生命力の源「腎」を強化 頻尿や尿もれ、むくみの症状を改善「かかとの温め」

生命力の源「腎」を強化 頻尿や尿もれ、むくみの症状を改善「かかとの温め」

腎の機能が弱ると体にさまざまな症状が出てきます。特に多いのは、次のような症状です。むくみ、頻尿、尿もれ、腰やひざなどの関節痛、耳鳴り、難聴、足裏の湿疹、水虫、ふくらはぎがつる、下半身太り、こうした症状に思い当たる人は、かかとと、両くるぶしの後ろにあるへこみが冷えているはずです。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)


かかとが冷たい人は腎の機能が衰えている 

 体の冷えと内臓には深い関係があり、冷えが体のどこに現れるかで、内臓の弱りがわかります。
 体の冷えの中でも、足が冷たいと感じている人は多いでしょう。特にかかとが冷えている場合、腎の機能が衰えている可能性があります。なぜなら、かかとの内側には腎、外側には膀胱の経絡(「気」という生命エネルギーが流れるルート)が通っているからです。

 東洋医学では、腎と膀胱は表裏の関係にあり、どちらも腎の機能に深くかかわっています。ここでいう腎は、西洋医学でいう腎臓よりも広い機能を持ちます。
 腎は両親から受けついだ「先天の精」(生まれながらに持っている生命力)を宿すところで、成長や生殖をつかさどっています。つまり、生命の根本にかかわっており、寿命や老化にも関係する臓器なのです。

 また、腎は「水」をつかさどっていて、排尿や排便をコントロールしています。
 さらに、「骨をつかさどって髄を生ず」というように、丈夫な骨や髄、すなわち脊髄や脳の働きにも関与しています。かかとが冷えるということは、こうした大事な腎の機能が弱るということです。

 腎の機能が弱ると体にさまざまな症状が出てきます。特に多いのは、次のような症状です。
①むくみ
②頻尿、尿もれ
③腰やひざなどの関節痛
④耳鳴り、難聴
⑤足裏の湿疹、水虫
⑥ふくらはぎがつる
⑦下半身太り

 こうした症状に思い当たる人は、かかとと、両くるぶしの後ろにあるへこみが冷えているはずです。内くるぶしには腎経の大鐘、外くるぶしには膀胱経の崑崙のツボがあります。
 この二つのツボから冷えが広がり、下にいくとかかと、上にいくとふくらはぎが冷えます。

 私は、この二つのツボの皮膚温を測定しています。冷えのない人は、体温とほぼ同じ36・6℃前後ですが、冷えていると36℃以下、最も低い人で35・8℃の人もいました。
 したがってかかとが冷えている人は、まずかかとの上のへこみを温めるといいでしょう。ここが温まると、かかとやふくらはぎも温かくなります。

よく眠れるようになり尿の量も増えた

 では、どのように温めるのが効果的でしょうか。
 私が生まれ育った北海道には、おもしろい温め方がありました。長靴に新聞紙を敷き、その上に刻んだタカノツメを置いて、長靴をはくのです。

 昔の長靴は薄いゴム底1枚で、すぐ下が雪ですから、足が凍えるように冷たくなります。今のように使い捨てカイロもありませんから、タカノツメでかかとを温めたのです。
 それはさておき、かかとの温め方ですが、写真を参考にしてください。

 こうしてかかとを温めると、腎が強化されるので、さまざまな症状の改善が期待できます。それが顕著に現れた、Bさん(47歳・女性)の例をご紹介しましょう。
 Bさんは以前から足が冷たく、足が冷えて眠れないこともあったそうです。また、おしっこの出が悪いことにも悩んでおられました。
 皮膚温度計で測ると、大鐘は36・1℃、崑崙は36・2℃、かかととふくらはぎは36・4℃と、いずれも低めでした。
 しかし20分間かかとを中心に指圧したところ、大鐘と崑崙は36・4℃、かかととふくらはぎは36・7℃になったのです。
 この日はかなり寒い日でしたが、Bさんはいつまでも足がポカポカして、夜もよく眠れたそうです。

 またBさんはあまり水分をとらないので、トイレの回数が少ないそうですが、その日はトイレの回数が多く、排尿量も多かったということです。
 かかとを温めると、足の冷えが改善するだけでなく、尿もれや頻尿なども改善します。Bさんのようにオシッコの出が悪い人は、よく出るようになるでしょう。また、腰痛やひざの痛み、むくみなども改善します。

 腎の強化は体全体の若返りにもつながります。年を取っても姿勢がよく、しっかり歩けます。耳鳴り、難聴、薄毛などの老化現象を予防します。

田中 勝
 田中鍼灸指圧治療院院長。北海道生まれ。治療のかたわら、鍼温灸や経絡あん摩、関節運動法講習会を開催するなど、精力的に活動。DVDに『よくある症状への手技療法』(医道の日本社)好評発売中。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


男のチョイもれを防ぐ!泌尿器科医が座りションを勧める理由

男のチョイもれを防ぐ!泌尿器科医が座りションを勧める理由

男性の中には、奥さんから自宅での「立ちション禁止令」を出されている方が多いのではないでしょうか。洋式トイレで男性が立ちションをすると、尿の跳ね返りで壁などが汚れます。泌尿器科医の私は、世の奥さんたちを支持します。その理由は、トイレの衛生環境のためだけではありません。【解説】髙橋悟(日本大学医学部附属板橋病院副病院長)


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【腹圧性尿失禁】は扁平足と関係する?骨盤の傾きが尿もれの原因 改善法は「靴底ティッシュ」

【腹圧性尿失禁】は扁平足と関係する?骨盤の傾きが尿もれの原因 改善法は「靴底ティッシュ」

尿もれの中でも「腹圧性尿失禁」は、セキをしたとき、クシャミをしたとき、重いものを持ったときなど、ちょっとおなかに力が入ったときによく起こる症状です。週に2回も3回も下着を替えないといけないような尿もれの場合には、大いに気になるはずですし、改善策が必要でしょう。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)