MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【血圧を下げる食べ物】上も下も降圧効果があるのは「キウイフルーツ」

【血圧を下げる食べ物】上も下も降圧効果があるのは「キウイフルーツ」

日本でもすっかりおなじみになった、キウイフルーツ。実は、このキウイフルーツに優れた血圧降下効果があることが、最近の研究でわかってきました。最大血圧だけでなく、最小血圧の改善にも有効です。「下が高い」という人は、ぜひ積極的にとってみてはいかがでしょうか。【解説】本橋登(元明治薬科大学理事・教授・薬学博士)

最大血圧、最小血圧ともに下がった!

 日本でもすっかりおなじみになった、キウイフルーツ。実は、このキウイフルーツに優れた血圧降下効果があることが、最近の研究でわかってきました。
 研究を行ったのは、ノルウェーのオスロ大学病院労働環境医学科、メッセ・スヴェンセン先生です。2011年の米国心臓協会・学術会議で発表された内容を、早速ご紹介しましょう。

 研究では、最大血圧が135〜150ミリ、最小血圧が85〜99ミリのいずれか、あるいは両方を満たす35〜69歳の118人が協力しました。
 この人たちを二つのグループに分け、一つのグループには1日3個のキウイフルーツ、もう一つのグループには、1日1個のリンゴを、それぞれ8週間にわたり食べてもらい、血圧の変化を調べたのです。
 8週間後の最大血圧を調べると、キウイフルーツグループはリンゴグループと比べて、3.6ミリ低くなっていました。キウイフルーツを食べていたグループのほうが、有意に(統計学的に意味のある差で)高血圧の改善が見られたのです。
 また、最小血圧においても、キウイフルーツグループがリンゴグループより1.9ミリ低くなっており、やはり有意差があることがわかっています。

 こうした結果から、スヴェンセン先生は、「1日当たり3個のキウイフルーツを摂取するほうが、1日1個のリンゴを摂取するより血圧降下作用が高い」と結論づけています。

 ではなぜ、キウイフルーツには、このように血圧を下げる効果があるのでしょうか。
 実験を行ったスヴェンセン先生によると、キウイフルーツが血圧を下げる要因の一つとして、ルテインを挙げています。
 黄色い色素ルテインは、カロテノイドの仲間の一つで、抗酸化力が強いことで知られています。その抗酸化作用により、血液中の悪玉コレステロールの生成が抑制され、血液中の余分なコレステロールをへらす効果があります。ルテインのこうした働きによって、血流が改善され血圧が下がったと考えられるのです。
 キウイフルーツには、このルテインが最低でも100g中1.8マイクログラム(1マイクログラムは100万分の1g)含まれています。一方、リンゴに含まれるルテインの量は、1.4マイクログラムにすぎません。つまり、キウイフルーツは、リンゴの1.5倍ものルテインをより多く含んでいることになります。この豊富なルテインが、血圧によい影響を与えた可能性があるでしょう。

αカロテンの量が221%もふえていた

 ただ私は、血圧の改善には、ルテイン以外の成分も関与しているのでは、と考えています。

 カロテノイドには、ルテイン以外にもβカロテン、αカロテン、リコぺンなどがあり、これらの成分もキウイフルーツに含まれています。
 例えば、キウイフルーツに含まれるβカロテンの量は、100g中0.4マイクログラム。これはほかの果物と比べても、かなり高い数値です。ルテインと同様、キウイに含まれるαカロテン、βカロテン、リコぺンといったカロテノイドの仲間にも、優れた抗酸化作用があるので、これらが血圧の改善に役立ったことは間違いないでしょう。

 さらにもう一つ、この研究で注目したい点があります。
 八週間キウイフルーツを食べた後に、血漿(血液の液状成分)中に含まれるαカロテンの量を調べてみると、αカロテンが221%もふえていたのです。また、βカロテンも50%、ルテインも37%増加していることがわかりました。
 ところが、キウイフルーツ自体には、八週間食べ続けたにせよ、これだけの量のαカロテンは含まれていません。そこで、私は次のように考えました。

 αカロテンを含めたカロテノイドは、もちろん、ほかの野菜などにも含まれています。実験期間中、被験者は、これらの野菜などからもカロテノイドを摂取していたはずです。
 そして、キウイフルーツ中に含まれているなんらかの成分が、キウイフルーツ由来を含めた食品中のカロテノイドを、血漿中に保持する役割を果たしているのではないでしょうか。

 一般的には、血圧が1ミリ下がると、心筋梗塞(心臓の血管が詰まって起こる病気)などで死亡するリスクが、2〜3%下がると考えられます。
 血圧が気になるかたは、キウイフルーツを積極的にとってみてはいかがでしょうか。

解説者のプロフィール

本橋 登
1940年、東京都生まれ。
東北大学大学院薬学研究科修了。薬学博士。
明治薬科大学教授、明治薬科大学理事を歴任。
現在は、インド国立大学博士論文審査官。
フルーツ博士として、テレビやラジオ、書籍、雑誌などでおなじみ。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
酢に漬けることで干しブドウが軟らかくなるので、とても食べやすく感じました。 こうして干しブドウ酢を食べていたところ、すぐにお通じがよくなりました。このころには肌の調子もよくなり、化粧ののりがよくなりました。肝心の血圧が下がり始めたのは、干しブドウ酢を食べ始めて2ヵ月ほどたったころです。【体験談】小林玲子(主婦・76歳)
更新: 2018-11-16 12:00:00
コンブには、フコイダンやアルギン酸といった多糖類が豊富です。これは海藻特有のヌルヌル成分で、水に溶ける性質を持ちます。これらの多糖類には、余分な脂質や糖、有害物質などを包み込んで、体外に排出する働きがあります。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)
更新: 2018-10-23 10:31:45
生物は皆、酸化と糖化から逃れることはできません。酢は高い抗酸化力を持っていることから、生活習慣病や老化防止に役立つのです。ニンジンも、また同様です。ニンジンの強力な抗酸化力のもとは、主にβカロテンです。【解説】伊藤明子(赤坂ファミリークリニック院長・東京大学医学部附属病院医師)
更新: 2018-10-14 12:00:00
先生からのアドバイスは「3食のどこかにキュウリを取り入れればいい、くらいの軽い気持ちで行うこと」「キュウリはひと口につき20回嚙んで食べること」でした。実践してみたところ、血圧は降圧剤を飲まなくても122/74mmHgで安定しています。【体験談】橋本真由美(仮名・パート・48歳)
更新: 2018-10-13 12:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt