【血圧を下げる食べ物】上も下も降圧効果があるのは意外にも「キウイフルーツ」

【血圧を下げる食べ物】上も下も降圧効果があるのは意外にも「キウイフルーツ」

日本でもすっかりおなじみになった、キウイフルーツ。実は、このキウイフルーツに優れた血圧降下効果があることが、最近の研究でわかってきました。最大血圧だけでなく、最小血圧の改善にも有効です。「下が高い」という人は、ぜひ積極的にとってみてはいかがでしょうか。【解説】本橋登(元明治薬科大学理事・教授・薬学博士)


最大血圧、最小血圧ともに下がった!

 日本でもすっかりおなじみになった、キウイフルーツ。実は、このキウイフルーツに優れた血圧降下効果があることが、最近の研究でわかってきました。
 研究を行ったのは、ノルウェーのオスロ大学病院労働環境医学科、メッセ・スヴェンセン先生です。2011年の米国心臓協会・学術会議で発表された内容を、早速ご紹介しましょう。

 研究では、最大血圧が135〜150ミリ、最小血圧が85〜99ミリのいずれか、あるいは両方を満たす35〜69歳の118人が協力しました。
 この人たちを二つのグループに分け、一つのグループには1日3個のキウイフルーツ、もう一つのグループには、1日1個のリンゴを、それぞれ8週間にわたり食べてもらい、血圧の変化を調べたのです。
 8週間後の最大血圧を調べると、キウイフルーツグループはリンゴグループと比べて、3.6ミリ低くなっていました。キウイフルーツを食べていたグループのほうが、有意に(統計学的に意味のある差で)高血圧の改善が見られたのです。
 また、最小血圧においても、キウイフルーツグループがリンゴグループより1.9ミリ低くなっており、やはり有意差があることがわかっています。

 こうした結果から、スヴェンセン先生は、「1日当たり3個のキウイフルーツを摂取するほうが、1日1個のリンゴを摂取するより血圧降下作用が高い」と結論づけています。

 ではなぜ、キウイフルーツには、このように血圧を下げる効果があるのでしょうか。
 実験を行ったスヴェンセン先生によると、キウイフルーツが血圧を下げる要因の一つとして、ルテインを挙げています。
 黄色い色素ルテインは、カロテノイドの仲間の一つで、抗酸化力が強いことで知られています。その抗酸化作用により、血液中の悪玉コレステロールの生成が抑制され、血液中の余分なコレステロールをへらす効果があります。ルテインのこうした働きによって、血流が改善され血圧が下がったと考えられるのです。
 キウイフルーツには、このルテインが最低でも100g中1.8マイクログラム(1マイクログラムは100万分の1g)含まれています。一方、リンゴに含まれるルテインの量は、1.4マイクログラムにすぎません。つまり、キウイフルーツは、リンゴの1.5倍ものルテインをより多く含んでいることになります。この豊富なルテインが、血圧によい影響を与えた可能性があるでしょう。

αカロテンの量が221%もふえていた

 ただ私は、血圧の改善には、ルテイン以外の成分も関与しているのでは、と考えています。

 カロテノイドには、ルテイン以外にもβカロテン、αカロテン、リコぺンなどがあり、これらの成分もキウイフルーツに含まれています。
 例えば、キウイフルーツに含まれるβカロテンの量は、100g中0.4マイクログラム。これはほかの果物と比べても、かなり高い数値です。ルテインと同様、キウイに含まれるαカロテン、βカロテン、リコぺンといったカロテノイドの仲間にも、優れた抗酸化作用があるので、これらが血圧の改善に役立ったことは間違いないでしょう。

 さらにもう一つ、この研究で注目したい点があります。
 八週間キウイフルーツを食べた後に、血漿(血液の液状成分)中に含まれるαカロテンの量を調べてみると、αカロテンが221%もふえていたのです。また、βカロテンも50%、ルテインも37%増加していることがわかりました。
 ところが、キウイフルーツ自体には、八週間食べ続けたにせよ、これだけの量のαカロテンは含まれていません。そこで、私は次のように考えました。

 αカロテンを含めたカロテノイドは、もちろん、ほかの野菜などにも含まれています。実験期間中、被験者は、これらの野菜などからもカロテノイドを摂取していたはずです。
 そして、キウイフルーツ中に含まれているなんらかの成分が、キウイフルーツ由来を含めた食品中のカロテノイドを、血漿中に保持する役割を果たしているのではないでしょうか。

 一般的には、血圧が1ミリ下がると、心筋梗塞(心臓の血管が詰まって起こる病気)などで死亡するリスクが、2〜3%下がると考えられます。
 血圧が気になるかたは、キウイフルーツを積極的にとってみてはいかがでしょうか。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【名医も愛飲】利尿作用で血圧を下げる「黒豆の煮汁」はちょいメタボにお勧め!

【名医も愛飲】利尿作用で血圧を下げる「黒豆の煮汁」はちょいメタボにお勧め!

私が黒豆の煮汁をお勧めしたいのは、やや太めで運動不足、血圧やコレステロールが少し高めの、「ちょいメタボ」の人です。メタボリックシンドロームとは腹囲が男性なら85cm、女性なら90cm以上で、血糖値、血圧、コレステロール(脂質)のうちの二つが基準値より高めの状態をいいます。【解説】秋津壽男(秋津医院院長)


【糖尿病が改善】「トマトジュース」ヘモグロビンA1cが下がり6kg痩せた!血圧も下がった

【糖尿病が改善】「トマトジュース」ヘモグロビンA1cが下がり6kg痩せた!血圧も下がった

トマトを意識した食生活を続けたところ、その効果は着実に現れてきました。常飲するようになって9ヵ月ほど経ちますが、トマトジュースを飲み始める前まで、7.1%あったヘモグロビンA1cが、、現在では、5.9%まで下がっています。【体験談】前田涼介(仮名・東京都・53歳・会社員)


【高血圧改善】「左手の小指ひねり」とツボ押し習慣で血圧が下がり安定する

【高血圧改善】「左手の小指ひねり」とツボ押し習慣で血圧が下がり安定する

均整術は、体のさまざまなバランスを整えることで、患者さんを健康へと導きます。それに加えて、私は、患者さんがご自身で実践できる「セルフ均整術」を指導しています。「小指ひねりは」血圧を下げるのに効果的ですが、それを安定させるためには、根気よく毎日行うことが重要です。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長)


健康効果抜群!超簡単【酢玉ねぎ】レシピ(1)

健康効果抜群!超簡単【酢玉ねぎ】レシピ(1)

酢タマネギは、そのまま食べてももちろんOKですが、料理に活用することもできます。料理に加えることで、酸味もマイルドになって食べやすくなるのもポイント。ここでは、酢タマネギと漬け酢を使った、簡単レシピをご紹介します。どれも定番になること間違いなしのおいしさです!【料理研究家】古澤靖子


最新の投稿


【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

砂糖には創傷治癒作用、つまり傷を治す働きがあり、医薬品として認められています。イギリスでは、傷薬として砂糖が使われている病院もあり、またアメリカや日本で「おばあちゃんの知恵」として砂糖はスキンケアに使われてきました。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導・株式会社アビサル・ジャパン代表)


【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。砂糖スキンケアでかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。【解説】山口求(藍野大学医療保健学部・看護学科教授)


【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

電車の中などでスマホを見るときも、できるだけ目の高さ近くに持ってくるようにします。片方の手で長く持ち上げていると腕が疲れるので、逆の手でひじを支えるとらくになります。タブレット端末の大きさによりますが、小型のものならこの方法が使えます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

お気楽気功の特長は簡単にできること。難しく考えず、体と心に気持ちのよいことをして楽しむことがいちばんのポイントです。回数はあくまでも目安ですから、気持ちよく感じる範囲で増減してかまいません。気軽に気楽に気持ちよく、お気楽気功を楽しんで続けてください。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング