【便臭・おならの臭い】が改善!抜け毛対策に「甘酒ヨーグルト」が効果的

【便臭・おならの臭い】が改善!抜け毛対策に「甘酒ヨーグルト」が効果的

私はこれまで、「50代なのに30代に見える医師」として多くの著書を出してきましたが、ついに還暦を迎えました。しかし、老化するどころか、体調は非常に良好で、元気はつらつです。髪もフサフサで、60代には見られない自信があります。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


髪はフサフサで60代には見られない!

 私はこれまで、「50代なのに30代に見える医師」として多くの著書を出してきましたが、ついに還暦を迎えました。しかし、老化するどころか、体調は非常に良好で、元気はつらつです。髪もフサフサで、60代には見られない自信があります。

 こんな私ですが、以前は頭髪のことで悩んでいました。フケ症で、地肌は常にかゆく、赤く炎症を起こしていたので、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)を塗って対処していたのです。40代のときは抜け毛や薄毛にも悩み、いろいろ試しましたが、症状は改善しませんでした。

 しかしあるとき、「洗い過ぎ」がよくないと気づき、ぬるま湯で洗髪して水のシャワーを浴びるようにしたら、頭髪の状態がみるみるよくなったのです。
 それに加えて最近、育毛効果を実感しているのが、私がここ半年ほど継続して飲んでいる「甘酒酵素水」です。これは、米とこうじ菌から作った甘酒に、有用な菌をさらに加えて、発酵させた物です。

 腸内環境をいい状態に保つことが、ガン予防やアンチエイジングに有効という観点から、私は常に、腸の健康を意識しています。良好な腸内環境のためには、腸内の善玉菌を優勢に保つ必要があり、それには、発酵食品の摂取が欠かせません。納豆やヨーグルトなどを、積極的にとるようにしています。

 甘酒は、「飲む点滴」といわれるほど栄養価の高い発酵食品ですから、当然私も注目してきました。ただ、一つだけ懸念がありました。甘酒は、糖分の塊なのです。
 甘酒の甘みは、こうじ菌が増殖するときにできるアミラーゼという酵素が、米のでんぷんをブドウ糖に変えることで生じます。甘酒の主成分は、ブドウ糖です。

 過剰に摂取したブドウ糖は、体内でたんぱく質や脂肪と結びつき、糖化産物を生成します。体内の糖化産物は、皮膚の老化をはじめ、動脈硬化や糖尿病、認知症、ガンなど、あらゆる病気の元になるのです。

南雲先生が発酵させている、さまざまな甘酒酵素水

頭頂部や生え際の髪がしっかり生えてきた!

 そこで私は、甘酒にほかの菌を加え、さらに発酵させることで、ブドウ糖を分解すればいいのではないかと考えました。

 甘酒にヨーグルトを入れると、乳酸菌の作用でブドウ糖から乳酸が生成され、甘酒ヨーグルトができます。
 甘酒に入れるヨーグルトに、ビフィズス菌が多ければ、乳酸のほかに酢酸ができ、ヨーグルト風味の甘酒酢になります。
 また、甘酒にイースト菌を入れると、ブドウ糖がエチルアルコールと二酸化炭素に分解されます。つまり、微炭酸のアルコール飲料になるのです。

 私はこうして作った発酵飲料を総称して、甘酒酵素水と呼んでいます。うまく発酵できれば糖質は分解されるので、糖を過剰摂取する心配はありません。

 甘酒酵素水は、菌の作用で腸内環境を整え、健康づくりに大きく寄与します。また、栄養面からいえば、各種のミネラルやアミノ酸に加え、米こうじ由来のビタミンB群が含まれています。ビタミンB群は、代謝を促進し、皮膚や粘膜を健やかに保ちます。なかでも、ビタミンBとも呼ばれるビオチンは、育毛や発毛に働きかけ、髪を豊かにしてくれるのです。

 私はさまざまな甘酒酵素水を作り、毎日、朝晩コップ1杯ずつ飲んでいます。料理に使うこともよくあります。
 甘酒酵素水を飲んだら、腸内環境が改善され、翌日から変化を感じるでしょう。髪に関しては、1ヵ月ほどで変化に気づき、2〜3ヵ月で効果を実感できると思います。

 私の場合は、最近増えてきていた抜け毛が減り、髪にコシが出てきました。1本1本が太くなり、頭頂部や生え際の髪も、しっかり生えてきて、よりフサフサになったのです。もちろん便通もさらによくなり、便臭やおならの臭いもほとんどなくなりました。
 菌は生き物なので、そのときにより出来が異なりますが、プクプクと発酵している様子はかわいいものです。甘酒酵素水が元気なら、それを飲んでいる自分も元気。効果を実感しつつ、毎日楽しく続けています。

ヨーグルトで乳酸菌発酵させた甘酒酵素水

南雲吉則
 ナグモクリニック総院長。医学博士。乳腺専門医。1955年生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、東京女子医科大学で形成外科を、癌研究会附属病院外科でガン治療を学び、東京慈恵会医科大学第一外科乳腺外来医長を経て、ナグモクリニックを開業。現在、医療法人社団ナグモ会理事長。また、総院長として全国5つの院でガン手術、乳房再建手術に日々邁進している。近年はガンから命を救う食事と生活の指導・講演にも力を注ぐ。東京慈恵会医科大学外科学講座非常勤講師。近畿大学医学部形成外科非常勤講師。韓国東亜医科大学客員教授。中国大連医科大学客員教授。人気テレビ番組に多数出演。『Dr.ナグモが大変身! 奇跡の家トレ』(マキノ出版)ほか、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


長野県が長寿日本一の理由は?腸内環境を整える「気能値」の高い食物が健康のカギ

長野県が長寿日本一の理由は?腸内環境を整える「気能値」の高い食物が健康のカギ

腸の働きというと、まず食べ物の消化・吸収を思い浮かべると思いますが、もう一つ極めて重要な働きがあります。それは、血液をつくり出す「造血機能」です。元気で長生きするには、必然的に腸を正常で健康な状態に保つことと、なにをどのように食べるかが重要になってきます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【腸内環境を整える食事】気能値の高い「自然塩・玄米・野菜」を食べるとよい

【腸内環境を整える食事】気能値の高い「自然塩・玄米・野菜」を食べるとよい

気能値が高い食品はそれだけエネルギーに満ちているので、人体にとって有益です。新鮮な海産物の気能値は、一般に肉類より3倍程度高いと覚えておきましょう。食事の全体的な組み立てについては、気能値が高い玄米を主食にしましょう。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

食欲を我慢したり、カロリー計算をしたりするめんどうなダイエットは続かないことは、身に染みてわかっていました。そして、生み出したのが、カロリーではなく、血糖値を上げる糖質量を抑えることを意識し、代謝をよくする酵素と食物繊維を積極的にとる「やせる食べ方」だったのです。【解説】柳澤英子(料理研究家・編集者)


【横綱・白鵬も実践】腸内環境を整えて細胞を若返らせる「断食(ファスティング)」のやり方

【横綱・白鵬も実践】腸内環境を整えて細胞を若返らせる「断食(ファスティング)」のやり方

ミネラルファスティングを行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)