2日で作れる健康薬酒【タマネギワイン】が人気の理由

2日で作れる健康薬酒【タマネギワイン】が人気の理由

今タマネギワインが大変な人気です。タマネギと赤ワインを使って、わずか2日で作れる手軽さと、毎日少量飲むだけで効果が得られるというのが、人気の秘密のようです。糖尿病や高血圧などの改善だけでなく、なんとなく体がだるい、などの半健康状態の人の健康増進や、病気の予防に役立ててください。【解説】岡田研吉(玉川学園岡田医院院長)


→タマネギワインの作り方はコチラ

16年来の腰痛が軽くなった

 今タマネギワインが大変な人気です。すぐに手に入るタマネギと赤ワインを使って、わずか2日で作れる手軽さと、毎日少量飲むだけで効果が得られるというのが、その人気の秘密のようです。

 タマネギを切ると、独特の刺激を感じます。この刺激は、タマネギに含まれる硫化アリルなどの揮発性(蒸発しやすい性質)の有効成分によるものです。タマネギには、硫黄などのミネラル類が豊富に含まれているのです。
 一方、赤ワインにはアルコールのほか、赤い色素に鉄分をはじめとするさまざまなミネラル類や薬効成分が含まれています。

 漢方で薬酒を服用するときは、生薬(漢方薬の原材料となる草根木皮)を乾燥させて酒に漬けて使います。その場合、タマネギの揮発性の成分を、じゅうぶんに活用するのは難しいでしょう。
 その点、タマネギワインはタマネギを生のまま使うので、そうした有効成分の薬効を、ほぼそのまま使うことができるはずです。タマネギワインは、タマネギと赤ワインという、優れた薬効を持つものどうしを組み合わせた、実によく効く薬酒といえるのです。

『壮快』に寄せられた読者の体験からも、多くの症状にタマネギワインが効いていることがわかります。
 今までの特集記事の体験手記をいくつか挙げてみると、次のようになります。

高血圧

●最大血圧200㎜Hg、最小血圧120㎜Hgと高かった血圧が、タマネギワインを飲み始めた翌月には、ほぼ正常範囲に下がった。
●最大血圧180㎜Hg、最小血圧90㎜Hgだった血圧が、タマネギワインを飲み始めて2週間で最大血圧140㎜Hg、最小血圧70㎜Hg程度に安定してきた。

糖尿病

●糖尿病で300㎎/㎗あった血糖値が、タマネギワインを飲んだら、120㎎/㎗とほぼ正常範囲におさまってきた。
●食事療法を続けていても、170㎎/㎗と、全く下がらなかった血糖値が、タマネギワインを飲んだら、すぐに140㎎/㎗前後におさまってきた。

腰痛・ひざ痛

●16年来の腰痛、ひざ痛が、タマネギワインを飲み始めたら軽くなった。
●階段の上り下りができないほどのひざ痛が、タマネギワインでたった4日で軽減した。

認知症

●タマネギワインを飲んだら、夫の認知症が改善した。

白内障

●白内障(目をカメラにたとえたときにレンズに当たる水晶体が白く濁る病気)の目のかすみが、タマネギワインですっかり取れて、視界が明るくなった。

 このほかにも、リウマチ、心臓病、動悸・息切れ、頭痛、めまい、便秘、下痢などの症状に効いたという体験があり、タマネギワインの幅広い薬効には、驚くほどです。

弱った全身の機能を高め、正常にしていく

 タマネギワインは、その揮発性の成分やアルコールなどの働きで、全身と局所の血の巡りをよくします。また、豊富なミネラル類で体を調整することを通じて、弱った全身状態、臓器、関節などの機能を高め、正常にしていくのです。

 例えば、糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが少なくなったり、その機能が低下したりして起こります。
 糖尿病の人がタマネギワインを飲むと、全身や消化器系での血液循環が改善され、消化器全般と膵臓などの血の巡りがよくなります。

 その結果、循環するインスリンが行き渡り、機能が高まって、血糖値を調整しやすくなるわけです。
 また、全身の臓器の新陳代謝は、粘膜を介して行われます。したがって、血行が悪くなって粘膜が不調を起こすと、必要な栄養の補給や老廃物の回収が円滑に進まなくなってしまいます。

 タマネギワインは血行をよくし、タマネギ特有の揮発性成分の刺激で、粘膜の状態を調整するのです。その結果、新陳代謝がうまくいくようになると考えられます。
 糖尿病や高血圧は、昔と現在では症状の現れ方が少し違っています。昔の糖尿病は、水を飲んでも飲んでものどが渇いて苦しく、どんどんやせていくといった症状が見られ、アルコールを飲ませるなど、とんでもないことでした。

 ところが現代の糖尿病は、最初の10年ほどは本人はあまり苦痛を感じないケースが多いのです。ところが、その後、血栓(血液中にできる血の塊)、眼底出血(光を感じる働きをする網膜の血管が出血を起こす病気)、腎不全などの血管の障害が起こり寿命が短くなります。
 タマネギワインは膵臓やインスリンの働きを助けるとともに、血管の障害を防ぐ効果も期待できますから、適量を飲めば、糖尿病に適した健康飲料といえるのです。

 また、昔は高血圧の患者に運動をさせたり、アルコールを与えたりすることは疑問視されていました。しかし、今は、運動や適量のアルコールで血行をよくすれば、血圧が下がるケースがふえているのです。

 このような最近の病気の特徴も、タマネギワインが活躍し、人気を得る背景となっています。タマネギワインは、糖尿病や高血圧などの改善だけでなく、なんとなく体がだるい、などの半健康状態の人の健康増進や、健康な人の健康維持と病気の予防に役立つでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【やり方付き】なぜダイエットが成功しないのか ― 骨盤を整えると楽々痩せる!

【やり方付き】なぜダイエットが成功しないのか ― 骨盤を整えると楽々痩せる!

ひざ痛や腰痛、股関節痛、肩こりなど、関節周辺の痛みを抱える患者さんは、ほぼ全員、姿勢が悪く、体重が標準値をオーバーしているのです。私は、「関節痛も肥満も、なぜ根本的に改善できないのだろう」と考えました。そのとき思い当たったのが、「体のねじれ」だったのです。【解説】碁盤一晴(ごばん接骨院院長)


【研究で判明】認知症予防には「思い出」が有効!自宅でできる回想法とは

【研究で判明】認知症予防には「思い出」が有効!自宅でできる回想法とは

昔話をしたり、昔の品物を見たりすると、脳の血流が増えることが確認できました。さらに、3ヵ月続けると、高齢者の能動的な活動につながることもわかってきました。【解説】遠藤英俊(国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長)


【脳研究】認知症・うつ予防に効果的なウォーキングのポイント2点「しりとり」「知らない町」

【脳研究】認知症・うつ予防に効果的なウォーキングのポイント2点「しりとり」「知らない町」

認知症を予防するために、どんなことを心がけるべきか。脳に関する研究の進展によって、その方向性がしだいに見えてきました。最も勧められるものが運動です。とはいえ、サッカーやテニスのような、激しいものをする必要はありません。【解説】瀧靖之(東北大学加齢医学研究所教授・医師・医学博士)


【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

昼間お勤めをしている人は、平日に外出や散歩の時間を取ることが難しいかもしれません。駅までの道を速足で歩く、職場の一つ手前の駅で降りて歩く、エレベーターやエスカレーターは使わない、などを心がけるといいでしょう。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所運動科学研究室長)


最新の投稿


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

ヒトは、猫と触れ合うと、脳に大きな変化が現れます。猫と暮らすことは、かわいがることで癒し効果が得られるのと同時に、さまざまな作業が必要となります。食事や飲み水の用意をするなど、こうした一連の作業はすべて、脳をよく使うことにつながります。【解説】内山秀彦(東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授)


【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

糖質制限でやせた経験を生かして、糖質オフ専門のレストランをオープンしました。糖質制限をしながら、おいしく食べられる料理をご提供しています。さて、糖尿病の予防・改善のため、あるいはダイエットのため、これから糖質制限を始めたいというかたにいくつかアドバイスをします。【解説】粂康晴(薬剤師・レストラン「カーボオフ」オーナー)


【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

私が目指したのは、元サッカー選手の中田英寿さんのような「細マッチョ」。今回ご紹介する「家トレ」は、余分な体脂肪を落とし必要な筋力を維持するためのトレーニングです。高齢者はもちろんのこと、ひざや腰が悪い人こそ積極的に行ってください。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


ランキング


>>総合人気ランキング