【耳の悩み】耳鳴り、難聴、めまいに効く食事―その原因と症状から考える

【耳の悩み】耳鳴り、難聴、めまいに効く食事―その原因と症状から考える

私が勤務する「りゅうえい治療院」には、耳鼻科にかかっても、なかなか改善しないことが多い耳鳴り・難聴・めまいといった症状で来院される患者様がたくさんいます。鍼灸師として、かつ、管理栄養士としてどんなものを食べたら耳の悩みの改善に役立つかお話ししましょう。【解説】立花愛子(りゅうえい治療院副院長・鍼灸師・管理栄養士)


老化や過労が「腎」を低下させる

 私が勤務する「りゅうえい治療院」には、耳鳴り・難聴・めまいといった、耳のさまざまな症状にお悩みの患者さんが、たくさんいらっしゃいます。
 これらの耳の症状は、耳鼻科にかかっても、なかなか改善しないことが多い病気です。「年のせいだから治らない」と思っているかたも少なくないかもしれません。

 そこで、ここでは、鍼灸師として、かつ、管理栄養士として、耳の悩みを改善するために、日ごろどんなものを食べたら役立つかお話ししましょう。
 東洋医学では、耳鳴り・難聴・めまいといった耳の症状は、「腎」が深く関係していると考えられています。
 この場合、腎といっても、西洋医学でいうところの腎臓の機能のみを指すわけではありません。東洋医学における腎とは、腎臓の機能を含んだうえで、さらにもっと広い機能を表す概念です。
 それは、いわば、生命エネルギーの根源のようなものを指しています。

 腎の機能が落ちてくると、体内のホルモン調整や生殖機能、また、西洋医学における腎臓の機能である体内の水分代謝などの機能低下が起こります。
 この腎の機能低下を引き起こす有力な要因が、老化や過労です。加齢や、疲労がたまることによって、白髪や脱毛がふえたり、骨がもろくなったりします。これと同様に起こってくるのが、耳の諸症状と考えられます。その代表的なものとしては、老人性難聴が挙げられるでしょう。

滋養強壮作用の強い五つの要素を紹介

 では、腎が弱っているとき、どんなものを食べればよいでしょうか。
 老化や過労がその症状を引き起こしている主たる原因ですから、対策としては、滋養強壮作用の強いものを食べることが勧められます。

 目安となるのは、次の五つの要素です。
❶黒いもの
❷実・種の性質を有するもの
❸ネバネバしたもの
❹苦いもの
❺鹹いもの

 次に、それぞれについて、具体例を挙げて説明してみましょう。

 ❶の黒いものとは、食材の色が黒いものです。黒いものは、昔から漢方では、滋養強壮作用が強いと考えられてきました。
 例えば、黒ゴマ、黒豆、ヒジキ、ノリ、ワカメなどです。

 次に、❷の実や種の性質を有するものとは、その名のとおり、実や種を指しますが、これも滋養強壮作用があるとされています。
 ダイズ、クルミ、クリ、松の実、桑の実、ヒマワリの種など、各種のナッツ類が挙げられます。

 ❸のネバネバしたものについても、滋養強壮作用が強いと考えられています。
 代表的なものは、納豆やオクラが挙げられます。また、海藻類なども、黒くて、ネバネバしています。

 ❹の苦いものについては、胆の仲間とお考えください。レバーが代表ですが、その種類にはあまりこだわる必要はありません。お好みで、ご自分の食べやすいものを食べるようにするといいでしょう。

 ❺が鹹いものです。これは、塩辛いものを指します。昔から、鹹いものは、腎を養う作用があるとされてきました。
 例としては、しょうゆなどが挙げられます。ただし、現代医学の観点から、とりすぎは禁物です。塩分は、人間の生命活動には不可欠です。しかし、食養として鹹いものが勧められたのは、そうしたものを食べる機会が少なかった昔の時代だからこそ、通用した話です。

 現代の豊かな食生活で同じことを行うと、たちまち塩分のとりすぎになってしまうでしょう。

消化器に負担をかけないよう注意

 この項では、日ごろ常備菜としてとれるよう、クルミ黒ゴマペースト、黒豆の黒砂糖煮、ナガイモの漬物をご紹介します。作り置きして冷蔵庫に入れておけば、毎日の食生活に上手に取り入れることができると思います。

 ちなみに、それぞれの食材を調理する際、特別な注意はありません。
 ただ、お勧めの食材というと、なかには、毎日そればかりを食べるかたがいらっしゃいます。こうした偏った栄養の摂取のしかたは、けっきょく、体のためになりません。
 一つのメニューだけにこだわらずに、栄養学的なバランスを考えながら、紹介したレシピを参考に、バラエティに富んだ食事をとることを目指してください。

 もう1点、注意していただきたいのは、食材は冷えた状態ではなく、できるだけ温かい状態で食べることです。少なくとも、常温以上の温度がいいでしょう。
 なぜなら、冷たいものをとりすぎると、消化器に負担がかかります。消化器が弱ると、てきめんに水分代謝が悪くなります。

 耳の症状はいずれも、水分代謝と関連があります。水分代謝が悪くなり、体内に余分な水分がたまると、耳の症状が出やすくなる傾向があるのです。
 西洋医学の場合、めまいなどの治療薬として、水分代謝を促す利尿剤が処方されるくらいです。体内の水分代謝を悪化させないためにも、冷たいものの食べすぎは禁物です。また、あまりに辛いものや酸味の強いものも胃を荒らしますから、控えたほうがいいでしょう。

 同様の意味合いから、甘いものも要注意です。甘いものも消化器に負担となるからです。
 特に現代は、お菓子やケーキ類など、おいしそうな甘いものであふれています。おいしそうな見映えにつられ、ケーキやお菓子をたくさん食べてしまいがちです。

 しかし、耳鳴りや難聴、めまいのつらい症状が出ているときは、甘いものはできるだけ避けるようにしたほうがいいのです。
 さらに、日常生活においては、睡眠不足も耳の症状に悪影響を及ぼすので、睡眠をじゅうぶんに取るようにしましょう。

 東洋医学では、体全体の状態を見ながら、病気を治していこうとします。そこで、耳の状態を緩和するために体質改善を行っていたら、腰痛までなくなったというケースもしばしばあります。
 根気よく続けていくことで、治りにくい耳の症状も、薄いベールをはぐように、少しずつ改善されていくでしょう。

クルミ黒ゴマ ペースト

❶刻んだクルミ30gと、黒ゴマ30gを、いっしょにすり鉢でする。

❷これにハチミツをお好みの量加える。ヨーグルトに入れたり、パンに塗ったりして食べる。

黒豆の黒砂糖煮

❶黒豆を水につけて一晩おく。

❷そのまま火にかけ、黒豆がやわらかくなったら黒砂糖を加える。

❸水気がなくなるまで煮詰めたら完成。

ナガイモの漬物

❶しょうゆとみりんを大さじ6ずつ、お酒大さじ1、砂糖大さじ1を保存容器に入れる。

❷ナガイモは皮をむいて縦半分に切り、①の合わせ調味料に漬け込む。

❸冷蔵庫で一晩置いたら完成。

立花愛子
りゅうえい治療院副院長。日本大学卒業。東洋医学と栄養学を学び、鍼灸師免許および栄養士免許を取得。鍼灸治療とともに、東洋医学の薬膳を取り入れた栄養指導を行う。平成21年、管理栄養士国家資格取得。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

温熱療法は正しく行えば、体の痛みやこり、疲労の解消に役立つばかりか、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、さらには精神疾患にも有効です。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


胃腸を助けて万病退治! 超健康食「皮付きリンゴ」絶品レシピ

胃腸を助けて万病退治! 超健康食「皮付きリンゴ」絶品レシピ

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」といわれるほど、リンゴは優れた健康効果を持つ食品です。例えば、「便秘が解消」「おなかが凹んだ」「血圧が下がった」「肌がキレイになった」など。今回は、毎日食べると飽きるという人でも満足できる、おいしいリンゴレシピをそろえました。【料理】検見崎聡美(管理栄養士・料理研究家)


【専門医が考案】耳鳴りの症状をピタリと止める「片手でできる呼吸法」

【専門医が考案】耳鳴りの症状をピタリと止める「片手でできる呼吸法」

私が片鼻呼吸で効果を見出したのは、耳鳴りの症状です。片鼻呼吸は、そもそもヨガの呼吸法の一つである、「イダーピンガラ呼吸」を基にしています。ヨガの呼吸法で、気の巡りをよくすることが、耳鳴りの解消につながると考えられます。【解説】陣内 賢(陣内耳鼻咽喉科クリニック院長) 


血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

私の施術所には、耳鳴りやめまい、難聴に悩む患者さんも、多く訪れます。そうした症状に治療効果を上げているのが、わきの下への刺激を加えた施術です。これまでの施術経験から、軽い耳鳴りなら2ヵ月ほどで、重症でも1年くらいで改善の傾向が現れます。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


耳鳴り、めまい、逆流性食道炎に効果的な対策―口を10秒だけ開けること

耳鳴り、めまい、逆流性食道炎に効果的な対策―口を10秒だけ開けること

頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。こうした症状に悩む患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング