MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
骨盤の中央【仙骨】を温めれば 腰痛や肩こり、便秘が改善する

骨盤の中央【仙骨】を温めれば 腰痛や肩こり、便秘が改善する

私の治療院では、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。【解説】青山正(荻窪接骨院院長)

解説者のプロフィール

青山 正
1950年、福井県生まれ。柔道整復師の免許取得後、西洋医学とカイロプラクティックを学ぶ。さまざまな不調の原因が仙骨のゆがみからくることを突き止め、「仙骨療法」を考案。行列ができる先生としても知られる。

副交感神経が優位になり血流がよくなる

 私の治療院では、肩こりや腰痛、不眠など、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。

 仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。

 仙骨には八つの穴があり、そこから内臓へつながる骨盤内臓神経や、下肢(足)へつながる座骨神経などが出ています。体の使い方のくせやストレスなどによって仙骨にゆがみが生じると、これらの神経にもなんらかの影響が及ぶと思われます。不調の多くが仙骨のゆがみを矯正することで改善するのは、このためです。

「仙」という文字には、不老不死という意味があります。また、仙骨の英語名sacrumは「神聖な骨」を意味します。私たちの祖先は、仙骨が体の中で担う重要な役割に気付いていたのかもしれません。

 私は体が冷えている患者さんには、仙骨の矯正に加えて仙骨を温めることを勧めています。
 仙骨を温めれば、その内部を通る骨盤内臓神経などの働きがよくなります。骨盤内臓神経は、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)のうちの副交感神経(心身をリラックスさせる神経)です。副交感神経が優位になれば、血管が拡張し、血液が流れやすくなります。

 また、温めることで仙骨周辺の血流もよくなります。そのため、内臓はもちろん、全身がよく温まるのです。
 人間の体は、36・5〜37℃の体温で最もよく働くようにできています。しかし、現代人の多くは運動不足やストレス、過食などの、体温の低下を招く生活を送っています。運動不足になれば、体内で熱を作り出す筋肉の量が減ります。ストレスは自律神経のバランスを乱しますし、過食も血液の流れを悪くするため、低体温を招きます。

 最近は、若い人でも35〜36℃程度の体温しかない人が少なくありません。特に、一日中パソコンに向かって仕事をしている女性に、低体温が多いように感じます。
 体温が低下すると、免疫力(病気に対する抵抗力)が下がるため、病気にかかりやすくなります。また、基礎代謝(安静時に消費するエネルギー)が低下するため、太りやすく、やせにくい体質になります。下半身のむくみや、便秘、肩こり、腰痛、全身倦怠感なども、低体温の人によく見られる症状です。仙骨を温めれば、こうした症状の多くは改善します。

お尻の割れ目の上を10〜15分温める

 なかでも腰痛は、すぐに痛みが和らぎます。副交感神経が優位になり、血流がよくなるため、肩こりや便秘、自律神経失調症、不眠、更年期障害なども改善します。また、仙骨は子宮に近い位置にあるため、生理痛などの婦人科系の疾患にもお勧めです。

 仙骨を温めるさいには、まず、42〜45℃程度のお湯を入れた氷のうや小さな湯たんぽを用意します。氷のうなどがない場合は、ビニール袋を3枚重ねて利用するとよいでしょう。
 これを、うつぶせに寝た姿勢で、お尻の割れ目の上に、10〜15分ほど載せて温めます。熱過ぎると感じた場合は、タオルなどを当てて調節してください。1日1回、5日〜1週間ほど続ければ、なんらかの体調の変化を実感できるでしょう。

 仙骨を温めていると、全身にじわじわと熱が伝わるのがわかるはずです。お湯を入れた氷のうの重みも心地よいものです。氷のうなどを用意するのが面倒という人は、はるタイプの使い捨てカイロを利用してもよいでしょう。この場合、一日中、仙骨にカイロを当てていても構いません。ただし、低温ヤケドには注意してください。

 便秘がちな人は、仙骨を温めた後に、同じ氷のうなどでおなかを5〜10分ほど温めるとよいでしょう。

 また、よく歩いて下半身の筋肉を鍛える、食事は体を温める根菜類を多めにし、葉野菜の生食を避ける、冷たい物を取り過ぎない、入浴はシャワーで済まさず、湯船にしっかりとつかって体を温めるなどの、生活習慣の見直しも大事です。

仙骨の温め方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
肩こりや腰痛を自分で治したい、体力をつけたい、という人のために、体を整えるための四つの要素「ほぐす・伸ばす・回す・鍛える」の頭文字をとった「ほのまき体操」をご紹介します。【解説】岩月麻里(おばた治療室代表)
更新: 2019-05-02 18:00:00
腰痛の原因はよくわかりませんが、年齢とともに筋力が落ちてきて前傾姿勢になってきたことと関係あるように思います。腰痛が解消したのは、姿勢がよくなったのが大きいと思います。前かがみでネコ背だったときには、おなかが出ていたのですが、背すじが伸びたらおなかもへこみました。【体験談】蓮池洋子(セラピスト・58歳)
更新: 2018-09-12 18:00:00
私がバイク事故に遭ったのは、今から1年半ほど前のことです。突然飛び出してきた車を避けようとして横転し、そのときに左足を強打しました。病院ですぐに診てもらったところ、左足首の骨挫傷とのこと。痛みがひどく、くるぶしがわからなくなるほど患部が紫色に腫れ上がっていました。【体験談】一瀬尚哉(33歳・会社員)
更新: 2018-09-10 16:47:38
腰痛を治療するうえでは、患者さんをリラックスさせ、ストレスや緊張、不安を減らすことが重要なポイントだとわかります。私はこれを踏まえ、皆さんに「笑い筋ほぐし」という方法をお勧めしています。【解説】佐藤源彦(CLSマッサージスクール名古屋校代表)
更新: 2018-09-01 18:29:04
腰痛をくり返す人は、鎮痛剤や湿布が欠かせないと思っていませんか。しかし、薬に頼っていても慢性腰痛はよくなりません。では、どうしたら改善するのか?それは、ほんの少しの意識を持ち、簡単な体操「血流グッド体操」を行うだけでよいのです。【解説】伊藤邦成(いとう整形外科院長)
更新: 2018-09-01 17:44:05
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt