちが普通に使っている薬剤です。人間の場合においても、抗生物質の投与によって腸内細菌のバランスがくずれ、そのためにぜんそくが悪化している人がいることは、じゅうぶん考えられます。

 今回の私たちの研究を通じて、腸内細菌のバランスのよしあしと、アレルギー疾患のような全身疾患との関係が初めて見えてきました。両者の関係の、科学的な解明のとっかかりができた、といってもよいでしょう。

 今後、ぜんそくのかたの腸内細菌を調べるといった、臨床的な研究も始まる予定です。人間への応用が可能となれば、アレルギー治療に新たな地平が開ける可能性が出てきたといえます。

解説者のプロフィール

渋谷 彰(筑波大学医学医療系教授)
筑波大学医学医療系生命医科学域教授。1981年北海道大学医学部卒業。三井記念病院、都立墨東病院勤務後、筑波大学講師(臨床医学系血液内科)、筑波大学助教授(基礎医学系免疫学)を歴任。2003年筑波大学教授(基礎医学系・免疫学)、2004年筑波大学大学院教授を経て、2011年より現職。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


これから旬!ミカンにレモン、柑橘類に新しい健康効果が続々報告!

これから旬!ミカンにレモン、柑橘類に新しい健康効果が続々報告!

柑橘類はフラボノイド、カロチノイド、クマリン、テルベン、リモノイドなどの機能性成分を含んでいる。その機能性とは、ガン細胞のアポトーシス誘導作用、脂質代謝改善作用、抗炎症作用、関節リウマチや関節破壊症に関与する物質の生産阻害などで、その有効性を報告する研究が多数あるという。【構成】ケンカツ!編集部


【朝リンゴダイエットとは】やせる効果抜群「りんご」の2つのスーパー成分

【朝リンゴダイエットとは】やせる効果抜群「りんご」の2つのスーパー成分

「朝リンゴダイエット」は、朝食をリンゴか、リンゴのジュースに置き換えるものです。リンゴには、2つのスーパー成分が含まれています。その一つがアップルペクチン。もう一つがリンゴポリフェノールです。脂肪の吸収を阻害して、内臓脂肪をへらす効果があります。【解説】白澤卓二(お茶の水健康長寿クリニック院長)


「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

皆さんは、1日のうちに私たちが何回呼吸しているかご存じでしょうか。1日、およそ2万回になります。ふだんは無意識に行っているこの2万回の呼吸のうち、例えば、100回をちょっと意識して行うだけで、体が変わってきます。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


【二枚爪・緑色爪】爪の縦線は老化?身近な爪トラブルの原因とセルフケア

【二枚爪・緑色爪】爪の縦線は老化?身近な爪トラブルの原因とセルフケア

病気とはいえないまでも、日常的によく見かける爪のトラブルがあります。そのなかには、生理的な変化によって起こるものや、常在菌による日和見感染を起こしているものなどがあります。心配ないものと対処が必要なものがありますが、代表的なものを簡単に紹介します。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


生大根の辛み成分で痩せる!美味しい「大根スムージー」のファンが急増中!

生大根の辛み成分で痩せる!美味しい「大根スムージー」のファンが急増中!

私は4年ほど前から「大根スムージー」を食べるようになり、昨年から、大根スムージー講座を定期的に開いています。今では地元だけでなく、首都圏でも開催するようになり、大根スムージーファンは、着実に増えています。【解説】青木久美子(ダイエットアドバイザー)


最新の投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)