骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

私の治療院では、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


副交感神経が優位になり血流がよくなる

 私の治療院では、肩こりや腰痛、不眠など、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。

 仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。

 仙骨には八つの穴があり、そこから内臓へつながる骨盤内臓神経や、下肢(足)へつながる座骨神経などが出ています。体の使い方のくせやストレスなどによって仙骨にゆがみが生じると、これらの神経にもなんらかの影響が及ぶと思われます。不調の多くが仙骨のゆがみを矯正することで改善するのは、このためです。

「仙」という文字には、不老不死という意味があります。また、仙骨の英語名sacrumは「神聖な骨」を意味します。私たちの祖先は、仙骨が体の中で担う重要な役割に気付いていたのかもしれません。

 私は体が冷えている患者さんには、仙骨の矯正に加えて仙骨を温めることを勧めています。
 仙骨を温めれば、その内部を通る骨盤内臓神経などの働きがよくなります。骨盤内臓神経は、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)のうちの副交感神経(心身をリラックスさせる神経)です。副交感神経が優位になれば、血管が拡張し、血液が流れやすくなります。

 また、温めることで仙骨周辺の血流もよくなります。そのため、内臓はもちろん、全身がよく温まるのです。
 人間の体は、36・5〜37℃の体温で最もよく働くようにできています。しかし、現代人の多くは運動不足やストレス、過食などの、体温の低下を招く生活を送っています。運動不足になれば、体内で熱を作り出す筋肉の量が減ります。ストレスは自律神経のバランスを乱しますし、過食も血液の流れを悪くするため、低体温を招きます。

 最近は、若い人でも35〜36℃程度の体温しかない人が少なくありません。特に、一日中パソコンに向かって仕事をしている女性に、低体温が多いように感じます。
 体温が低下すると、免疫力(病気に対する抵抗力)が下がるため、病気にかかりやすくなります。また、基礎代謝(安静時に消費するエネルギー)が低下するため、太りやすく、やせにくい体質になります。下半身のむくみや、便秘、肩こり、腰痛、全身倦怠感なども、低体温の人によく見られる症状です。仙骨を温めれば、こうした症状の多くは改善します。

「仙骨が大事!」と青山先生

お尻の割れ目の上を10〜15分温める

 なかでも腰痛は、すぐに痛みが和らぎます。副交感神経が優位になり、血流がよくなるため、肩こりや便秘、自律神経失調症、不眠、更年期障害なども改善します。また、仙骨は子宮に近い位置にあるため、生理痛などの婦人科系の疾患にもお勧めです。

 仙骨を温めるさいには、まず、42〜45℃程度のお湯を入れた氷のうや小さな湯たんぽを用意します。氷のうなどがない場合は、ビニール袋を3枚重ねて利用するとよいでしょう。
 これを、うつぶせに寝た姿勢で、お尻の割れ目の上に、10〜15分ほど載せて温めます。熱過ぎると感じた場合は、タオルなどを当てて調節してください。1日1回、5日〜1週間ほど続ければ、なんらかの体調の変化を実感できるでしょう。

 仙骨を温めていると、全身にじわじわと熱が伝わるのがわかるはずです。お湯を入れた氷のうの重みも心地よいものです。氷のうなどを用意するのが面倒という人は、はるタイプの使い捨てカイロを利用してもよいでしょう。この場合、一日中、仙骨にカイロを当てていても構いません。ただし、低温ヤケドには注意してください。

 便秘がちな人は、仙骨を温めた後に、同じ氷のうなどでおなかを5〜10分ほど温めるとよいでしょう。

 また、よく歩いて下半身の筋肉を鍛える、食事は体を温める根菜類を多めにし、葉野菜の生食を避ける、冷たい物を取り過ぎない、入浴はシャワーで済まさず、湯船にしっかりとつかって体を温めるなどの、生活習慣の見直しも大事です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


腰痛 仙骨 肩こり 便秘

関連する投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )