医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【耳にカイロ】全身の血流をアップする「耳の温め方」 脳血栓や高血圧、糖尿病の改善に

【耳にカイロ】全身の血流をアップする「耳の温め方」 脳血栓や高血圧、糖尿病の改善に

私のクリニックでは温熱療法を取り入れています。体が温かくなると自律神経の働きがよくなり、内臓の機能が改善するからです。すると、免疫力が高まって生活習慣病であるガンはもとより、精神疾患、慢性疲労症候群や線維筋痛症などの難病に至るまで治療効果が現れます【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所院長)


脳の血流がよくなり脳血栓を防ぐ

 私のクリニックでは、さまざまな病気の治療に温熱療法を取り入れています。体が温かくなると、自律神経の働きがよくなり、内臓の機能が改善するからです。すると、免疫力が高まって、生活習慣病であるガンはもとより、精神疾患、慢性疲労症候群(原因不明の強度の疲労が長期間、継続する病気)や線維筋痛症(全身に激しい痛みが生じる原因不明の病気)などの難病に至るまで治療効果が現れます。

 特に冬場は、日常的に体を温めて冷えを解消し、全身の血流をよくすることが大切です。その際、どの部位を温めたらいいのかは、その人の症状によって異なります。ただし、多くの症状に効果が現れやすい部位は、耳です。ですから、耳を温めるのがお勧めです。

 耳には、全身のあらゆるツボが集まっています。さらに、耳には脳神経である迷走神経(運動神経や知覚神経および、自律神経の副交感神経を含む混合神経)が走っています。そのため、耳を温めると迷走神経を介し、気管支や食道、心臓、胃、腸などの、内臓機能の働きが活性化するのです。
 これにより、便秘や下痢、頭痛や胃痛、心臓疾患や呼吸器疾患を予防することができます。さらに、内臓の働きがよくなれば、全身の血行も改善されて、全身に活力がみなぎり、疲れにくい体になります。

 耳を温めることは、うつ病や不眠症などの精神疾患にも、有効です。これらは、脳の血流障害が大きな原因ですが、耳を温めると脳全体の血液循環がよくなり、症状が改善するのです。
 実際、うつ病や不眠症の患者さんの耳を温めると、すぐに効果が現れます。それは、精神科で処方された抗うつ剤よりも、効きめが早いほどです。「気分が落ち着く」「不安感が軽減する」「眠りやすくなる」といった声を多く聞きます。

 また、耳鳴りや難聴、三半規管(内耳にある平衡感覚をつかさどる器官)の障害によるめまいといった、耳にまつわる疾患にも効果が期待できます。これらも、脳の血流がよくなることで改善するのです。
 そのほか、耳を温めて、脳の血流をよくしておくことは、脳血栓や高血圧、糖尿病などの予防や改善にもつながります。

気持ちいいと感じると免疫力が高まる

 ところで、私のクリニックでは、お灸で耳を温めています。耳にお灸をすると、ゆっくりと熱が体に入っていき、悩んでいた症状がびっくりするほど早く改善するのです。しかし、この方法を家庭で行うのは、難しいことでしょう。

 そこで、家庭でも簡単に実行できる耳の温め方を、いくつかご紹介することにしましょう。
 まず、湯たんぽ、またはホットパット(電子レンジで温める温熱器具)を使って温める方法です。耳を中心に顔の側面に当て、じっと温めてください。両耳で5~10分も温めると、全身が温まり、快適になります。熱すぎたり、熱いのを我慢したりすることで、ヤケドしないように、注意してください。

 次に、使い捨てカイロを用いる方法です。カイロで、耳の表側と裏側の両方を温めます。これを両耳で行ってください。時間は、片耳で2~3分当てるのが目安です。こちらもヤケドに注意してください。
 さらに、ドライヤーで温めてもいいでしょう。ドライヤーの温度を弱から中に設定し、耳から10cmくらい離して温風を当てます。耳が「アチチッ」と感じたら終了です。時間にすると、10秒ほどでしょうか。反対側の耳も温めます。

 また、耳をマッサージするのも効果的です。両手で両耳のあちこちを、グニャグニャと折りたたむようにして刺激します。耳が温かくなって、気持ちよく感じるまで続けてください。

 これらの方法のうち、どれをやってもけっこうです。いちばん気持ちいいものを習慣にするといいでしょう。首の血流もよくなり、首のこり、頭痛も楽になるはずです。
 特に、就寝前に温めると、昼間の冷えが取れて眠りやすくなります。翌朝には、顔の血流もよくなって、美肌効果も得られるでしょう。

 冬場は、外出時に耳を冷やさないことも重要です。耳当てや毛糸の帽子をかぶるなどして、防寒に努めましょう。
 体が温まって、「気持ちいい」と感じると、内臓の働きを支配する自律神経のうち、副交感神経が優位になります。すると免疫力が高まるので、ぜひ自分に合った温め方で、しっかりと冷えを撃退してください。

班目健夫
1954年、山形県生まれ。岩手医科大学大学院にて、医学博士号取得。現在、青山・まだらめクリニック自律神経免疫治療研究所院長。著書に『「湯たんぽを使う」と美人になる』(マキノ出版)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

更年期女性の高血圧に対する治療でいちばん重要なのは、生活指導です。更年期の患者さんの多くは、ホルモンバランスが不安定になっていることに加え、子供の自立、親の介護、夫の定年退職など、環境が激変する中で、自律神経の失調状態が起こっているケースが少なくありません。【解説】天野惠子(静風荘病院女性外来特別顧問・循環器内科医師)


最新の投稿


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)