MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【高血圧の改善】バナナ酢を飲んで血圧が下がり、医師も断薬に賛成してくれた!

【高血圧の改善】バナナ酢を飲んで血圧が下がり、医師も断薬に賛成してくれた!

降圧剤を飲んでいても、最大血圧は180〜190ミリだった私が2012年の3月ごろから飲み始めたのが「バナナ酢」です。バナナ酢を飲み始めて1ヵ月がたったころ最大血圧が130ミリまで下がっていたのです。私の血圧が驚くほど下がっているのを知り、医師も、降圧剤をやめることに賛成してくれました。【体験談】青木宏安(気功学院経営)

簡単に作れるうえさっぱりとおいしい

 私はもともと血圧が高く、15年ほど前から、毎日1錠ずつ降圧剤を飲んでいました。それでも、血圧はさほど下がらず、ちょっと飲み忘れれば、最大血圧が200ミリくらいまで跳ね上がるといった状態でした。

 そんな中、今から2年前に大病を患いました。胸部大動脈が破裂したため、手術で胸部の大動脈を人工のものに替えたのです。思えば、こうした病気を発症したのも、血圧が高かったせいかもしれません。それ以来、医師の勧めで薬をふやして、朝・昼・晩に一錠ずつ、1日3錠の薬を飲むようになりました。
 しかし、この先ずっと血圧の薬を飲み続けていくのは、正直とても不安でした。薬の副作用がいつか出るのではないかと、心配だったのです。

 そんなときに、新聞の広告で、マキノ出版ムック『高血圧を自力で治す本』のことを知りました。薬に頼りたくなかった私は、早速、書店で購入し、一読しました。そこには、高血圧を予防・改善するための、いろいろな健康法が載っていましたが、その中で私の目をひいたのが、「バナナ酢」だったのです。

 実は、私はバナナが大好きで、毎朝バナナを食べています。そのバナナを漬けた酢を飲むのであれば、実行しやすいと思いました。そこで、すぐさまバナナ酢を作り、飲み始めたのです。
 バナナ酢は簡単に作れるのがいいところです。その作り方ですが、私の場合、500mlの米酢を広口瓶に注ぎ入れ、そこにバナナ三本の皮をむいたものを、1センチほどの輪切りにして入れます。そして冷暗所に2〜3週間もおいておけば、バナナ酢の出来上がりです。
 こうして作ったバナナ酢を、私は2012年の三月ごろから飲み始めました。1日に飲む量は、杯に一杯くらいです。毎日夕方の四時に血圧を測ることにしているので、その前に水で割って飲んでいます。

 バナナ酢は、とてもさっぱりしていて、毎日飲んでも飽きることはありません。特に、夏場は、ゴクゴクとおいしく飲むことができます。
 ところで、私はこのバナナ酢を飲む少し前から、自分で降圧剤の量をへらしていました。3錠を2錠にし、さらに1錠にまでへらしていたのです。それでも、特に変わりはなく、最大血圧は180〜190ミリという高い数値のままでした。

飲み始めて一ヵ月で驚くほど下がった!

 そんな血圧が変化していることに気づいたのは、バナナ酢を飲み始めて一ヵ月がたったころです。いつしか最大血圧が130ミリまで下がっていたのです。 

 気をよくした私は、降圧剤を飲むのをいっさいやめることにしました。私の血圧が、驚くほど下がっているのを知り、医師も、薬をやめることに賛成してくれました。

 数ヵ月たっても、最大血圧は130ミリくらいで安定しています。これもバナナ酢を飲んでいるおかげと、周りの高血圧の人に積極的に勧めています。

バナナ酢の作り方

指導◎村上祥子(料理研究家・管理栄養士)

《用意するもの》
・バナナ…100g(中1本)
・黒砂糖(または氷砂糖)…100g
・リンゴ酢…200ml
・広口瓶(500ml以上の容量のもの)

❶バナナは皮をむいて幅2cmの輪切りにする。

❷広口瓶に黒砂糖(または氷砂糖)と❶を入れ、リンゴ酢を注ぐ。

❸ふたをしないで電子レンジに入れ、500wなら40秒、600wなら30秒加熱する。

❹電子レンジから取り出し、ふたをして常温で保存する。翌日から飲むことができる。1日大さじ2〜3杯が目安。

※2週間後、バナナを取り出す。このバナナも食べられる。
※常温で1年間保存できるが、室温が30度を超える場合は冷蔵庫に入れる。
※電子レンジを使わない場合は、2週間漬け込んでから飲み始める。

カリウムの利尿作用が高血圧に効果大(本橋 登 元明治薬科大学理事・教授・薬学博士)

 バナナに豊富なカリウムは、腎臓で利尿作用を促します。体内から余分な水分を排出し、血液のバランスを整えるため、高血圧改善に大変効果的です。

 また、バナナの水溶性食物繊維が体内への脂肪の吸収を妨げ、血液中のコレステロールが減少した結果、血流がスムーズになったのでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
酢に漬けることで干しブドウが軟らかくなるので、とても食べやすく感じました。 こうして干しブドウ酢を食べていたところ、すぐにお通じがよくなりました。このころには肌の調子もよくなり、化粧ののりがよくなりました。肝心の血圧が下がり始めたのは、干しブドウ酢を食べ始めて2ヵ月ほどたったころです。【体験談】小林玲子(主婦・76歳)
更新: 2018-11-16 12:00:00
コンブには、フコイダンやアルギン酸といった多糖類が豊富です。これは海藻特有のヌルヌル成分で、水に溶ける性質を持ちます。これらの多糖類には、余分な脂質や糖、有害物質などを包み込んで、体外に排出する働きがあります。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)
更新: 2018-10-23 10:31:45
生物は皆、酸化と糖化から逃れることはできません。酢は高い抗酸化力を持っていることから、生活習慣病や老化防止に役立つのです。ニンジンも、また同様です。ニンジンの強力な抗酸化力のもとは、主にβカロテンです。【解説】伊藤明子(赤坂ファミリークリニック院長・東京大学医学部附属病院医師)
更新: 2018-10-14 12:00:00
先生からのアドバイスは「3食のどこかにキュウリを取り入れればいい、くらいの軽い気持ちで行うこと」「キュウリはひと口につき20回嚙んで食べること」でした。実践してみたところ、血圧は降圧剤を飲まなくても122/74mmHgで安定しています。【体験談】橋本真由美(仮名・パート・48歳)
更新: 2018-10-13 12:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt