毛細血管の老化を防ぐ「血管若返り筋トレ」血圧が下がる!毛細血管が増える!

毛細血管の老化を防ぐ「血管若返り筋トレ」血圧が下がる!毛細血管が増える!

これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子 操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)


血圧を下げる筋トレ「血管の若返り筋トレ」とは

 これからご紹介する「血管若返り筋トレ」は、当院の外来患者さんの「高血圧予防になる運動を指導してほしい」というご要望にお応えするために、島田和幸先生と一緒に考案、採用したものです。

 これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。
 そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。血管抵抗とは、「血液の流れにくさ」のことをいいます。

 血液は、心臓から離れるほど流れにくくなります。手や足など体の末端に分布する、末梢血管へ血液を送るのは容易ではありません。
 加えて、動脈硬化が進むと血管の内径が細くなり、血液はさらに流れにくくなります。こうなると心臓は血液を末端の組織に送るために、いっそう強い圧力をかけて血液を押し出すため、血圧が高くなってしまいます。

「血管若返り筋トレ」は、体を大きく動かし、末梢の筋肉をしっかり使うように構成してあります。
 この筋トレを行うと、筋肉の動きに刺激された毛細血管が拡張し、血管の抵抗が下がって血液が流れやすくなり、血圧が下がる効果が期待できます。
 血管若返り筋トレは、四つのステップから成ります。

 いずれの動作も、運動負荷が低く、動きも単純なので、運動に慣れていない人でも取り組みやすいでしょう。どの筋トレも、体を末端まで大きく動かすことを意識しましょう。
 運動を続けていくうちに、筋肉量が増え、それにつれて毛細血管も増えて、血液が流れるルートが増えるので、血圧を下げることにつながります。

「血管若返り筋トレ」のやり方

【腕ふり足踏み30秒】

【ゆっくり腰かけ10回】

【足の引き寄せ10回】

【バンザイ背泳ぎ10回】

「ぜひお試しください」と金子先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【名医のTHE太鼓判!】モヤモヤ血管が肩こりの真原因 治し方は 首に手を当て 痛い場所を押すだけ

【名医のTHE太鼓判!】モヤモヤ血管が肩こりの真原因 治し方は 首に手を当て 痛い場所を押すだけ

「長引く肩こり」に悩んでいませんか。整形外科に行くと「レントゲンで見ても異常ありません」と言われ湿布を出されるだけ、という声も聞きます。実は、その長引く痛みの原因のほとんどが、もやもや血管(=不要な血管)にあるのです。病院での治療法と、自分で治す方法を紹介します。【解説】奥野祐次(オクノクリニック院長)


【血圧を下げる】血管年齢が若返る簡単体操のやり方 エコノミークラス症候群にも効果

【血圧を下げる】血管年齢が若返る簡単体操のやり方 エコノミークラス症候群にも効果

血管年齢が高いほど、動脈硬化が進行し、血管が硬くなっているため、多くの病気が発生する確率が高くなるのです。血管年齢の高い患者さんに、私がお勧めしているのが、「ゴロ寝つま先体操」です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


【糖尿病改善】動脈硬化を防ぐ「酢生姜」の効果 中性脂肪値が1ヵ月で降下した!

【糖尿病改善】動脈硬化を防ぐ「酢生姜」の効果 中性脂肪値が1ヵ月で降下した!

ショウガを酢に漬け込んで作る「酢ショウガ」には、さまざまな健康効果が期待できます。私が特に注目するのが、血中脂質や血糖値の改善効果です。酢ショウガを食べると、ショウガと酢のダブル効果で、動脈硬化を防ぎ、血糖値の上昇を抑えられるます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【がんを予防する食事】大腸がんの原因“脂質ラジカル”とは 肉や油は「野菜スープ」と取るとよい

【がんを予防する食事】大腸がんの原因“脂質ラジカル”とは 肉や油は「野菜スープ」と取るとよい

毎日の食事に野菜スープをとり入れることは、老化予防やさまざまな生活習慣病の予防に確実につながります。老化をはじめ心臓病、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)やがんなどの生活習慣病には、活性酸素がかかわっています。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


【昆布と酢のパワー効果】血糖値や血圧を下げる作用 ダイエットや骨粗鬆症にも効果

【昆布と酢のパワー効果】血糖値や血圧を下げる作用 ダイエットや骨粗鬆症にも効果

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)