MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【玉ねぎを使った健康レシピ】ドロドロ血液がサラサラに変わるタマネギ料理

【玉ねぎを使った健康レシピ】ドロドロ血液がサラサラに変わるタマネギ料理

タマネギには、血液中のコレステロール値を下げる作用や、血栓(血液中の血の塊)をできにくくする作用があり、血圧を下げる働きがあることも認められています。さらに、老化やガンの元凶物質とされる活性酸素を中和する抗酸化物質も豊富に含まれているのです。【解説】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)

 タマネギには、血液中のコレステロール値を下げる作用や、血栓(血液中の血の塊)をできにくくする作用があり、血圧を下げる働きがあることも認められています。さらに、老化やガンの元凶物質とされる活性酸素を中和する抗酸化物質も豊富に含まれているのです。
 それだけではありません。タマネギは、精力増強、疲労回復に役立つ成分もぎっしり詰まっている栄養の宝庫なのです。たくさん食べて、健やかな毎日を過ごしてください。

タマネギとエビの卵とじ

ご飯をのせて食べたい!ふんわりおいしい
(エネルギー 122kcal、塩分 1.5g、1人分)

[材料](2人分)
・タマネギ(中)…1個(200g)
・エビ…100g
・Ⓐだし汁…1カップ、しょうゆ…大さじ1、酒…大さじ1
・卵…1個

[作り方]
❶タマネギを細切りにする。
❷エビは背ワタを取り、殻をむいて1~2㎝大に切る。
❸鍋にⒶを合わせ、煮立てたところに①を加える。中火で7~8分、タマネギがやわらかくなるまでコトコト煮る。
❹③に②を加え、火を通す。アクを引いて、卵を溶いて流し入れ、好みの加減に火を通して出来上がり。

タマネギとキュウリの梅肉和え

梅の酸っぱさとタマネギの甘さがマッチ
(エネルギー 50kcal、塩分 1.1g、1人分)

[材料](2人分)
・タマネギ(中)…1個(200g)
・キュウリ…1本
・梅干し…1個
・Ⓐ酢…大さじ1、砂糖…小さじ1/2

[作り方]
❶タマネギは、だいたい1㎝幅のくし形に切る。お湯を煮立てて、色が変わる程度にさっとゆで、冷水に取る。手早く冷まして、水気を切る。
❷キュウリは、縞目に向いて、縦半分に切り、斜め薄切りにする。
❸梅干しは、種を取り除き、果肉を包丁でたたいてペースト状にする。これにⒶを混ぜる。
❹①と②を合わせ、③で和えて出来上がり。

タマネギとゴーヤの中華風サラダ

栄養満点のゴーヤと抜群の組み合わせ
(エネルギー 272kcal、塩分 0.7g、1人分)

[材料](2人分)
・タマネギ(中)…1/2個(100g)
・ゴーヤ…1/2本(100g) 
・Ⓐゴマ油…小さじ1、カキ油…小さじ1、酢…大さじ1、コショウ…少々
・ゴマ…少々

[作り方]
❶タマネギは、薄切りにしてから冷水に15~20分くらいさらす。途中で2、3回ほど水を替える。よく辛みを取って、パリッとしたら水気を切る。
❷ゴーヤは、縦半分に切り、種とワタをスプーンできれいにくり抜いて、端から薄く切る。
❸①、②をよく混ぜて合わせて、Ⓐであえ、ゴマを散らす。

タマネギと手羽先の煮込み

凝縮された旨みが口の中でとろける
(エネルギー 151kcal、塩分 1.4g、1人分)

[材料](2人分)
・タマネギ(小)…2個(300g)
・鶏手羽先…4本
・モロヘイヤ…少々
・Ⓐだし汁…2カップ、酒…1/4カップ、しょうゆ…大さじ1

[作り方]
❶タマネギは横半分に切る。
❷手羽先は裏側から骨に添って、1本切り込みを入れる。
❸モロヘイヤは葉を摘む。
❹鍋にⒶを合わせ、煮立てたところに①、②を加える。再び煮立ったら弱火にし、落としぶたをして20~30分コトコトと煮る。
❺タマネギがやわらかくなったら③を加え、ひと煮立ちさせて出来上がり。

タマネギとタチウオの南蛮漬け

するするとはしが進むさっぱり味
(エネルギー 220kcal、塩分 1.6g、1人分)

[材料](2人分)
・タマネギ(中)…1個(200g)
・タチウオ…1切れ(150g)
・Ⓐ酢…1/2カップ、砂糖…大さじ1/2、塩…小さじ1/2、しょうゆ…小さじ1、赤トウガラシ(ちぎって種を取る)…1本

[作り方]
❶タマネギは1㎝幅の輪切りにする。
❷タチウオは1㎝幅の切り込みを入れ、3㎝幅に切る。
❸焼き網を熱し、中火で①、②をこんがりと焼く。
❹Ⓐを合わせる。③で焼けたものから熱いうちにAに漬け、味をなじませる。

タマネギの黒酢炒め

香り高く滋味あふれる逸品
(エネルギー 117kcal、塩分 0.3g、1人分)

[材料](2人分)
・タマネギ(中)…1個(200g)
・キクラゲ…4枚
・枝豆(さや付き)…150g
・ゴマ油…大さじ1/2
・ニンニク(つぶす)…1片
・赤トウガラシ(ちぎって種を取る)…1本
・Ⓐ黒酢…大さじ1、砂糖…小さじ1、カキ油…小さじ1

[作り方]
❶タマネギは芯をつけたまま、1.5㎝幅のくし形に切る。
❷キクラゲは戻して石突きを取り、食べやすい大きさに切る。
❸枝豆はゆでて、さやから豆を出す。
❹フライパンにゴマ油を熱し、ニンニク、赤トウガラシを入れ、①を炒める。タマネギが透き通ってきたら②を加え、さらにⒶを合わせる。汁気を飛ばすように炒め、③を加えて出来上がり。

タマネギと香り野菜の和えうどん

さわやかな香りが奏でるうどん
(エネルギー 391kcal、塩分 2.3g、1人分)

[材料](2人分)
・タマネギ(中)…1個(200g)
・ミョウガ…2個
・カイワレ菜…1パック
・ちりめんじゃこ…10g
・ピーナッツ(素炒り)…10g
・うどん…2玉(400g)
・高菜漬け(刻んだもの)…30g
・Ⓐゴマ油…大さじ1/2、しょうゆ…小さじ1、コショウ…少々

[作り方]
❶タマネギは薄切り、ミョウガは斜め薄切り、カイワレ菜は根を切る。合わせて冷水にさらし、10~15分置く。
❷ちりめんじゃこは熱湯をかけておく。ピーナッツは薄皮をむいて刻む。
❸うどんをゆで、冷水で手早く洗う。
❹③をボウルに入れ、①、②、高菜漬け、Ⓐを加え、よく和える。全体がなじんだら出来上がり。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)
更新: 2019-05-10 18:00:00
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で、従来から知られている5大栄養素にはない、抗酸化作用や抗がん作用、免疫の増強・調整作用があります。ファイトケミカルは野菜スープにすることによって、有効成分をムダなく摂取することがでます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)
更新: 2019-05-15 10:04:46
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt