医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【耳鳴りを止めたい!】頭の中に響く耳鳴りが改善した「耳ツボ」の温め刺激

【耳鳴りを止めたい!】頭の中に響く耳鳴りが改善した「耳ツボ」の温め刺激

顔は常に外気にさらされているのに、どんなに寒い所にいても、最後まで凍傷にかかりません。なぜなら、顔は陽気(陽の生命エネルギー)が現れるところだからです。東洋医学には、陰陽という相反する概念があります。これを簡単にいうと、陽は熱くて活動的な状態で、陰は冷たくて静的な状態です。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


耳をもんで温かくならなければ要注意

 顔は常に外気にさらされているのに、どんなに寒い所にいても、最後まで凍傷にかかりません。なぜなら、顔は陽気(陽の生命エネルギー)が現れるところだからです。

 東洋医学には、陰陽という相反する概念があります。これを簡単にいうと、陽は熱くて活動的な状態で、陰は冷たくて静的な状態です。
 体内では、陰陽二つの気が、バランスを取りながら流転しています。流転が滞って陽気や陰気が不足すると、体に不調が生じると考えられています。
 顔は陽の経絡(生命エネルギーの通り道)がたくさん通っており、陽のエネルギーに守られています。ですから、もし顔色が悪いときは、陽気が不足して内臓のどこかに異常がある印です。

 この、顔の陽気を微調整しているのが耳です。健康な人は耳をもむとピンク色に変わり、ポカポカしてきます。これは、そこに陽の気が十分あることを示しています。耳は顔の一部ですから、耳をよくもめば、顔の陽気も増えてくるわけです。
 一方、耳をいくらもんでも温かくならない人は、腎気(腎の生命エネルギー)が不足していると私たちは解釈しています。

 東洋医学では、耳は腎とつながっており、腎気が不足すると耳鳴りや難聴といった耳の症状が現れます。
 ちなみに腎とは、解剖学的にいえば腎臓のことですが、東洋医学の概念ではそれだけにとどまりません。
 腎は「先天の気(生まれながらの生命力)」が宿るところとされ、人間の成長や発育、生殖能力、水分代謝などに深くかかわっています。腎気は、人間が健康に生きる上で、非常に重要なエネルギーなのです。

耳がピンク色になるまでよくもむ

 このように耳鳴りや難聴は腎の低下に起因していますが、実際に強いストレスのあるときや疲れているときに、耳鳴りはよく起こります。体力が弱っているときは腎気も不足しているときですから、耳鳴りが起こりやすいのです。

 そういうときは、耳全体をよくもんで腎気を高めてください。その上で、耳鳴り・難聴のツボをもみほぐします。
①聴宮 耳の穴の前に、耳珠という三角形の突起があります。その前に、口を開けるとへこむところがあります。そのへこんだところが聴宮です。そこに人さし指の腹を当て、円を描くようによくもみます。口を開けてもむと、刺激がより深く入って効果が高まります。
②翳風 耳たぶの後ろの、骨がくぼんでいるところにあるツボです。くぼみに親指の腹を当て、軽く圧をかけながらもみます。

 耳鳴りや難聴のある人は、症状が片側だけに出ていても、左右両方のツボをもみます。耳がピンク色になるまで、2〜3分もんでください。1日に何度ももむといいでしょう。
 初期の耳鳴りや難聴なら、1週間くらい続けると改善していきます。私の経験では、高音の耳鳴りより、ブーンというような低い音の耳鳴りによく効くようです。

 ひどい耳鳴りや、進行した難聴は、耳もみだけではなかなか改善しません。しかし、次のように、重度の耳鳴りが改善したケースもありますから、あきらめないでください。

 Fさん(30代・女性)は育児の疲れが重なって、激しい耳鳴りに悩まされていました。頭がガンガンするような耳鳴りで、ノイローゼのような状態になってしまい、子育てもできなくなってしまいました。
 そこで、この耳もみをやってもらいました。もともと冷え症で、腎が弱かったFさんですが、一生懸命続けた効果が出て、体調のよいときはほとんど耳鳴りが気にならなくなったそうです。
 これで耳鳴りが完治したわけではありませんが、子育てにも支障がなくなり、気持ちが安定したと喜んでいました。

 耳鳴りはストレスや体の疲れも関係しているので、疲れをためず、気持ちをリラックスさせることも大事です。
 腎気を養うには、耳をもむだけでなく、普段から耳をよく触ってください。耳を引っ張ったりこすったりしていると、耳が温まり血行がよくなって、腎気が増してきます。

 また、寒いときは耳当てなどをして耳を温めるだけでも、効果があります。お風呂に入ったとき
は、耳をきれいに洗うといいでしょう。耳の刺激になりますし、気分もよくなります。

耳鳴りと難聴に効く耳ツボの温め刺激のやり方

解説者のプロフィール

内田輝和
1949年生まれ。倉敷芸術科学大学教授。関西鍼灸柔整専門学校卒業。
鍼メディカルうちだを岡山と東京に開設。
『10秒顔さすりで老眼、近視、緑内障はよくなる』(主婦の友社)など、著書多数。

●鍼メディカルうちだ
http://medical-uchida.com/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)


まさに耳の三重苦…めまい・耳閉感・拍動性耳鳴りが「耳たぶさすり」で変化

まさに耳の三重苦…めまい・耳閉感・拍動性耳鳴りが「耳たぶさすり」で変化

耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)


咳や発熱、風邪の初期症状にはこのツボ!蒸しタオルで首の「刺熱穴」を温めるとよい

咳や発熱、風邪の初期症状にはこのツボ!蒸しタオルで首の「刺熱穴」を温めるとよい

西洋医学では、カゼの原因の大半は、ウイルスであると考えられています。そのため、うがいと手洗いでウイルスを除去することがカゼの予防には効果的とされ、対症療法として薬が処方されます。私たち鍼灸師は、カゼの初期症状に対しては、発汗を促し、熱を下げる治療を行います。【解説】木戸正雄(日本鍼灸理療専門学校教務部長)


高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)