MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【血圧を下げる】玉ねぎの健康効果と薬効を高めるコツ(切り方・食べ方・選び方)

【血圧を下げる】玉ねぎの健康効果と薬効を高めるコツ(切り方・食べ方・選び方)

私はこれまで、さまざまな食品の効能を研究してきました。その中で出会ったのがタマネギです。私が行ったマウス(実験用のネズミ)を使った実験では、タマネギに血圧を下げる働きがあることを確認しました。【解説】斎藤嘉美(介護老人保健施設むくげのいえ施設長、元東京大学医学部講師)

解説者のプロフィール

斎藤嘉美
介護老人保健施設 むくげのいえ 施設長。
1932年、東京生まれ。東京大学医学部卒業。
東京大学医学部講師を退官後、西新井病院内科医師などを経て、現職に至る。
日本脈管学会評議員。日本血液学会認定医・指導医。

玉ねぎには血圧を下げる効果があると実験で判明!

 私はこれまで、さまざまな食品の効能を研究してきました。その中で出会ったのがタマネギです。
 私が行ったマウス(実験用のネズミ)を使った実験では、タマネギに血圧を下げる働きがあることを確認しました。

 遺伝的に高血圧になりやすいマウスに、タマネギのエキスを飼料として投与しました。対照群として、タマネギのエキスの代わりに、カボチャのエキスを与えた群、カボチャとタマネギの両方を与えた群、何も与えなかった群に分けて実験しました。
 すると、何も与えなかった群以外は、いずれも4週間後から、血圧が下がり始め、その後も継続して下がったのです。また、タマネギとカボチャを与えた群、タマネギを与えた群、カボチャを与えた群の順に、血圧が大きく下がりました。

玉ねぎとカボチャを一緒に食べると血圧を下げる働きがさらに強まる

 カボチャは、「冬至にカボチャを食べると脳卒中にならない」などといわれる健康野菜なので、タマネギとの比較実験をしてみたわけです。
 この実験の結果、タマネギはそれだけで血圧を下げる働きが強いこと、タマネギとほぼ同じくらいカボチャにも血圧を下げる働きがあること、血圧を下げる働きを強めるためには、タマネギとカボチャをいっしょに食べるとさらにいいこと、などがわかりました。また、血圧が高かったマウスほど、血圧がよく下がりました。

 高血圧の人は、タマネギを積極的に食べましょう。
 タマネギには、イソアリインという硫黄化合物と、アリナーゼという酵素(消化や呼吸など、体内で行われる化学反応を促進する物質)が、別々に含まれています。タマネギを切って、空気にふれることで、この2つの成分が混ざり合い、チオスルフィネートという別の物質に生まれ変わります。

スライスして20分置いてから食べると薬効がアップ


 このチオスルフィネートは、ガンの発生を抑制し、ぜんそく発作をおさえ、痛みを鎮め、血糖値を下げる、と実に多くの薬効が確認されているのです。
 血小板の凝集を抑制する働きも認められています。血小板は、血液中の細胞の一つで、血管が傷ついたときに凝集して傷をふさぎます。ところが、血液中で固まると血栓となり、血管をふさいで、脳卒中や心臓病の原因となってしまうのです。

 このチオスルフィネートは、タマネギを切って、20分を経過しないとできない物質です。そして、水にさらすと流れてしまいます。
 ですから、タマネギの薬効を得るには、できるだけ断面が空気にふれるようにスライスして、20分は置いてから食べるようにしましょう。

脳卒中や心臓病から白内障まで防ぐ!玉ねぎの様々な健康効果

 チオスルフィネートを作るイソアリインは、ビタミンB1と結合してアリチアミンという物質になります。アリチアミンは糖の代謝を高める物質です。糖の代謝が高まると、疲労物質の乳酸ができにくくなり、疲労回復効果が高まります。
 ビタミンB1を多く含む食品といえば豚肉ですから、豚肉とタマネギを合わせたカツ丼は、疲労回復にはもってこいなのです。

 さらにイソアリインは、一部が体内でサイクロアリインという物質に変化します。サイクロアリインは血液凝固を抑制する作用、血栓を溶解させる作用、体内の脂質を減少させる作用などに優れています。血栓を防ぐ効果が高いので、脳卒中や心臓病といった、死につながる病気を未然に防ぐ働きも、タマネギには期待できるのです。

 また、タマネギにはさまざまな硫黄化合物が含まれています。タマネギ独特のにおいは、これら硫黄化合物のにおいですが、これらの物質も実に多くの薬効を持っています。
 特に、血糖値や脂質の検査値を低下させる働きは、ほかの食品と比べても強いものです。ですから、中性脂肪やコレステロールの値が高い人にも、タマネギはお勧めです。

 最近、注目されているのが抗酸化作用です。体内の活性酸素という物質は、ガンや老化の原因となります。これらの活性酸素の力をおさえ、無毒化する働きを抗酸化作用といいます。

 タマネギには、質的にも量的にも優れた抗酸化物質、ケルセチンが含まれているのです。
 タマネギに含まれるグルタチオンという物質は、人体では肝臓や眼球に多く含まれています。グルタチオンが不足すると、肝機能が低下したり、白内障(目をカメラにたとえたときにレンズに当たる水晶体が白く濁る病気)を起こしやすくなったりします。
 タマネギを食べるとグルタチオンが摂取できますから、肝機能が高まり、白内障になりにくくなるでしょう。

 また、アメリカのニューヨーク州にあるコーネル大学の研究によると、タマネギに大腸ガンや肝臓ガンを抑制する効果があることもわかってきました。

 この研究は、ガン細胞にタマネギから抽出した物質を加えて、ガン細胞の生成に与える影響を調べたものです。その結果、ある種のタマネギには、大腸ガン、肝臓ガンを抑制する効果があったそうです。

タマネギはどのくらいの量を食べればよいか

 では実際に、タマネギをどの程度の量食べれば、病気を防ぐ効果が期待できるのでしょう。

 血栓の予防、脂質の検査値の改善、高血圧の抑制、糖尿病の防止、気管支ぜんそくの改善、骨粗鬆症(骨がもろくなる病気)の予防などには、1日に50g、つまりタマネギ4分の1個でじゅうぶんです。
 においの強いタマネギほど、効果も高いようです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「インターバル速歩」がNHKのテレビ放送で取り上げられ、大きな反響を呼びました。以来、何度かテレビで紹介されているのでご存じのかたもいらっしゃるでしょう。血圧は肥満と相関関係があり、インターバル速歩は高血圧も肥満も同時に解消してくれます。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科特任教授)
更新: 2019-05-04 18:00:00
大さじ2杯のバナナ酢に、漬けたバナナと季節のフルーツを刻んで入れ、コップ1杯の水を足して飲みます。夜は、水で割ったバナナ酢を夕食前にとるようにしました。飲み続けて1ヵ月ほどで、最大血圧が120mmHg、最小血圧が70mmHgに下がり、正常値に。【体験談】山口玲子(食品輸入会社経営者・54歳)
更新: 2018-10-30 12:00:00
思っていた印象より、ずっと軽い力で握ることがわかりました。助かったのは、パソコンの画面を見ながらの仕事中でも行えることです。私は、右手で2回やってから、左手で2回行うようにしています。パソコンの前に座ると、「忘れないうちにやっておこう」という感じで毎日続けました。【体験談】牧田日登美(仮名・自営業・58歳)
更新: 2018-10-08 07:00:00
画期的な方法が、ここで紹介する「タオル握り」です。これは、フェイスタオルを巻いて、手で軽く握ったり、ゆるめたりする方法です。手足の血行が促されると、血管がしなやかに保たれ、高血圧の予防・改善になります。【解説】久代登志男(日野原記念クリニック(聖路加国際病院連携施設)所長・鬼倉循環器内科クリニック名誉院長)
更新: 2018-09-29 18:00:00
体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)
更新: 2018-09-12 20:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt