ドロドロ血液がサラサラに変わる!血管も内臓もぐんぐん若返る!絶品タマネギ料理《その3》

ドロドロ血液がサラサラに変わる!血管も内臓もぐんぐん若返る!絶品タマネギ料理《その3》

タマネギには、血液中のコレステロール値を下げる作用や、血栓(血液中の血の塊)をできにくくする作用があり、血圧を下げる働きがあることも認められています。さらに、老化やガンの元凶物質とされる活性酸素を中和する抗酸化物質も豊富に含まれているのです。【解説】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


 タマネギには、血液中のコレステロール値を下げる作用や、血栓(血液中の血の塊)をできにくくする作用があり、血圧を下げる働きがあることも認められています。さらに、老化やガンの元凶物質とされる活性酸素を中和する抗酸化物質も豊富に含まれているのです。
 それだけではありません。タマネギは、精力増強、疲労回復に役立つ成分もぎっしり詰まっている栄養の宝庫なのです。たくさん食べて、健やかな毎日を過ごしてください。

タマネギと手羽先の煮込み

凝縮された旨みが口の中でとろける
(エネルギー 151kcal、塩分 1.4g、1人分)

[材料](2人分)
・タマネギ(小)…2個(300g)
・鶏手羽先…4本
・モロヘイヤ…少々
・Ⓐだし汁…2カップ、酒…1/4カップ、しょうゆ…大さじ1

[作り方]
❶タマネギは横半分に切る。
❷手羽先は裏側から骨に添って、1本切り込みを入れる。
❸モロヘイヤは葉を摘む。
❹鍋にⒶを合わせ、煮立てたところに①、②を加える。再び煮立ったら弱火にし、落としぶたをして20~30分コトコトと煮る。
❺タマネギがやわらかくなったら③を加え、ひと煮立ちさせて出来上がり。

タマネギとタチウオの南蛮漬け

するするとはしが進むさっぱり味
(エネルギー 220kcal、塩分 1.6g、1人分)

[材料](2人分)
・タマネギ(中)…1個(200g)
・タチウオ…1切れ(150g)
・Ⓐ酢…1/2カップ、砂糖…大さじ1/2、塩…小さじ1/2、しょうゆ…小さじ1、赤トウガラシ(ちぎって種を取る)…1本

[作り方]
❶タマネギは1㎝幅の輪切りにする。
❷タチウオは1㎝幅の切り込みを入れ、3㎝幅に切る。
❸焼き網を熱し、中火で①、②をこんがりと焼く。
❹Ⓐを合わせる。③で焼けたものから熱いうちにAに漬け、味をなじませる。

タマネギの黒酢炒め

香り高く滋味あふれる逸品
(エネルギー 117kcal、塩分 0.3g、1人分)

[材料](2人分)
・タマネギ(中)…1個(200g)
・キクラゲ…4枚
・枝豆(さや付き)…150g
・ゴマ油…大さじ1/2
・ニンニク(つぶす)…1片
・赤トウガラシ(ちぎって種を取る)…1本
・Ⓐ黒酢…大さじ1、砂糖…小さじ1、カキ油…小さじ1

[作り方]
❶タマネギは芯をつけたまま、1.5㎝幅のくし形に切る。
❷キクラゲは戻して石突きを取り、食べやすい大きさに切る。
❸枝豆はゆでて、さやから豆を出す。
❹フライパンにゴマ油を熱し、ニンニク、赤トウガラシを入れ、①を炒める。タマネギが透き通ってきたら②を加え、さらにⒶを合わせる。汁気を飛ばすように炒め、③を加えて出来上がり。

タマネギと香り野菜の和えうどん

さわやかな香りが奏でるうどん
(エネルギー 391kcal、塩分 2.3g、1人分)

[材料](2人分)
・タマネギ(中)…1個(200g)
・ミョウガ…2個
・カイワレ菜…1パック
・ちりめんじゃこ…10g
・ピーナッツ(素炒り)…10g
・うどん…2玉(400g)
・高菜漬け(刻んだもの)…30g
・Ⓐゴマ油…大さじ1/2、しょうゆ…小さじ1、コショウ…少々

[作り方]
❶タマネギは薄切り、ミョウガは斜め薄切り、カイワレ菜は根を切る。合わせて冷水にさらし、10~15分置く。
❷ちりめんじゃこは熱湯をかけておく。ピーナッツは薄皮をむいて刻む。
❸うどんをゆで、冷水で手早く洗う。
❹③をボウルに入れ、①、②、高菜漬け、Ⓐを加え、よく和える。全体がなじんだら出来上がり。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


薬膳 タマネギ

関連する投稿


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


【体験談】目の周りの乾燥がしっとり若返りかゆみが消失「骨スープ」で腸内環境が改善した

【体験談】目の周りの乾燥がしっとり若返りかゆみが消失「骨スープ」で腸内環境が改善した

骨スープを飲む前は、目の周りが乾燥してかゆくなり無意識にゴシゴシかいていました。それがある日友人から「最近、目をかかなくなったわね」といわれて、ハッとしました。気づけば肌はしっとり潤い、目の周りのかゆみが消えていたのです。肌ツヤもよくなり、高価な保湿クリームや美容液は不要になりました。【体験談】鈴木恵子(68歳・主婦)


【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その1)

【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その1)

肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください【監修】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【健康レシピ】玉ねぎが苦手でも美味しく食べられる「玉ねぎジャム」レシピ

【健康レシピ】玉ねぎが苦手でも美味しく食べられる「玉ねぎジャム」レシピ

タマネギが苦手な人でもおいしく食べられる。そのまま食べてもおいしいですし、普段のお料理に少し足すだけで、うま味が加わって、よりいっそうおいしくなります。【解説】五十嵐ゆかり(管理栄養士・料理研究家)


息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

現在30代の息子は、20代前半から顔に赤いブツブツが出始め、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断されました。ステロイドの塗り薬を処方されましたが、よくなったり悪くなったりをくり返していました。数年すると全身にアトピーが広がり、肌がジュクジュクしてかゆみもひどくなりました。【体験談】野村敦子(仮名・67歳・主婦)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )