医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【急性も慢性も】腰痛に効くツボは「手の甲」にある 腰腿点の位置と押し方のコツ

【急性も慢性も】腰痛に効くツボは「手の甲」にある 腰腿点の位置と押し方のコツ

腰痛に効果のあるツボは、腰腿点が有名です。腰腿点のツボ刺激は、腰が痛いときに行えば、痛みがすぐに和らぎます。また、腰痛が起こりそうなときに行えば、痛みを防ぐことができます。腰に負担がかかりやすいデスクワークや、車の運転の合間などにも、お試しください。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


手足のツボは脳に強い影響を及ぼす

 腰痛は、西洋医学でも完治が難しいといわれています。そのため近年では、医学界で腰痛をはじめとする慢性的な不調の治療法として、東洋医学への関心が高まっています。
 私自身も、岡山大学医学部や倉敷芸術科学大学で、経絡(気の通り道)についての講義をさせていただきました。

 腰痛に効果のあるツボというと、腰腿点が有名で、急な痛みにも慢性痛にも効果があります。このツボは、手の甲に二つあります。一つは人さし指と中指の骨が交差する辺り、もう一つは中指と薬指の骨が交差する辺りです。

 この腰腿点もそうですが、私たちの体は、手や足などの末梢部に有効なツボが集中しています。これは、末梢部への刺激ほど、脳へ強い影響を及ぼすためと考えられます。

 腰腿点への刺激も、脊髄を通って脳へ至り、痛みを抑制するホルモンの分泌を促すのかもしれません。
 事実、腰腿点への刺激は、即効性で知られています。当院でも、ひどい腰痛のため杖をついて来院された70代の女性が、治療後、杖を忘れて帰るほど痛みが軽減した例があります。
 前述したように、腰腿点は、左右の手の甲に二つずつ、合計で四つあります。この四つのツボを同時に刺激できる簡単な方法があります。

 まず、左右の指を組み合わせて手を組み、手のひら同士は離します。そのままひじを張り、親指以外の指を軽く立てるようにしてグッと手の甲に押し込むと、四つの腰腿点が刺激されます。
 これが、基本の手の組み方になります。基本の手の組み方をすれば、多少ツボの位置がずれていても、効果が得られます。

 次に、呼吸と合わせて前屈を行います。前屈が不安な人は、イスに腰掛けた状態で行ってもよいでしょう。
 腰腿点のツボ刺激は、腰が痛いときに行えば、痛みがすぐに和らぎます。また、腰痛が起こりそうなときに事前に行えば、痛みを防ぐことができます。腰に負担がかかりやすいデスクワークや、車の運転の合間などにも、お試しください。

 腰痛に悩まされている人の中には、ふとんから起き上がるのが不安だという人が少なくありません。そんなときは、ふとんに寝た状態で腰腿点を刺激してみましょう。

 あお向けで行う方法は、以下のとおりです。
①あおむけに寝て、ひざを立て、手を基本の形に組み、手のひらを足のほうへ向ける。
②ひじを張り、腰腿点を刺激しながら、ゆっくりとひざを左右交互に倒す。
③①~②を5回くり返す。

 また、日常で体をひねるときに、腰に不安が生じるという人は、左の写真1の姿勢で、上体ごと腰をゆっくりと左右に振ってください。腰痛が起こりにくくなっていきます。

ネコ背の矯正にもなる

 腰痛の原因はいろいろありますが、私自身は、お尻の筋肉のたるみと、悪い姿勢が深く関係していると考えています。
 基本の体操を行うときは、左右のかかとを着けて、お尻を締めて、胸を張るようにすると、お尻の筋肉が鍛えられます。今は痛みがなくても、腰痛予防のために、ぜひお試しください。

 お尻を締めたまま腰腿点を刺激すれば、お尻、腰、背中の筋肉をバランスよく使うことになります。
 腰痛の予防・改善だけでなく、ネコ背の矯正や、年配者の腰の変形の予防にもお勧めです。

「即効性がある」と内田先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


腰痛 お尻 ネコ背 ツボ

関連する投稿


耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴をもんでもらったら、ぼんやりとした塊だった物が、文字として鮮明に見えたのです。ビックリしました。もっと驚いたのは、短かった左足が伸び、両足の長さがそろったことです。足の長さがそろうと、体への負担が違います。肩や首の疲れ、股関節痛、腰痛が軽くなってきました。【体験談】奥村眞理子(自営業・53歳)


朝起きた時の腰痛が「股関節回し」で解消!ネコ背も改善して後ろ姿に自信

朝起きた時の腰痛が「股関節回し」で解消!ネコ背も改善して後ろ姿に自信

腰痛の原因はよくわかりませんが、年齢とともに筋力が落ちてきて前傾姿勢になってきたことと関係あるように思います。腰痛が解消したのは、姿勢がよくなったのが大きいと思います。前かがみでネコ背だったときには、おなかが出ていたのですが、背すじが伸びたらおなかもへこみました。【体験談】蓮池洋子(セラピスト・58歳)


「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

もう十数年前ですが、腰やひざに激痛が走るようになりました。病院に行くと座骨神経痛と診断されました。その後は自宅でこのスリッパをはき続けました。そして何ヵ月かが経過し、ふと気づくと、腰やひざの痛みがぜんぜん出なくなっていたのです。【体験談】片山富美子(会社経営・70歳)


緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

私の治療院では、後頭部にある目のツボ「脳点」を治療することで、緑内障の予防、改善に大きな効果を上げています。脳点は私が発見した新しいツボです。発見のきっかけは、患者さんの後頭部の「こり」と「横ジワ」でした。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


カリスマ鍼灸師が発見!目の症状別「視力特効ツボ」の押し方

カリスマ鍼灸師が発見!目の症状別「視力特効ツボ」の押し方

私がこれまでに行った、目の病気の鍼治療は、8000例を優に超えています。多くの目の症例を検討することにより、どのツボが、目のどの部位に対応するのか、明確にわかってきました。つまり、目の病気別に有効なツボ治療が可能になったのです。【解説】佐藤信雄(さとうのぶお鍼灸院院長)


最新の投稿


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)