医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと血圧が上がりやすくなるからです。ふだんは血圧が正常でも「冬だけ高血圧」の人もいます。血圧の高い人は、冬の運動など急激な変化にも注意が必要です。具体的な対策をご紹介しましょう。【監修】高沢謙二(東京医科大学八王子医療センター病院長・同大学循環器内科教授)


外出時は首や手を冷やさないことが大事!

高血圧の人に急激な変化は大きなリスク

 冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと、血圧が上がりやすくなるからです。また、ふだんは血圧が正常でも、冬になると高くなる「冬だけ高血圧」の人もいます。

 なぜ、寒くなると血圧が上がるのでしょうか。それは、寒いと血管が収縮するという体のメカニズムがあるからです。
 人間の体は、体温を一定に保つために、暑いときは血管を開いて熱を放出し、寒いときは血管を縮めて熱を逃がさないようにしています。
 血管が縮むと、心臓は大きな力で血液を送り出さなければなりません。そのため、冬は必然的に血圧が上昇しやすくなります。反対に、血管が開いていれば、心臓から送り出す力は小さくて済み、血圧は下がりやすくなります。

 また、冬になると鍋物などの料理がふえ、塩分をとりすぎる傾向があります。しかも、あまり汗をかかないので、体内にナトリウムが多くなり、血圧が上がりやすくなるのです。
 冬の間、特に気をつけなければならないのは、急激な温度の変化です。暖かいところからいきなり寒いところに行くと、それまで開いていた血管がギュッと縮みます。すると、血液が流れにくくなるので、心臓はもっと血液を流そうとして血管に圧をかけます。
 その結果、血管にも心臓にも過剰な負担がかかり、血管が詰まったり破れたりします。それが脳の血管で起これば脳卒中、心臓の血管で起これば心筋梗塞になります。

 しかし、こうしたことは、脳や心臓の血管だけで起こっているわけではありません。腎臓や脾臓、足の血管など、全身で起こっています。症状がないので、気がつかないだけなのです。その中でも、とりわけ脳卒中や心筋梗塞が怖いのは、命にかかわる病気だからです。だからこそ、寒い冬は注意が必要です。

 冬、トイレやおふろ場で倒れる人が多いのも、急激な温度変化によります。夜間のトイレは、寒さによって血圧が上がるだけでなく、たまっていた尿を排泄することでも血圧が急激に下がります。それが、転倒の原因になります。

 また、冷たい状態から熱い状態に急激に変わるのもよくありません。体が冷えた状態でいきなり熱いふろに入ると、交感神経(自律神経の一つで体を活動的にする神経)が緊張して急激に血圧が上がります。体が温まってくると血管が開いて血圧は下がりますが、その状態で急に立ち上がると、脳の血流が少なくなって倒れることがあります。

 おふろ場での転倒は、急激な温度変化だけでなく、「急に立ち上がる」といった動作・姿勢の変化が引き金になります。温度差にしても動作にしても、急激な変化は高血圧の人にとって大きなリスクになります。
 また、血圧の高い人は、冬の運動などにも注意が必要です。具体的にどのように気をつけたらよいのか、「ポカポカ高血圧対策」をご紹介します。

マフラーや手袋は家の中でつけて外出

◎急激な温度差を避ける

 室内だけでなく、トイレや浴室、脱衣所なども暖かくして、温度差をなるべく少なくします。夜中にトイレに行くときは、寒くないように、厚手の上着や靴下を着用してください。

 布団から出るときは、布団の中で軽い運動をし、体を温めてから起きるようにします。寝ながら足首を曲げ伸ばしする運動をすると、ふくらはぎのポンプ作用で血液循環がよくなり、体が温まります。

 外出するときは、首や手を冷やさないことが大事です。首には太い頸動脈が通っており、手には毛細血管網がヤシの木のような形で広がっています。そこが一瞬でも冷たい外気にふれると急激に体が冷え、血圧が上がります。ですから、あらかじめ家の中でマフラーや手袋をつけてから、外に出ることが重要です。寒い外に出てからつけるのでは、遅すぎます。

 また、熱いおふろには入らないようにしましょう。ぬるめのお湯(40度くらい)にゆっくりつかってください。

◎急激な姿勢の変化をしない
 朝起きるときは飛び起きたりせず、ゆっくり立ち上がるようにします。おふろから出るときも、ゆっくり立ち上がってください。

◎そのほかの注意
 外でウォーキングなどをするときは、しっかり防寒をします。あまり寒いときに、無理して戸外で運動することはありません。寒さや、「やりたくない」と思うこと自体がストレスになり、血圧を上げます。寒いときは、室内で体を動かすほうが安全です。

解説者のプロフィール

高沢謙二
東京医科大学教授・東京医科大学八王子医療センター病院長。医学博士。東京医科大学卒業後、同大学大学院修了。日本循環器学会評議員。日本高血圧学会会員。日本動脈硬化学会会員。加速度脈波の波形解析による血管年齢を発案し、世界的に注目される。著書に『血管年齢が若返る本』(マキノ出版)、監修に『100歳まで切れない詰まらないタフな血管をつくる!』(マキノ出版)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)


軽い気持ちで始めたら血圧が下がってビックリ! アキレス腱トントン体操の効果

軽い気持ちで始めたら血圧が下がってビックリ! アキレス腱トントン体操の効果

効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)


【酢ニンジン体験談】肥満による高血圧が改善! ふらつきとめまいから解放された

【酢ニンジン体験談】肥満による高血圧が改善! ふらつきとめまいから解放された

酢ニンジンを食べ続けていたところ、月に1~2kgのペースで、体重が落ち始めました。以降もおもしろいようにやせ続け、1年で14kgもの減量に成功!ミセスサイズの13号を着ていましたが、9号が着られるようになったのです。ほとんどの服を買い替えることになりました。うれしい悲鳴です。【体験談】寺門徹子(仮名・主婦・77歳)


バナナ酢を飲む最適な時間は? 症状別の飲み方、漬けたバナナの効果まで解説

バナナ酢を飲む最適な時間は? 症状別の飲み方、漬けたバナナの効果まで解説

私は、バナナの研究を20年ほど続けています。調べてみると、バナナの有益な効果が次から次へと見つかったのです。食生活に上手にとり入れれば、ダイエットや血糖値の管理に役立つ食品なのです。「バナナ酢」は、バナナの健康効果に加えて、酢の健康効果も期待できるのです。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)


内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓が下垂すると、下がった内臓に引っ張られて姿勢が悪くなり下腹もポッコリ出ます。内臓の機能が著しく低下し万病のもとになります。私は、おなかにこそ、病気の根っこがあると考えています。誰でも、簡単に、効果的にセルフケアができるよう確立したのが、今回ご紹介する「おなかこすり」です。【解説】杉山平熙(すぎやま按腹鍼灸院院長)


最新の投稿


「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

日本の食卓によく並ぶキュウリ。「世界一カロリーが低い野菜」としてギネスブックにも認定されています。そんな低カロリーの中にも、キュウリにはうれしい健康効果が多数秘められているのをご存じでしょうか。実は最近、キュウリには、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていることが発見されました。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)