【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

温熱療法は正しく行えば、体の痛みやこり、疲労の解消に役立つばかりか、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、さらには精神疾患にも有効です。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


肩こりや疲労を取り高血圧、糖尿病も改善!

 私は長年、がんをはじめとし、さまざまな病気の治療に温熱療法を取り入れています。
「体を温めること」が血流、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)の働きを改善したり、免疫力を高めたりするという事実は、最近ようやく広く知られるようになりました。

 温熱療法は正しく行えば、体の痛みやこり、疲労の解消に役立つばかりか、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、さらには精神疾患にも有効です。
 ですが、どんな方法で、どの部位を温めたらいいかは、実際にはその人の健康状態や症状によって異なります。

 温めるべき部位は体にたくさんありますが、なかでも「耳」は全身の諸症状に効果が現れやすく、ほとんどの人に効果が高い場所です。
 ここでは、簡単で効果の高い耳を温める方法を紹介します。
 そもそも耳には、全身のあらゆるツボが集まっています。さらに、耳には脳神経の一つである「迷走神経」が走っています。

 まず迷走神経について説明しましょう。これは脳の一部である延髄から骨盤の内部にまで達する、きわめて長い走行が特徴の神経です。迷走神経は、運動、知覚を司る神経に加え、体をリラックスさせる副交感神経などから成り立ちます。
 迷走神経は、副交感神経全体の約75%を占めるといわれるほど自律神経のバランスに多大な影響を与えます。

 そのため、耳を温めると迷走神経を介して自律神経が整い、気管支や食道、心臓、胃、腸など臓器の機能が活性化します。 その結果、便秘や下痢、頭痛や胃痛の改善、あるいは心臓や呼吸器疾患の予防にも役立ちます。さらに、内臓の働きがよくなれば、全身の血行も改善され、疲労もしにくくなります。

冬に要注意の脳卒中も予防できる!

 また、耳を温めると、うつ病や不眠症などの精神疾患にも有効です。うつ病では脳の血流が悪くなることが明らかになっています。しかし、脳の血流を薬で改善させるのは困難です。

 そういった症状にお悩みの人には、耳を温める治療が非常に効果的です。耳を温めると、脳全体の血流がよくなり、症状改善に役立つためです。
 精神科で処方される抗うつ剤よりも早く効くこともあります。患者さんから「不安が軽減する」「よく眠れるようになった」などの声を多く聞きます。

 耳鳴りや難聴、三半規管(内耳にある平衡感覚をつかさどる器官)の障害によるめまいといった、耳にまつわる疾患にも効果が期待できます。
 さらに、耳を温めて脳の血流をよくすると、脳梗塞の予防や高血圧、糖尿病の改善にもつながります。特に冬場は脳卒中が起こりやすいので、耳を温めるのは予防策として重要です。 

班目健夫
 青山・まだらめクリニック院長。自律神経免疫治療研究所所長。医師医学博士。免疫力を高めて、あらゆる症状の改善をはかるため、自律神経免疫治療を中心に診療している。『「首のスジを押す」と超健康になる』(マキノ出版)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【熱中症対策の飲み物】手作り"レモン酢"の作り方 塩入りがお勧め 疲れやだるさも解消

【熱中症対策の飲み物】手作り"レモン酢"の作り方 塩入りがお勧め 疲れやだるさも解消

熱中症対策に塩入りの「レモン酢ドリンク」がお勧めです。手作りのレモン酢1カップに、小さじ半分(約3g)の塩を溶かして作ります。次に500ml入りのミネラルウォーターのペットボトルを用意。そこに大さじ2杯分の塩入りレモン酢を足し、ふたをして軽く振って出来上がりです。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

耳には全身に関係するツボが集まっていますので、耳ひっぱりは生命維持に重要な領域すべてを活性化し、心身を癒してくれる素晴らしいセルフケア方法です。ぜひ日々活用していただきたいと思います。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)


【体験談】ひどいめまいが「ニンニク油」で解消 血管狭窄も改善し、12kg痩せた!

【体験談】ひどいめまいが「ニンニク油」で解消 血管狭窄も改善し、12kg痩せた!

当時、私は認知症になった夫の介護、夫の会社の引き継ぎ、家事と、忙しい毎日でした。たびたび吐き気を伴う激しいめまいに襲われ、救急搬送されたこともあります。ニンニク油をとるようになってまず感じたのは、冷え症の改善です。そして気がついたら、あれほどつらかっためまいが消えていました。【体験談】今井美智子(主婦・82歳)


【梅干しの健康効果】肌ツルツル!96歳の私が元気で仕事ができるのは梅干しのおかげ

【梅干しの健康効果】肌ツルツル!96歳の私が元気で仕事ができるのは梅干しのおかげ

梅干しは、毎年同じように漬けていても、毎年仕上がりが違います。今年おいしくできたから、来年もおいしくできるとは限りません。でも、難しく考えることはありません。私も最初は人に聞きましたが、あとは全部、我流。梅干しは、自分で漬けて、初めていろいろな発見があります。【解説】藤巻あつこ(料理研究家)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)