MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【耳鳴りを止めたい!】頭の中に響く耳鳴りが改善した「耳ツボ」の温め刺激

【耳鳴りを止めたい!】頭の中に響く耳鳴りが改善した「耳ツボ」の温め刺激

顔は常に外気にさらされているのに、どんなに寒い所にいても、最後まで凍傷にかかりません。なぜなら、顔は陽気(陽の生命エネルギー)が現れるところだからです。東洋医学には、陰陽という相反する概念があります。これを簡単にいうと、陽は熱くて活動的な状態で、陰は冷たくて静的な状態です。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)

耳をもんで温かくならなければ要注意

 顔は常に外気にさらされているのに、どんなに寒い所にいても、最後まで凍傷にかかりません。なぜなら、顔は陽気(陽の生命エネルギー)が現れるところだからです。

 東洋医学には、陰陽という相反する概念があります。これを簡単にいうと、陽は熱くて活動的な状態で、陰は冷たくて静的な状態です。
 体内では、陰陽二つの気が、バランスを取りながら流転しています。流転が滞って陽気や陰気が不足すると、体に不調が生じると考えられています。
 顔は陽の経絡(生命エネルギーの通り道)がたくさん通っており、陽のエネルギーに守られています。ですから、もし顔色が悪いときは、陽気が不足して内臓のどこかに異常がある印です。

 この、顔の陽気を微調整しているのが耳です。健康な人は耳をもむとピンク色に変わり、ポカポカしてきます。これは、そこに陽の気が十分あることを示しています。耳は顔の一部ですから、耳をよくもめば、顔の陽気も増えてくるわけです。
 一方、耳をいくらもんでも温かくならない人は、腎気(腎の生命エネルギー)が不足していると私たちは解釈しています。

 東洋医学では、耳は腎とつながっており、腎気が不足すると耳鳴りや難聴といった耳の症状が現れます。
 ちなみに腎とは、解剖学的にいえば腎臓のことですが、東洋医学の概念ではそれだけにとどまりません。
 腎は「先天の気(生まれながらの生命力)」が宿るところとされ、人間の成長や発育、生殖能力、水分代謝などに深くかかわっています。腎気は、人間が健康に生きる上で、非常に重要なエネルギーなのです。

耳がピンク色になるまでよくもむ

 このように耳鳴りや難聴は腎の低下に起因していますが、実際に強いストレスのあるときや疲れているときに、耳鳴りはよく起こります。体力が弱っているときは腎気も不足しているときですから、耳鳴りが起こりやすいのです。

 そういうときは、耳全体をよくもんで腎気を高めてください。その上で、耳鳴り・難聴のツボをもみほぐします。
①聴宮 耳の穴の前に、耳珠という三角形の突起があります。その前に、口を開けるとへこむところがあります。そのへこんだところが聴宮です。そこに人さし指の腹を当て、円を描くようによくもみます。口を開けてもむと、刺激がより深く入って効果が高まります。
②翳風 耳たぶの後ろの、骨がくぼんでいるところにあるツボです。くぼみに親指の腹を当て、軽く圧をかけながらもみます。

 耳鳴りや難聴のある人は、症状が片側だけに出ていても、左右両方のツボをもみます。耳がピンク色になるまで、2〜3分もんでください。1日に何度ももむといいでしょう。
 初期の耳鳴りや難聴なら、1週間くらい続けると改善していきます。私の経験では、高音の耳鳴りより、ブーンというような低い音の耳鳴りによく効くようです。

 ひどい耳鳴りや、進行した難聴は、耳もみだけではなかなか改善しません。しかし、次のように、重度の耳鳴りが改善したケースもありますから、あきらめないでください。

 Fさん(30代・女性)は育児の疲れが重なって、激しい耳鳴りに悩まされていました。頭がガンガンするような耳鳴りで、ノイローゼのような状態になってしまい、子育てもできなくなってしまいました。
 そこで、この耳もみをやってもらいました。もともと冷え症で、腎が弱かったFさんですが、一生懸命続けた効果が出て、体調のよいときはほとんど耳鳴りが気にならなくなったそうです。
 これで耳鳴りが完治したわけではありませんが、子育てにも支障がなくなり、気持ちが安定したと喜んでいました。

 耳鳴りはストレスや体の疲れも関係しているので、疲れをためず、気持ちをリラックスさせることも大事です。
 腎気を養うには、耳をもむだけでなく、普段から耳をよく触ってください。耳を引っ張ったりこすったりしていると、耳が温まり血行がよくなって、腎気が増してきます。

 また、寒いときは耳当てなどをして耳を温めるだけでも、効果があります。お風呂に入ったとき
は、耳をきれいに洗うといいでしょう。耳の刺激になりますし、気分もよくなります。

耳鳴りと難聴に効く耳ツボの温め刺激のやり方

解説者のプロフィール

内田輝和
1949年生まれ。倉敷芸術科学大学教授。関西鍼灸柔整専門学校卒業。
鍼メディカルうちだを岡山と東京に開設。
『10秒顔さすりで老眼、近視、緑内障はよくなる』(主婦の友社)など、著書多数。

●鍼メディカルうちだ
http://medical-uchida.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)