MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【老眼の症状チェック】夕方になると見えにくくなる これは老眼のサイン

【老眼の症状チェック】夕方になると見えにくくなる これは老眼のサイン

老眼は、老化により水晶体が硬くなり、ピント調節力が低下して起こります。目は、水晶体の厚さを変えてピントを合わせますが、硬くなった水晶体を調節しようとして毛様体筋が疲弊します。水晶体が年齢と共に硬くなるのは、避けられませんが「毛様体筋ストレッチ」で鍛えて進行を遅らせることができるのです。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)

「老眼は人生の損」と眼科医の梶田先生

手元が見えないと人生の質も変わる

 本を読んだり、パソコンやスマートフォンを使ったり、生活の中では遠くを見るよりも、近くを見ることのほうが圧倒的に多いものです。そのため、近くがよく見えないと非常に不便で、目が疲れてくると作業を中断しなければなりません。
 逆に、近くがよく見えれば、好きなだけ本を読み、やりたいことを集中して続けることができます。長い年月には、作業を続けて成し遂げたことも、本や新聞を読んで得た知識の量も、近くが見えると見えないでは、まったく違ってきてしまいます。人生において近くが見えないことは、損をしているといっても過言ではないのです。

 近くがよく見えない原因には、遠視と老眼があります。
 遠視は、カメラでいえばフィルムの役目をする網膜の後ろで、ピントが合ってしまいます。そのため、網膜にピントを合わせるには、近くを見るときも、遠くを見るときも、カメラのレンズに当たる水晶体の厚さを調節しなければなりません。

 老眼は、老化により水晶体が硬くなり、ピント調節力が低下して起こります。
 水晶体の厚さを調節するのが、水晶体を周囲で支えている毛様体筋です。目は、この毛様体筋を緊張させたりゆるめることで、水晶体の厚さを変えてピントを合わせます。ですから、遠視では毛様体筋が酷使され、老眼では硬くなった水晶体を調節しようとがんばるので、毛様体筋が疲弊してしまいます。

 

目のピント調整のしくみ

老眼の場合、水晶体が年齢とともに硬くなるのは、避けようがありません。しかし、毛様体筋を鍛えれば、老眼の進行をある程度遅らせることができます。その方法の一つが、「毛様体筋ストレッチ」です。

毛様体筋ストレッチのやり方

ポイントは遠近にピントを合わせること

 毎日このストレッチをすることで、老眼による目の疲れ方は大きく違ってきます。やり方は簡単です。電車やバスを待つ間や入浴中など、いつでもどこでもできます。目に疲労を感じたときや、細かい作業の前後にしておくのも、よいでしょう。

 ピントが合わないと毛様体筋が動かないので、ただ遠くを見ただけで視力が上がることは、ありません。大切なのは、毛様体筋を動かすことです。近くでピントを合わせてから、少し離れた距離でピントを合わせるように、ストレッチを行いましょう。
 毛様体筋ストレッチに加えて、10分目を使ったら、1〜2秒視線をそらして遠くにピントを合わせることを習慣にするのもお勧めです。目の疲れ方が、驚くほど変わってきます。

 目は体の中で、唯一、内臓や血管の働きを調整する自律神経の交感神経(全身の活動力を高める神経)と副交感神経(心身をリラックスさせる神経)の、両方が存在する器官です。近くを見るときは副交感神経が働き、遠くを見るときには交感神経が働きます。

 ピント合わせがずれると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなります。それにより、自律神経のバランスがくずれ、自律神経失調症の引き金になることさえあります。
 少し離さないと手元が見えづらくなって老眼だと気付く人が多いのですが、夕方、遠くが見えにくくなったら、それはもう老眼の始まりです。肩こりがひどくなり、頭痛が頻繁に起こるようになったときも、老眼が始まったサイン。

 老眼も病気と同じで、早い対処が功を奏します。毛様体筋ストレッチを早い時期からやっておくと、本格的に老眼になるのを防げます。
 もちろん、もう手元が見えづらくなっている人にも、老眼の進行を遅らせる、あるいは目を疲れにくくするということで有効です。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00
老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)
更新: 2018-07-28 17:47:33
「深い呼吸をしていると目の働きがよくなって、眼精疲労やドライアイはもちろん、視力もよくなってくるんですよ」こう言うと、たいていのかたはびっくりされます。なぜ、深い呼吸である視力回復呼吸をすると、視力が上がるのでしょうか。この疑問を解くカギは、血流が握っています。【解説】原久子(原アカデミー代表・鍼灸師)
更新: 2018-04-20 18:35:19
寒い季節には、厚着をしたり、帽子や手袋や耳あてをしたりと防寒対策をされるでしょう。でも、「目」は、防寒対策のしようがありません。寒さだけでなく、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使することも、冷えを招く一因です。対策として、手軽でお勧めなのは「蒸しタオル」です。【解説】石坂裕子(眼科医・内科医) 
更新: 2018-09-18 18:03:52
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt