MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【黒ゴマの効能】薬剤師が伝授!黒ごまの育毛効果と不妊症への実績

【黒ゴマの効能】薬剤師が伝授!黒ごまの育毛効果と不妊症への実績

黒ゴマを積極的にとることで、抜け毛や白髪が減り、黒髪が生えるという現象は、漢方の世界から見ると、実に理にかなっています。漢方では、黒ゴマに「若返り効果」や「活力増強効果」があるとされているからです。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)

抜け毛、白髪が減り、不妊症も改善!精力減退にも効果的

 黒ゴマを積極的にとることで、抜け毛や白髪が減り、黒髪が生えるという現象は、漢方の世界から見ると、実に理にかなっています。
 漢方では、黒ゴマに「若返り効果」や「活力増強効果」があるとされているからです。中国古来の医学書『神農本草経』には、不老長寿の薬として紹介されています。

 また、古代インド医術であるアーユルヴェーダでは、ゴマ油が活用されてきました。
 さらに日本でも、江戸時代に書かれた『本朝食鑑』という医薬書に、「黒ゴマは腎に作用し、白ゴマは肺に作用する。ともに五臓を潤し、血脈をよくし、大腸・小腸を整える」と記されています。

 漢方には、肝・心・脾・肺・腎の「五臓」という概念があります。これは、西洋医学的な臓器を指すというよりも、「生体をコントロールする重要な機能」を表していると考えたほうがいいでしょう。
 このなかの腎は、生命エネルギーの貯蔵庫といわれ、腎が弱ると老化が進むとされます。
 五臓には、それぞれの色が決まっています。腎の色は黒なので、黒い食べ物によって強化され、肺は白い色なので、白い食べ物によって強化されると考えられているのです。

 したがって、腎の機能を高めるためには、白ゴマよりも黒ゴマを食べたほうが有効ということになります。
 腎の働きが高まると、泌尿器や生殖器系の働きがよくなり、不妊症の改善や精力増強に効果をもたらします。
 ちなみに中国では、「不妊に悩んだら、男女とも黒ゴマを食べる」というのが常識です。

 加えて、広く知られているのが、黒ゴマの育毛効果です。
 黒ゴマが腎を強化することで、血液をためる「肝」と、血管や心臓をつかさどる「心」の働きも活性化します。
 漢方では、髪のことを「血余」といいます。「血液が余ったら髪になる」という考えです。ですから、血液が足りなかったり、うまく循環しなかったりすると、体の末端にある髪を養う余裕がなくなり、抜け毛や白髪が増えてきます。

 そうした状況のときに、ぜひ黒ゴマをとってください。生命エネルギーがみなぎり、血液が増えて体内をくまなく循環し、黒髪も増えてくるでしょう。
 ちなみに、私の尊敬する中国の医師は、現在90歳を超えていますが、頭脳明晰で、診療や講演を元気にこなし、髪の毛は黒々としています。その秘訣を尋ねたところ、黒ゴマを常食しているとのことでした。
 先生は、黒ゴマとクルミを砕いた物にハチミツを混ぜて、マントウ(中国のパン)につけて食べているそうです。

黒ゴマの育毛効果は漢方では広く知られている

軽く炒るかすって食べるのがお勧め

 私が最近気になっているのは、白髪や薄毛など、いわゆる「老化現象」に悩む若い男女が増えていることです。詳しく話を聞くと、生活習慣が大きく関係していることがわかります。

 まず、食生活です。脂っこい物や冷たい物、化学調味料や保存料を使った市販の食品を、とり過ぎてはいないでしょうか。また、食事の時間が不規則ではないでしょうか。
 こうした食生活は、胃腸の働きを低下させ、消化吸収を悪くします。そのせいで、十分な栄養が体内に行き渡らなくなります。
 生活時間の乱れも関係しています。傷ついた細胞は、睡眠中に修復されます。しかし、徹夜や夜更かしをすると、末端組織である髪まで、修復の手が回りません。

 さらには、ストレスの影響もあるでしょう。ストレスを受けると、筋肉が緊張し、血流が悪くなって、頭皮の毛根まで血液が回らなくなります。
 生活をいきなり変えるのは、難しいかもしれません。でも、黒ゴマをとるだけなら、無理なく続けられると思います。徐々に体のバランスが整い、髪の悩みが改善するでしょう。

 黒ゴマは、どのようにして食べてもかまいません。ただ、ゴマは表面の殻が硬いので、そのままだと消化されず、栄養分をとり入れられません。殻にひびが入る程度に軽く炒るか、すって新鮮なうちに食べるのがお勧めです。

解説者のプロフィール

木暮医院漢方相談室薬剤師
井上正文(いのうえ・まさふみ)
●木暮医院
群馬県前橋市清野町104-1
TEL 027-251-9101
http://www.kogure-iin.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
経験上、不足している栄養素の第1位は、たんぱく質。カロリー(エネルギー)は十分でも、体に不可欠な栄養素が不足している、現代型栄養失調のかたが多く見られます。そこで、たんぱく源として私がお勧めしているのが卵。【解説】佐藤智春(メディカルコーディネーター・血液栄養診断士)
皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。【レポート】菊池薫(医学ジャーナリスト)【監修】中山貞男(昭和大学保健医療学部・元客員教授)
私はこれまで、「50代なのに30代に見える医師」として多くの著書を出してきましたが、ついに還暦を迎えました。しかし、老化するどころか、体調は非常に良好で、元気はつらつです。髪もフサフサで、60代には見られない自信があります。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)
きな粉牛乳をご存知ですか。作り方は、牛乳コップ1杯(約180ml)にスプーン1〜3杯のきな粉を入れて良く混ぜるだけ、という簡単レシピ。きな粉ドリンクを毎日飲めば、便秘解消や骨粗鬆症の改善、ダイエットに効果を発揮するといわれています。男性にも女性にもお勧めです。【レポート】速水千秋(医学ジャーナリスト)
「黒い食べ物が体にいい」といわれるのは、黒い色素に、ポリフェノールやアントシアニンなどの抗酸化成分が多く含まれているからです。ですので、せっかく食べるのなら、白ゴマよりも黒ゴマをお勧めします。もう一つ、髪のトラブルに悩むかたに特にお勧めしたい食品は、牛乳です。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)