「あれ?夕方になると見えにくくなる…」これは、老眼のサイン

「あれ?夕方になると見えにくくなる…」これは、老眼のサイン

老眼は、老化により水晶体が硬くなり、ピント調節力が低下して起こります。目は、水晶体の厚さを変えてピントを合わせますが、硬くなった水晶体を調節しようとして毛様体筋が疲弊します。水晶体が年齢と共に硬くなるのは、避けられませんが「毛様体筋ストレッチ」で鍛えて進行を遅らせることができるのです。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)


「老眼は人生の損」と梶田先生

手元が見えないと人生の質も変わる

 本を読んだり、パソコンやスマートフォンを使ったり、生活の中では遠くを見るよりも、近くを見ることのほうが圧倒的に多いものです。そのため、近くがよく見えないと非常に不便で、目が疲れてくると作業を中断しなければなりません。
 逆に、近くがよく見えれば、好きなだけ本を読み、やりたいことを集中して続けることができます。長い年月には、作業を続けて成し遂げたことも、本や新聞を読んで得た知識の量も、近くが見えると見えないでは、まったく違ってきてしまいます。人生において近くが見えないことは、損をしているといっても過言ではないのです。

 近くがよく見えない原因には、遠視と老眼があります。
 遠視は、カメラでいえばフィルムの役目をする網膜の後ろで、ピントが合ってしまいます。そのため、網膜にピントを合わせるには、近くを見るときも、遠くを見るときも、カメラのレンズに当たる水晶体の厚さを調節しなければなりません。

 老眼は、老化により水晶体が硬くなり、ピント調節力が低下して起こります。
 水晶体の厚さを調節するのが、水晶体を周囲で支えている毛様体筋です。目は、この毛様体筋を緊張させたりゆるめることで、水晶体の厚さを変えてピントを合わせます。ですから、遠視では毛様体筋が酷使され、老眼では硬くなった水晶体を調節しようとがんばるので、毛様体筋が疲弊してしまいます。

 

目のピント調整のしくみ

老眼の場合、水晶体が年齢とともに硬くなるのは、避けようがありません。しかし、毛様体筋を鍛えれば、老眼の進行をある程度遅らせることができます。その方法の一つが、「毛様体筋ストレッチ」です。

毛様体筋ストレッチのやり方

ポイントは遠近にピントを合わせること

 毎日このストレッチをすることで、老眼による目の疲れ方は大きく違ってきます。やり方は簡単です。電車やバスを待つ間や入浴中など、いつでもどこでもできます。目に疲労を感じたときや、細かい作業の前後にしておくのも、よいでしょう。

 ピントが合わないと毛様体筋が動かないので、ただ遠くを見ただけで視力が上がることは、ありません。大切なのは、毛様体筋を動かすことです。近くでピントを合わせてから、少し離れた距離でピントを合わせるように、ストレッチを行いましょう。
 毛様体筋ストレッチに加えて、10分目を使ったら、1〜2秒視線をそらして遠くにピントを合わせることを習慣にするのもお勧めです。目の疲れ方が、驚くほど変わってきます。

 目は体の中で、唯一、内臓や血管の働きを調整する自律神経の交感神経(全身の活動力を高める神経)と副交感神経(心身をリラックスさせる神経)の、両方が存在する器官です。近くを見るときは副交感神経が働き、遠くを見るときには交感神経が働きます。

 ピント合わせがずれると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなります。それにより、自律神経のバランスがくずれ、自律神経失調症の引き金になることさえあります。
 少し離さないと手元が見えづらくなって老眼だと気付く人が多いのですが、夕方、遠くが見えにくくなったら、それはもう老眼の始まりです。肩こりがひどくなり、頭痛が頻繁に起こるようになったときも、老眼が始まったサイン。

 老眼も病気と同じで、早い対処が功を奏します。毛様体筋ストレッチを早い時期からやっておくと、本格的に老眼になるのを防げます。
 もちろん、もう手元が見えづらくなっている人にも、老眼の進行を遅らせる、あるいは目を疲れにくくするということで有効です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


老眼 ストレッチ

関連する投稿


【飲み込みにくい】姿勢の悪さも原因に?誤嚥を招く猫背を治すストレッチのやり方

【飲み込みにくい】姿勢の悪さも原因に?誤嚥を招く猫背を治すストレッチのやり方

食べ物や飲み物をスムーズに飲み込めない、うまく飲み込めずにむせてしまうといった嚥下障害や誤嚥は、口やのどの機能の衰えからくる問題と捉えられがちです。しかし、むせる原因はさまざまです。【解説】戸原玄(東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科高齢者歯科学分野准教授)


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【脳が活性化】脳梗塞後の物忘れが改善!ニンニク油で老眼鏡も不要になった

【脳が活性化】脳梗塞後の物忘れが改善!ニンニク油で老眼鏡も不要になった

ニンニク油の効果は多彩ですが、私の体には二つのいい影響がありました。一つは、もの忘れしにくくなったこと。もう一つは、老眼鏡をかけなくても、はっきりと文字が見えることです。ただし、ニンニク油をたっぷりかけたニンジンサラダを食べないと、視力が下がる日もあります。【体験談】コンラード・トシ(主婦・78歳)


【子供の視力低下】弱視に注意 実は多い "近くが見えにくい" 子 三歳児検診がカギ

【子供の視力低下】弱視に注意 実は多い "近くが見えにくい" 子 三歳児検診がカギ

実は「近く」を見るのが苦手。そんな子供は少なくありません。発見が遅れる理由は、学校の視力検査が「遠くを見る力」を測る検査だからです。問題があるのは視力=近くを見る力なのに、「頭が悪い」「根気がない」と評価されてしまうことがあります。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授)【監修】湖崎克(日本小児眼科学会初代理事長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )