突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと血圧が上がりやすくなるからです。ふだんは血圧が正常でも「冬だけ高血圧」の人もいます。血圧の高い人は、冬の運動など急激な変化にも注意が必要です。具体的な対策をご紹介しましょう。【監修】高沢謙二(東京医科大学八王子医療センター病院長・同大学循環器内科教授)


外出時は首や手を冷やさないことが大事!

高血圧の人に急激な変化は大きなリスク

 冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと、血圧が上がりやすくなるからです。また、ふだんは血圧が正常でも、冬になると高くなる「冬だけ高血圧」の人もいます。

 なぜ、寒くなると血圧が上がるのでしょうか。それは、寒いと血管が収縮するという体のメカニズムがあるからです。
 人間の体は、体温を一定に保つために、暑いときは血管を開いて熱を放出し、寒いときは血管を縮めて熱を逃がさないようにしています。
 血管が縮むと、心臓は大きな力で血液を送り出さなければなりません。そのため、冬は必然的に血圧が上昇しやすくなります。反対に、血管が開いていれば、心臓から送り出す力は小さくて済み、血圧は下がりやすくなります。

 また、冬になると鍋物などの料理がふえ、塩分をとりすぎる傾向があります。しかも、あまり汗をかかないので、体内にナトリウムが多くなり、血圧が上がりやすくなるのです。
 冬の間、特に気をつけなければならないのは、急激な温度の変化です。暖かいところからいきなり寒いところに行くと、それまで開いていた血管がギュッと縮みます。すると、血液が流れにくくなるので、心臓はもっと血液を流そうとして血管に圧をかけます。
 その結果、血管にも心臓にも過剰な負担がかかり、血管が詰まったり破れたりします。それが脳の血管で起これば脳卒中、心臓の血管で起これば心筋梗塞になります。

 しかし、こうしたことは、脳や心臓の血管だけで起こっているわけではありません。腎臓や脾臓、足の血管など、全身で起こっています。症状がないので、気がつかないだけなのです。その中でも、とりわけ脳卒中や心筋梗塞が怖いのは、命にかかわる病気だからです。だからこそ、寒い冬は注意が必要です。

 冬、トイレやおふろ場で倒れる人が多いのも、急激な温度変化によります。夜間のトイレは、寒さによって血圧が上がるだけでなく、たまっていた尿を排泄することでも血圧が急激に下がります。それが、転倒の原因になります。

 また、冷たい状態から熱い状態に急激に変わるのもよくありません。体が冷えた状態でいきなり熱いふろに入ると、交感神経(自律神経の一つで体を活動的にする神経)が緊張して急激に血圧が上がります。体が温まってくると血管が開いて血圧は下がりますが、その状態で急に立ち上がると、脳の血流が少なくなって倒れることがあります。

 おふろ場での転倒は、急激な温度変化だけでなく、「急に立ち上がる」といった動作・姿勢の変化が引き金になります。温度差にしても動作にしても、急激な変化は高血圧の人にとって大きなリスクになります。
 また、血圧の高い人は、冬の運動などにも注意が必要です。具体的にどのように気をつけたらよいのか、「ポカポカ高血圧対策」をご紹介します。

マフラーや手袋は家の中でつけて外出

◎急激な温度差を避ける

 室内だけでなく、トイレや浴室、脱衣所なども暖かくして、温度差をなるべく少なくします。夜中にトイレに行くときは、寒くないように、厚手の上着や靴下を着用してください。

 布団から出るときは、布団の中で軽い運動をし、体を温めてから起きるようにします。寝ながら足首を曲げ伸ばしする運動をすると、ふくらはぎのポンプ作用で血液循環がよくなり、体が温まります。

 外出するときは、首や手を冷やさないことが大事です。首には太い頸動脈が通っており、手には毛細血管網がヤシの木のような形で広がっています。そこが一瞬でも冷たい外気にふれると急激に体が冷え、血圧が上がります。ですから、あらかじめ家の中でマフラーや手袋をつけてから、外に出ることが重要です。寒い外に出てからつけるのでは、遅すぎます。

 また、熱いおふろには入らないようにしましょう。ぬるめのお湯(40度くらい)にゆっくりつかってください。

◎急激な姿勢の変化をしない
 朝起きるときは飛び起きたりせず、ゆっくり立ち上がるようにします。おふろから出るときも、ゆっくり立ち上がってください。

◎そのほかの注意
 外でウォーキングなどをするときは、しっかり防寒をします。あまり寒いときに、無理して戸外で運動することはありません。寒さや、「やりたくない」と思うこと自体がストレスになり、血圧を上げます。寒いときは、室内で体を動かすほうが安全です。

高沢謙二
東京医科大学教授・東京医科大学八王子医療センター病院長。医学博士。東京医科大学卒業後、同大学大学院修了。日本循環器学会評議員。日本高血圧学会会員。日本動脈硬化学会会員。加速度脈波の波形解析による血管年齢を発案し、世界的に注目される。著書に『血管年齢が若返る本』(マキノ出版)、監修に『100歳まで切れない詰まらないタフな血管をつくる!』(マキノ出版)など多数。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


 【血圧サージ対策】外出30分前の「ママ手」が冬の脳卒中を予防する!

【血圧サージ対策】外出30分前の「ママ手」が冬の脳卒中を予防する!

冬の朝に脳卒中で倒れる人は多く、それは暖かい寝室から寒いトイレへ行くといった室温の変化によって血圧が急上昇(血圧サージ)することと関連性があります。暖かい場所から寒い場所へ移動すると、体温を逃がさないために末端の血管が収縮し、これによって血圧が急上昇するのです。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授)


【元クリスタルキング】田中昌之さん 心筋梗塞後の順調な生活 秘密は「耳ひっぱり」

【元クリスタルキング】田中昌之さん 心筋梗塞後の順調な生活 秘密は「耳ひっぱり」

もう痛い目にあうのはごめんだったので、タバコはもちろん、医者が「アカン!」と言ったことは全部やめました。そんな僕が体調管理の1つとして始めたのが、耳ツボの「神門」を刺激する耳ひっぱりです。【体験談】田中昌之(元クリスタルキング・ロック歌手)


【上も下も降圧効果】意外「キウイフルーツが血圧を下げる食べ物」と最新研究で判明

【上も下も降圧効果】意外「キウイフルーツが血圧を下げる食べ物」と最新研究で判明

日本でもすっかりおなじみになった、キウイフルーツ。実は、このキウイフルーツに優れた血圧降下効果があることが、最近の研究でわかってきました。最大血圧だけでなく、最小血圧の改善にも有効です。「下が高い」という人は、ぜひ積極的にとってみてはいかがでしょうか。【解説】本橋 登(元明治薬科大学理事・教授・薬学博士)


【突然死を防ぐ】指の組み方はこれ!私も実践し高血圧を改善した「指組み」療法

【突然死を防ぐ】指の組み方はこれ!私も実践し高血圧を改善した「指組み」療法

高血圧にお悩みのかたをはじめ、心筋梗塞や狭心症などの症状にお悩みがある人にお勧めの、とっておきの自力療法、それが、両手の指を組んで行う「指組み」です。その「指組み」方法をお教えいたします。【解説】竹内廣尚(東洋鍼灸専門学校校長。竹内鍼灸治療院・竹内整骨院院長)


【血管を若返らせる方法】血圧や血糖値を下げる専門医考案「動脈マッサージ」

【血管を若返らせる方法】血圧や血糖値を下げる専門医考案「動脈マッサージ」

血管の品質管理こそ、健康長寿の鍵――。これは、私が長年、老化の原因について研究を重ねてたどりついた結論です。血管は、全身に張り巡らされた運河のようなものです。長さは、10万kmにも及びます。【解説】井上正康(健康科学研究所所長・大阪市立大学医学部名誉教授)


最新の投稿


【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

最近、女性はもちろん男性も、自分の骨盤の状態を気にするようになりました。骨盤の状態は健康を左右します。猫背などのよくない姿勢で、骨盤が後ろに傾いた“寝た状態”になると、体のバランスがくずれ、腰痛やひざ痛の原因になるのです。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

全身の痛みの中で、最も発生頻度が高いのは、やはり腰痛ではないでしょうか。中高年者に限っていえば、腰痛を全く経験したことがない人は、まずいないと思います。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【O脚の原因と症状】「浮き指」を改善する足指体操のやり方を大学教授が伝授

【O脚の原因と症状】「浮き指」を改善する足指体操のやり方を大学教授が伝授

本来、人間の体は、足の指がきちんと地面につき、指で踏ん張る力を使ってこそ、正常なバランスが保たれるようになっています。ところが、現代人の足指の力は、極度に衰えています。指の力で踏ん張るどころか、多くの人は足指が地面についていない「浮き指」と呼ばれる状態になっています。【解説】阿久根英昭(桜美林大学教授)


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング