タマネギの皮捨ててる?薄皮に含まれる知られざる薬効

タマネギの皮捨ててる?薄皮に含まれる知られざる薬効

タマネギを調理する際、皆さんは、タマネギの薄皮をどうしているでしょうか。ほとんどかたは、無用のゴミとして捨ててしまっているしょう。しかし実は、このタマネギの薄皮には、無造作に捨ててしまうにはもったいない薬効が含まれています。【解説】三浦於菟(東邦大学東洋医学科客員教授 吉祥寺東方医院院長)


ふだん捨てている薄皮にも特筆すべき薬効

 タマネギを調理する際、皆さんは、タマネギの薄皮をどうしているでしょうか。
 ほとんどかたは、無用のゴミとして捨ててしまっているしょう。しかし実は、このタマネギの薄皮には、無造作に捨ててしまうにはもったいない薬効が含まれています。

 では、タマネギの薄皮に含まれている薬効とはどんなものでしょうか。
 中国では、タマネギのことを「洋葱」といいます。この当て字からもわかるように、タマネギはもともと西洋原産の野菜です。ただ、それでも中国では、昔からタマネギの薬効はよく知られていました。

 例えば、高血圧、高脂血症、糖尿病、脳血栓(脳の血管が詰まって起こる脳卒中)、老眼、白内障(目をカメラにたとえたときにレンズに当たる水晶体が白く濁る病気)、近視、めまい、のぼせ、便秘、肌荒れ、イライラなどが、タマネギの有効な病気や症状として知られています。その健康効果は、非常に多岐にわたっているといっていいでしょう。

 これらのさまざまな健康効果は、主にタマネギの白い身の部分から得られますが、ふだん捨てている薄皮の茶色い部分にも特筆すべき薬効があります。

 その一つが、ケルセチンの血圧降下作用です。ケルセチンとは、ポリフェノールの一種で、非常に強力な抗酸化作用を有し、血圧を下げる効用があることがわかっています。このケルセチンが、タマネギの薄皮にはたくさん含まれています。このため、血圧を下げるという目的では、タマネギの薄皮を積極的に摂取することが、推奨されることになるのです。

 また、漢方的にも、タマネギは高血圧に対して効果の期待できる食品です。東洋医学では、一種の生命エネルギーである「気」が体の中をスムーズに巡ることで健康が保たれると考えます。東洋医学的に見ると、高血圧は体の上に気が集まってしまった状態です。
 一般に健康によいとされるのが、「頭寒足熱」の状態ですが、高血圧では、気が上方に集まり、「頭熱足寒」の状態になっています。そこで高血圧になると、めまいや耳鳴り、ほてりといった自覚症状が生じることにもなるのです。

もったいなければ2番煎じまでOK

 タマネギには、漢方的には、主に三つの作用があります。一つが、「肝」を平静な状態に保つ「平肝作用」、一つが、水分の流れをよくして、タンを取る「去湿化痰作用」、一つが熱を冷ます「清熱解毒作用」です。この場合、とりわけ重要なのが、平肝作用です。

 肝とは、西洋医学の肝臓よりも広い概念を含みます。肝は、血を調整したり、血を貯蔵したり、気を体にスムーズに巡らせる働きをしています。
 タマネギを摂取すると、その平肝作用によって、体に気がスムーズに巡るようになります。それが、高血圧の人の、気が上方に集まった状態の改善につながるのです。上方に集まっていた気が下がり、頭にこもった熱が取れば、高血圧もよくなりますし、頭痛やほてり、イライラ、耳鳴りなどの症状も解消してくるでしょう。

 古い漢方の医学書では、タマネギの薄皮だけの薬効を説明した文献や臨床例はありませんが、経験的に、その薄皮にも、タマネギの白い身の部分と同様の健康効果があることもわかっています。ですから、今解説したようなタマネギの平肝作用は、タマネギの薄皮を摂取した場合も、当然、期待できるでしょう。

→タマネギの皮茶の作り方

 さらに漢方では、身に薬効のある食べ物の皮の部分には、特有の効能があるとされています。つまり、食べ物の表面にある皮には、人体の表面に出た症状を、身の部分よりも強力に取る働きがあると考えます。こうした意味で、タマネギの薄皮も、肌荒れや耳鳴りといった症状に勧められることになるのです。

 このようにさまざまな薬効を含んだタマネギの薄皮のエキスを効率的に摂取できるのが、タマネギの薄皮茶です。
 1日にコップ2杯を目安に、毎日続けて飲んでみましょう。薄皮を1度煎じただけで捨てるのがもったいない人は、2番煎じまでは行ってもかまわないでしょう。

→タマネギの皮を使った【解毒スープ】

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

これから紹介する一覧表は、口呼吸をしていることで起こる可能性のある主な病気です。私は、病気の約7割は口呼吸がもたらすものと考えています。口呼吸によって起こる弊害は、病気だけではありません。口の中での舌の位置が下がると、歯並びや姿勢、顔つきが悪くなります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【高血圧に効果】多忙な人ほど高血圧リスク大!「毎食後のコーヒー」を医師が勧める理由

【高血圧に効果】多忙な人ほど高血圧リスク大!「毎食後のコーヒー」を医師が勧める理由

食後のコーヒーは、高血圧に効果があり、血管を若々しく保ち、さらに動脈硬化を予防することができます。高血圧を改善するためには、食事では減塩する、運動を心がけるなど、日常生活が大事です。ここでは、食事の工夫の一つとして、コーヒーをお勧めしたいと考えています。【解説】 高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター教授)


2日で作れる健康薬酒【タマネギワイン】が人気の理由

2日で作れる健康薬酒【タマネギワイン】が人気の理由

今タマネギワインが大変な人気です。タマネギと赤ワインを使って、わずか2日で作れる手軽さと、毎日少量飲むだけで効果が得られるというのが、人気の秘密のようです。糖尿病や高血圧などの改善だけでなく、なんとなく体がだるい、などの半健康状態の人の健康増進や、病気の予防に役立ててください。【解説】岡田研吉(玉川学園岡田医院院長)


「パスタとピザ」「コロッケとトンカツ」血糖値を上げにくいのはどっち?

「パスタとピザ」「コロッケとトンカツ」血糖値を上げにくいのはどっち?

「さて、では問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)


毒出し効果抜群!糖尿病、高血圧を撃退するタマネギのスピード薬膳《その1》

毒出し効果抜群!糖尿病、高血圧を撃退するタマネギのスピード薬膳《その1》

タマネギは薬効が豊富で、血液中の血の塊(血栓)を溶かす硫化プロピルや、毒出し効果の高いケルセチンなどを多く含みます。そのため、糖尿病、動脈硬化、高血圧などの、生活習慣病に悩む現代人に最適の野菜といえるでしょう。手早くさっと作れて、おいしく栄養効果の高い料理を紹介します。【解説】浜内千波(料理研究家・栄養士)


最新の投稿


血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

私の施術所には、耳鳴りやめまい、難聴に悩む患者さんも、多く訪れます。そうした症状に治療効果を上げているのが、わきの下への刺激を加えた施術です。これまでの施術経験から、軽い耳鳴りなら2ヵ月ほどで、重症でも1年くらいで改善の傾向が現れます。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと血圧が上がりやすくなるからです。ふだんは血圧が正常でも「冬だけ高血圧」の人もいます。血圧の高い人は、冬の運動など急激な変化にも注意が必要です。具体的な対策をご紹介しましょう。【監修】高沢謙二(東京医科大学八王子医療センター病院長・同大学循環器内科教授)


【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

昔から、「冷えは女性の大敵」などといわれます。実は、中高年の女性に多い頻尿や尿もれなどの尿トラブルは、寒い時期に悪化しがちです。私のクリニックでは、尿トラブルの治療は骨盤底筋トレーニングと腹式呼吸が基本です。【解説】関口由紀(女性医療クリニック LUNAグループ理事長・医学博士)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

体温が低くなると腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあります。そこで、「仙骨温め」のやり方をご紹介します。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング